医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

造血幹細胞移植診療実践マニュアル【電子版】

データと経験を凝集した医療スタッフのための道標

神田 善伸 (著)

自治医科大学附属病院教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28402-3
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
338ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,184 (本体¥4,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25724-9
印刷版発行年月
2015/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

造血幹細胞移植診療全体をカバーしたマニュアルの決定版.本領域のエキスパートである著者が,事前準備・移植の実際・移植後の合併症管理・各疾患別の診療の実際に加え,本領域の論文の読み方と統計のポイントを,膨大なエビデンスと自らの豊富な経験に基づいて丁寧に解説.造血幹細胞移植に携わる全スタッフ必携の一冊.

目次

【内容目次】
略語一覧
第I章 移植実施の決定(移植適応の判定~ドナー選択)
 A.造血幹細胞移植の原理と流れ
 B.自家移植と同種移植の比較
 C.造血幹細胞移植の流れと合併症
 D.移植適応の考え方
 E.HLA検査
 F.同種造血幹細胞移植のドナーの選択
 G.骨髄移植と末梢血幹細胞移植の比較
第II章 移植の準備(移植計画の決定~幹細胞輸注)
 A.移植の準備と移植コーディネーター
 B.医療費
 C.ドナーの準備
 D.患者の準備
 E.移植前処置の決定
 F.妊孕性の温存
 G.急性GVHD 予防法の決定
 H.無菌管理・移植後早期感染症予防法の決定
 I.輸血対策の決定
 J.栄養管理の決定
 K.心理的サポート
 L.リハビリテーション
 M.幹細胞輸注
第III章 移植後合併症の管理
 A.前処置関連毒性(RRT)の評価と対応
 B.移植後の疼痛管理
 C.移植後早期の細菌・真菌感染症対策
 D.生着不全
 E.キメリズム解析
 F.生着症候群,生着前免疫反応
 G.急性GVHDの診断と治療
 H.移植関連血栓性微小血管症(TA-TMA)
 I.移植後中後期の感染症対策
 J.慢性GVHDの診断と治療
 K.非感染性肺合併症
 L.晩期合併症対策
 M.移植後再発の予防,治療
第IV章 各血液疾患に対する造血幹細胞移植
 1 急性骨髄性白血病(AML)[急性前骨髄球性白血病(AML M3)を除く]
  A.予後予測因子
  B.標準化学療法
  C.第一寛解期AMLにおける造血幹細胞移植の適応
  D.第一寛解期AMLにおける薬物療法と造血幹細胞移植を比較した臨床決断分析
  E.第一寛解期AMLに対する自家造血幹細胞移植
  F.再発後の治療
  G.ミニ移植
  H.急性前骨髄球性白血病(APL)
 2 急性リンパ性白血病(ALL)
  A.予後予測因子
  B.標準化学療法
  C.第一寛解期ALLに対する造血幹細胞移植の適応
  D.第一寛解期ALLにおける薬物療法と造血幹細胞移植を比較した臨床決断分析
  E.第一寛解期ALLに対する自家造血幹細胞移植
  F.再発後の治療
  G.ミニ移植
  H.第一寛解期Ph染色体陽性ALLに対する造血幹細胞移植
  I.Ph染色体陽性ALLに対するミニ移植
 3 骨髄異形成症候群(MDS)
  A.予後予測因子
  B.移植以外の治療
  C.同種造血幹細胞移植の適応
  D.造血幹細胞移植前の芽球減少治療の妥当性
  E.自家移植
  F.ミニ移植
 4 慢性骨髄性白血病(CML)
  A.予後予測因子
  B.薬物療法
  C.造血幹細胞移植の適応
  D.ミニ移植
 5 悪性リンパ腫(ML)
 5-1.びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)
  A.予後予測因子
  B.薬物療法
  C.自家移植の適応
  D.自家移植におけるBMTとPBSCTの比較
  E.同種移植の適応
  F.ミニ移植
 5-2.濾胞性リンパ腫(FL)
  A.予後予測因子
  B.化学療法
  C.自家移植の適応
  D.同種移植の適応
  E.ミニ移植
 5-3.ホジキンリンパ腫(HL)
  A.予後予測因子
  B.自家移植の適応
  C.同種移植の適応
  D.ミニ移植
 5-4.末梢性T細胞性リンパ腫(PTCL)
 5-5.マントル細胞リンパ腫(MCL)
 5-6.成人T細胞性白血病/リンパ腫(ATLL)
 5-7.そのほかのリンパ腫
 6 多発性骨髄腫(MM)
  A.予後予測因子
  B.薬物療法
  C.自家移植
  D.MM患者からの自家末梢血幹細胞採取
  E.同種移植とgraft-versus-myeloma(GVM)効果
  F.ミニ移植
 7 再生不良性貧血(AA)
  A.重症度分類
  B.薬物療法
  C.同種造血幹細胞移植
  D.免疫抑制療法と同種造血幹細胞移植の比較
第V章 造血幹細胞移植関連の論文の読み方と統計
 A.造血幹細胞移植領域の統計解析の特殊性
 B.生存解析の定義
 C.競合イベント
 D.時間依存性変数
 E.臨床決断分析
 F.リスク分類
 G.交絡
 H.多変量解析
 I.交互作用
 J.実際の統計解析の流れ
巻末付録
 1.ドナーチェックリスト
 2.移植患者チェックリスト(一般的な検査項目を除く)
 3.症状,身体所見,検査所見などに基づく鑑別診断リスト(頻度の高いもの)
 4.日本人における体表面積表
 5.抗微生物薬の腎障害時の減量基準
索引