医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

乳房超音波診断ガイドライン 改訂第3版【電子版】

日本乳腺甲状腺超音波医学会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28579-2
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
188ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,888 (本体¥3,600+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26917-4
印刷版発行年月
2014/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
172 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

乳腺疾患の診断に欠くことのできない乳房超音波診断法の用語,検査法,判定方法の標準化を目的に,日本乳腺甲状腺超音波医学会がまとめた診断ガイドライン.超音波検診のあり方や成果も掲載.今改訂では,フルカラーとして構成を一新.カラードプラや組織弾性映像法による画像も収載.欧文用語一覧の新設のほか,多施設研究データを踏まえ記載もさらに充実.日本乳癌学会ほか推薦.

目次

【内容目次】
I 装置と検査法
 A 超音波診断装置,走査条件と検査環境
  1 超音波診断装置
  2 記録媒体(記録装置)
  3 走査条件(条件設定)
  4 モニタ,プリンタの調整
  5 記録
  6 検査実施件数
 B 乳房超音波検査の手技
  1 乳房検査の体位
  2 探触子の持ち方
  3 探触子の動かし方(操作法)
  4 操作スピード
  5 動的検査(dynamic test)
 C 表示法
  1 病変の存在部位
  2 病変の定量的評価
 D 精度管理用ファントムを用いた画像劣化の管理
  1 目的
  2 ファントムの撮像時の注意点と撮像方法
  3 評価方法
  4 ファントム使用上の注意点
II 乳房の解剖と超音波画像
 A 乳房の解剖
  1 乳腺の発生
  2 乳房の超音波解剖と組織像
  3 乳房の解剖とその垂直断面図
 B 乳腺の解剖
  1 乳腺の超音波解剖と組織像
  2 乳腺間質の経年変化・脂肪化
  3 乳腺超音波画像理解
 C 乳房の脂肪性変化
 D 乳腺像に変化を与える要素
  1 成長・妊娠
  2 乳管拡張像の正常バリエーション
III 乳腺疾患の病理
1 日本乳癌学会分類
 A 上皮性腫瘍(epithelial tumors)
 A-1 良性腫瘍(benign tumors)
  1 乳管内乳頭腫(intraductal papilloma)
  2 乳管腺腫(ductal adenoma)
  3 乳頭部腺腫(adenoma of the nipple)
 A-2 悪性腫瘍(癌腫)[malignant tumors(carcinomas)]
  1 非浸潤癌(noninvasive carcinoma)
  2 浸潤癌(invasive carcinoma)
 B 結合織性および上皮性混合腫瘍(mixed connective tissue and epithelial tumors)
  1 線維腺腫(fi broadenoma)
  2 葉状腫瘍(phyllodes tumor)
 C 非上皮性腫瘍(nonepithelial tumors)
  1 間質肉腫(stromal sarcoma)
 D 分類不能腫瘍(unclassifi ed tumors)
 E 乳腺症(mastopathy)
 F 腫瘍様病変(tumor-like lesions)
  1 過誤腫(hamartoma)
  2 乳腺線維症(fi brous disease)
2 WHO分類
 A 浸潤性乳癌(invasive mammary carcinoma)
 B 浸潤性乳癌非特殊型(invasive carcinoma of no special type)
 C 特殊型(special subtypes)
 D 小葉新生物(lobular neoplasia)
 E 乳管内増殖性病変(intraductal proliferative lesions)
 F 微小浸潤癌(microinvasive carcinoma)
 G 乳管内乳頭状腫瘍(intraductal papillary lesions)
 H 良性上皮増殖(benign epithelial proliferations)
 I 筋上皮性(myoepithelial)および上皮-筋上皮性病変(epithelial-myoepithelial lesions)
 J 間葉系腫瘍(mesenchymal tumours)
 K 線維上皮性腫瘍(fi broepithelial tumours)
 L 乳頭部の腫瘍(tumours of the nipple)
 M リンパおよび血液性腫瘍
 N 乳房外悪性腫瘍の乳腺への転移(metastases of extramammary malignancies to the breast)
 O 男性乳腺腫瘍(tumours of the male breast)
IV 乳房超音波組織特性
 A 超音波組織特性
  1 減衰(attenuation)
  2 後方散乱(back scattering)
  3 各疾患の後方エコーレベルと内部エコーレベルとの関係
  4 超音波の音速
  5 組織の音速が異なるために発生するひずみ
V 腫瘤
 A 腫瘤の所見用語
  1 形状(shape)
  2 境界(辺縁,周辺,境界部)
  3 内部エコー(internal echoes)
  4 後方エコー(posterior echoes,posterior features)
  5 随伴所見(associated fi ndings)
 B カテゴリー判定
 C 腫瘤の診断
  1 検診用要精査基準
  2 特徴所見からの診断(主に精密検査で用いる)
  3 充実性腫瘤の良・悪性判定における各所見の意義
VI 非腫瘤性病変
 A 非腫瘤性病変の所見用語
  1 所 見
  2 参考所見
 B 非腫瘤性病変の評価
  1 乳管の異常
  2 乳腺内の低エコー域
  3 構築の乱れ
  4 多発小嚢胞
  5 点状高エコーを主体とする病変
VII 主な乳腺疾患の概念と超音波画像
 A 悪性疾患
  1 非浸潤性乳管癌[ductal carcinoma in situ(DCIS),noninvasive ductal carcinoma]
  2 硬 癌
  3 乳頭腺管癌
  4 充実腺管癌
  5 粘液癌
  6 浸潤性小葉癌
  7 髄様癌
  8 悪性リンパ腫
  9 扁平上皮癌
 B 良性疾患
  1 線維腺腫
  2 乳管内乳頭腫
  3 乳腺症
  4 嚢胞
  5 葉状腫瘍
  6 乳腺線維症(fi brous disease)
  7 過誤腫(奇形腫)
  8 乳管腺腫
  9 脂肪壊死
  10 シリコン肉芽腫
VIII リンパ節の検査
 A 乳腺の所属リンパ節
 B リンパ節検査の手技
  1 体位
  2 観察範囲
 C リンパ節の構造
 D 大きさの測定
 E リンパ節転移診断
 F 鑑別診断
IX 超音波検診における要精査基準
 A 背景
 B 要精査基準作成における基本的考え方
 C 所見の分類と検診のためのカテゴリー分類
 D 腫瘤
  1 嚢胞性パターンの判定
  2 混合性パターンの判定
  3 充実性パターンの判定
 E 非腫瘤性病変
  1 局所性あるいは区域性の内部エコーを有する乳管拡張
  2 区域性あるいは局所性に存在する乳腺内低エコー域
  3 構築の乱れ
 F 参考所見
 G 今回の改訂のポイント
 H 所見用紙
X フローイメージング
 A 乳房超音波ドプラ法の意義
 B カラーフローマッピング(CFM)の検査手順
  1 探触子走査とB モード画像の調整
  2 カラー表示エリアの調整
  3 パルス繰り返し周波数(PRF)あるいは速度レンジの調整
  4 カラーゲインの調整
  5 ウォールフィルタ(wall fi lter)
  6 速度モード(狭義のカラードプラ法)とパワーモード
 C 血流波形分析の検査手順
  1 サンプルボリューム(SV)の調整
  2 ドプラアングルの調整
  3 ドプラゲインの調整
  4 高速フーリエ変換(FFT)波形の調整
  5 ドプラスペクトラムのトレース調整,血流波形指標の求め方
 D ペルフルブタンマイクロバブル(ソナゾイド)を用いた乳房造影超音波検査
  1 第2世代超音波造影剤ソナゾイド
  2 検査プロトコル
  3 良・悪性の判定基準
  4 乳房腫瘤性病変における良・悪性診断能
XI 乳房超音波組織弾性映像法
 A 概要
  1 組織弾性計測の意義
  2 組織弾性映像法の分類
  3 Strain Imagingの原理
  4 ARFI Imagingの原理
  5 Shear Wave Elastographyの原理
 B 臨床的な応用
  1 つくば弾性スコアによる良・悪性の鑑別
  2 ひずみ比(strain ratio)による良・悪性の鑑別
  3 手技について
XII 超音波ガイド下インターベンションマニュアル
 A 超音波ガイド下穿刺の基本事項
  1 超音波診断装置
  2 Freehand法とProbe-guided法
  3 同一平面法と交差法
  4 探触子の消毒
  5 ポジショニング
  6 術者の条件
  7 検査環境,安全対策
 B 超音波ガイド下穿刺吸引細胞診[Ultrasoundguided fi ne needle aspiration cytology(FNAC)]
  1 適応
  2 器具
  3 手技
 C 超音波ガイド下針生検[Ultrasound-guided core needle biopsy(CNB)]
  1 適応
  2 器具
  3 手技
 D 超音波ガイド下吸引式組織生検[Ultrasoundguided vacuum-assisted biopsy(VAB)]
  1 適応
  2 被検者への説明
  3 手技
  4 合併症の対処と予防
 E 病理医との連携と安全管理
参考 所見判定の再現性に関する検討
用語欧文表記
索引