医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

バセドウ病治療ガイドライン2011【電子版】

日本甲状腺学会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28539-6
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
260ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,780 (本体¥3,500+税8%)

特記事項
この電子版では、検索機能の結果において索引用語が正確に表示されない場合があります。また、掲載の施設情報は底本(紙媒体の書籍)刊行時のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。
印刷版ISBN
978-4-524-26321-9
印刷版発行年月
2011/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
18 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

※131は上付き
バセドウ病の治療(薬物治療と131I内用療法)を総合的に網羅したガイドライン.診断基準や治療方針,抗甲状腺薬の選択と治療,薬物治療中止の目安,131I内用療法の実際,患者の生活指導など,日常臨床で必須の問題を取り上げ,きめ細かく解説した.バセドウ病に携わる臨床医,医療スタッフの必携書.

目次

※131は上付き


【内容目次】
■「バセドウ病治療ガイドライン2011」作成経緯と基本方針
 文献のエビデンスレベル
 推奨グレード
■用語解説

第1部 総論
 1.バセドウ病の診断基準
 2.バセドウ病の治療法
  2-1)薬物治療法
  2-2)131I内用療法(アイソトープ治療)
  2-3)手術による治療

第2部 薬物治療
 1.抗甲状腺薬の選択
  1-1)治療効果の面から
  1-2)副作用の面から
  1-3)コンプライアンス,費用対効果の面から
 2.抗甲状腺薬による治療
  2-1)抗甲状腺薬の初期投与量
  2-2)抗甲状腺薬の投与方法
  2-3)副作用
 3.無機ヨードによる治療
 4.バセドウ病薬物治療の中止
  4-1)中止の目安
  4-2)予後予測因子
 5.バセドウ病患者の生活指導
  5-1)喫煙について
  5-2)ヨード摂取について
  5-3)生活一般について
 6.特殊なバセドウ病患者
  6-1)妊婦・授乳婦
  6-2)小児・高齢者
 7.専門医に紹介するバセドウ病患者
 8.抗甲状腺薬の添付文書の問題点
 9.各国のバセドウ病診療ガイドライン

第3部 131I内用療法
 1.131I内用療法について
 2.適応と禁忌
  ・補足事項1)妊娠を希望するバセドウ病患者に対して
       a)治療後,妊娠を控える期間について
       b)TSH受容体抗体(TRAb)が高値の場合に注意を要する事項─胎児ないし新生児甲状腺機能充進症について
  ・補足事項2)甲状腺眼症の増悪について
 3.131I内用療法の実際
  3-1)治療前の準備
  3-2)131I投与量の決め方
  3-3)治療後の経過観察と再治療
  3-4)医療連携による131I内用療法
  3-5)注意事項:空港などの放射線モニタ,ならびにショッピングセンターなどの炎センサーのアラームについて
  4.外来治療のリスクについて
  5.バセドウ病以外の甲状腺機能充進症の131I内用療法─機能性結節性甲状腺腫の131I内用療法

付録
  1.日本甲状腺学会専門医認定制度について
  2.バセドウ病131I内用療法受け入れ可能施設一覧

索引