医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

専門家をめざす人のための

緩和医療学【電子版】

日本緩和医療学会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28422-1
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
374ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,480 (本体¥6,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26944-0
印刷版発行年月
2014/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

緩和医療の臨床実践に役立つ内容を網羅した学会公式テキスト.各論では「主要な症状のアセスメントとマネジメント」「心理社会的・スピリチュアルな側面」のほか,「教育」「研究」に関する内容も掲載し,専門医認定試験に必要な知識をカバー.緩和医療専門医をめざす医師だけでなく,緩和医療を専門的に学びたいすべてのメディカルスタッフに役立ち,指針となる一冊.

目次

【内容目次】
第I章 総論
1.緩和ケアの歴史と展望
 A 緩和ケアの歴史
 B 緩和ケアの発展
 C 緩和ケア-これからの課題と展望
2.全人的苦痛とチーム医療
 A 苦しみ
 B チーム医療
3.倫理的側面
 A 生命倫理の基礎理論
 B 緩和ケアにおける倫理的問題
4.腫瘍学
 A がんに関する基礎知識
 B がんの管理と治療
 C オンコロジー・エマージェンシー
5.緩和医療の拡大
5-1.小児
 A 定義と対象,疫学
 B 発達の理解
 C 家族への対応
 D 倫理面の課題
 E 痛みの緩和
 F 臨死期のケアと死別
5-2.高齢者と非悪性疾患患者
 A 定義と対象,疫学
 B 疾患の軌跡の理解
 C 家族への対応
 D 倫理面の課題
 E 緩和ケアの実際
 F 臨死期のケアと死別
第II章 主要な症状のアセスメントとマネジメント
1.包括的アセスメント
 A 評価方法
 B アセスメントツール
2.がん疼痛
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
3.倦怠感
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
4.食欲不振・悪液質症候群
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
5.悪心・嘔吐
 A 概念
 B 疫学
 C 原因
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
6.腸閉塞
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
7.便秘
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
8.下痢
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
9.腹水
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
10.呼吸困難
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
11.咳嗽
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
12.胸水
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
13.気道分泌過多
<死前喘鳴>
 A 概念・症候
 B 疫学
 C 病態生理
 D アセスメント
 E マネジメント
 F ケア
<気管支漏>
 A 概念・症候
 B 病態生理
 C マネジメント
 D ケア
14.下部尿路症状
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
15.乏尿・無尿
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
16.血尿
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
17.転移性脳腫瘍
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
18.脊髄圧迫
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
19.高カルシウム血症
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
20.上大静脈症候群
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
21.うつ病と適応障害
 A 疫学
 B 危険因子
 C 診断
 D 薬物療法
 E 非薬物療法
 F 精神療法
 G 抑うつのスクリーニングと包括的介入プログラム
 H チーム医療
22.せん妄
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
23.睡眠障害
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
24.臨死期のケア
 A 概念
 B 疫学
 C 症候
 D 病態生理
 E アセスメント
 F マネジメント
 G ケア
25.苦痛緩和のための鎮静
 A 概念
 B 疫学
 C アセスメント
 D マネジメント
 E ケア
第III章 心理社会的・スピリチュアルな側面
1.心理的反応
 A がんに対する心理的反応
 B コーピング(対処)
 C 防衛機制
 D 心理的反応への対応
2.コミュニケーション
 A コミュニケーションの概要
 B 緩和ケアにおけるコミュニケーション
 C 対応が難しい場合のコミュニケーション
 D 家族とのコミュニケーション
 E 医療従事者間のコミュニケーション
3.社会経済的な問題と支援
 A 社会経済的な問題
 B 社会的な問題とその支援
 C 経済的な問題とその支援
 D 社会資源の活用
4.スピリチュアリティとスピリチュアルケア
 A QOLと価値観
 B 病いの体験
 C スピリチュアリティとスピリチュアルペイン
 D スピリチュアルケア
5.家族ケアと遺族ケア
<家族ケア>
 A がん患者家族になるということ
 B 家族への対応
<遺族ケア>
 A がん患者遺族になるということ
 B 遺族への対応
6.医療従事者の心理的ケア
 A 医療従事者の心理的問題
 B 医療従事者の心理的ケアの方法
第IV章 教育・研究
1.教育
 A 緩和ケア教育の類型化
 B 卒前教育
 C 卒後教育-基本的緩和ケアの教育
 D 専門教育
2.研究
 A 研究デザイン
 B 量的研究
 C 質的研究
 D 介入の計画
 E 研究対象の選択
 F アウトカムの測定
 G 統計解析の基本原理と臨床的有用性
 H その他,臨床研究の実施・解釈における注意点
事項索引
薬剤索引