医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

向精神薬と妊娠・授乳【電子版】

伊藤 真也 (編集)

トロント小児病院小児科臨床薬理部長/トロント大学医学部小児科教授

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98076-4
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
221ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF

電子版販売価格:¥3,780 (本体¥3,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-38231-5
印刷版発行年月
2014/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは2017年4月上旬対応予定
必要メモリ容量
204 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

書籍概要

精神疾患を有する女性の妊娠・授乳に対応する!
本書は母性内科領域の基礎知識や心理的サポート,豊富な向精神薬の安全性情報,多岐にわたる症例解説を盛り込み,精神疾患を有する女性の妊娠・授乳に必要な知識や情報をまとめた.精神科領域,産婦人科領域で即戦力となる実地書である!

目次

第1章 妊娠・授乳期に関する基礎知識の整理
1 母性内科領域の基礎知識
1)妊婦への薬物治療の考え方
2)妊娠時期と児への影響
3)妊娠可能年齢の女性への薬剤投与の実際
4)薬剤の母乳への移行性と乳児に与える影響
5)母乳育児のメリット
2 添付文書情報の捉え方
1)添付文書の記載要領
2)妊娠・授乳期に関連する添付文書情報の問題点・限界
3 妊娠・出産による精神状態への影響とトータルケア
1)妊婦・産褥婦の精神状態が胎児・乳幼児に与える影響
2)周産期の親子に対するソーシャルサポートサービス
4 周産期における飲酒・喫煙の影響
1)アルコール 
2)タバコ
3)禁煙補助薬

第2章 向精神薬投与と妊娠・出産・育児
1 妊娠と薬情報センターにおける向精神薬相談事例
1)相談者の約半分が向精神薬を使用していた
2)バルプロ酸ナトリウムについての相談
3)向精神薬を使用していた女性の飲酒・喫煙率および薬物乱用
4)授乳中の薬剤についての相談
2 挙児希望者・妊婦に対する向精神薬の適正使用—臨床における現状と課題—
1)向精神薬の使用形態の変化
2)精神疾患に罹患する女性患者の社会参加と妊娠
3)向精神薬の催奇形性や毒性に関する評価
4)周産期における向精神薬の使用
5)妊娠時の向精神薬の多剤併用と薬物調整
6)周産期に薬物治療を行わないことのリスク
7)産褥期の精神症状の調整と授乳の両立
8)適切なインフォームド・コンセントの実施と患者・家族の自己決定権
3 妊婦・授乳婦の向精神薬使用:国際比較
1)胎児薬物毒性の情報提供サービス
2)日本と諸外国の医療制度の違い
3)向精神薬の処方率
4)妊娠・授乳中の向精神薬処方
5)授乳婦と薬
4 妊婦における向精神薬の薬物動態と処方設計
1)妊婦における薬物治療の必要性
2)妊娠中の生理変化と薬物動態
3)妊娠中の薬物動態変化の臨床的な解釈
4)TDM
5 向精神薬服用による出生後の疾患と発達の予後
1)新生児薬物離脱症候群(NWS)
2)母体SSRI 服用と新生児遷延性肺高血圧症
3)母体SSRI 服用と自閉症
4)バルプロ酸ナトリウムと認知機能への影響
5)新生児出血傾向と抗てんかん薬
6 向精神薬の胎児毒性と情報提供上の留意点
1)向精神薬服用のリスクに対する女性の考え
2)治療中断のリスク
3)催奇形性の説明
4)新生児期の症状
5)神経行動先天異常

第3章 向精神薬の薬剤情報と有益性・危険性の考え方
1 SSRI・SNRI・NaSSA
1)妊婦・授乳婦への有益性
2)妊娠期
3)授乳期
2 三環系・四環系抗うつ薬
1)妊娠期
2)授乳期
3 炭酸リチウム
1)妊娠期
2)授乳期
4 抗不安薬
1)妊娠期
2)新生児不適応症候群(新生児薬物離脱症候群)
3)授乳期
5 睡眠薬
1)妊娠期
2)新生児不適応症候群(新生児薬物離脱症候群)
3)授乳期
6 定型抗精神病薬
1)定型抗精神病薬
2)抗コリン性抗パーキンソン病薬
7 非定型抗精神病薬
1)妊娠期
2)授乳期
8 抗てんかん薬
1)先天異常
2)先天異常の内容
3)多剤併用の影響
4)抗てんかん薬の使用量と先天異常発生率 
5)認知機能への影響
6)妊娠中の薬剤使用に関するまとめ 
7)抗てんかん薬と授乳

第4章 症例から学ぶ — 精神症状のコントロールと妊娠・授乳
1 うつ病
1)周産期のうつ病の特徴 
2)周産期のうつ病に対する精神薬理学的治療のアプローチ
3)専門外来におけるうつ病の具体的な症例
2 双極性障害
1)双極性障害とは
2)双極性障害における妊産婦の管理の基本原則
3)双極性障害の女性患者が妊娠を希望する場合の対応
4)症例1(妊娠を断念した事例)
5)症例2(計画妊娠・出産をした事例)
3 統合失調症
1)無治療ないし服薬中断
2)妊娠中の服薬
3)機能奇形
4)統合失調症女性患者と妊娠後期
5)新生児の体重への影響
6)周産期合併症
7)産後の再燃・再発
8)授 乳
9)症例1(計画妊娠の事例)
10)症例2(偶発妊娠の事例)
4 てんかん
1)てんかん発作の妊婦・胎児への影響
2)AED の児への影響
3)妊娠可能年齢の女性てんかん患者の治療
4)症例1(計画妊娠の事例)
5)症例2(偶発妊娠の事例)
5 不安障害(パニック障害・強迫性障害)
1)パニック障害と妊娠・出産
2)強迫性障害と妊娠・出産
3)パニック障害・強迫性障害の妊娠期・産褥期における薬物療法
4)症例1(パニック障害: 偶発妊娠の事例)
5)症例2(強迫性障害: 妊娠中の発覚事例)
6 睡眠障害(ナルコレプシー, レストレス・レッグス症候群)
1)ナルコレプシー
2)症例(計画妊娠の事例)
3)レストレス・レッグス症候群
4)症例(妊娠中の発症事例)
7 摂食障害
1)摂食障害とは
2)症例(偶発妊娠の事例)
3)摂食障害患者の妊娠・出産への対応
8 アルコール依存症と境界型パーソナリティ障害の重複障害
1)アルコール依存症とパーソナリティ障害
2)アルコール依存症の治療
3)症 例
9 薬物依存症
1)薬物依存症とは
2)薬物依存症女性患者の妊娠・出産の問題
3)周産期の薬物依存症の治療的対応
4)薬物依存症患者への基本的な対応
5)症 例
10 自閉症スペクトラム障害の夫をもつ妊婦・授乳婦のサポート
1)高機能ASD の夫をもつ女性の妊娠・出産・授乳
2)ASD と思われる女性の妊娠・出産

索 引