医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

関節リウマチ治療実践バイブル【電子版】

竹内 勤 (編)

慶應義塾大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28467-2
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
290ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,344 (本体¥6,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26862-7
印刷版発行年月
2013/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
210 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

急激な進歩を遂げている関節リウマチの診断と治療の実際を第一線で活躍する医師が詳しく解説.新分類基準と新寛解基準,関節エコー,新薬など,リウマチ診療の“いま”を完全網羅.とくに薬物療法では,アンカードラッグであるmethotrexateや生物学的製剤について,概説から効果的な使い方,副作用対策,実際の症例まで丁寧に解説.リウマチ診療に携わる全医師必読のバイブル.

目次

【内容目次】
I 押さえておくべき基本知識
 1.診療のパラダイムシフト-関節リウマチの今と昔
 2.関節リウマチの定義
 3.関節リウマチの概念(疫学,自然経過,予後)
 4.関節リウマチの成因と病態
 5.関節リウマチの病型
 6.関節の構造と機能
 7.関節リウマチと骨粗鬆症
II 治療につながる診断力
 1.診断のフローチャート
 2.関節リウマチの新分類基準の使い方
 3.関節リウマチの臨床症状
 4.関節リウマチの身体所見のとり方(問診,視診,触診,聴診)
 5.関節リウマチの鑑別診断
 6.関節リウマチの検査法と評価法
  a.一般血液検査
  b.尿・便検査
  c.生化学検査
  d.炎症マーカー
  e.免疫・血清学的検査
  f.凝固・線溶検査
  g.関節液検査
  h.病理学的検査
 7.関節リウマチの画像診断と評価法
  a.各画像診断法の位置付け(画像診断総論)
  b.X線
  c.CT
  d.関節エコー
  e.MRI
  f.PET・シンチグラフィー
  g.関節鏡検査
 8.疾患活動性の評価法
 9.身体機能の評価法
III 治療薬について知る
 1.治療薬総論
 2.免疫調節薬
 3.免疫抑制薬
 4.生物学的製剤
 5.補助的治療薬
 6.今後臨床導入が見込まれる治療薬
IV 薬物療法の最新指針
 1.薬物治療のフローチャート
 2.関節リウマチにおけるTreat to Targetとは
 3.新寛解基準の使い方
 4.methotrexateの効果的な使い方
 5.生物学的製剤の使い分けと導入時期
 6.免疫抑制薬(methotrexate以外)の効果的な使い方
 7.免疫調節薬の効果的な使い方
 8.非ステロイド抗炎症薬の効果的な使い方
 9.ステロイドの効果的な使い方
 10.薬物療法を止めるタイミングとは
V 特殊なケースの薬物療法
 1.肺障害がある場合
 2.肝障害がある場合
 3.腎障害がある場合
 4.感染症がある場合
 5.骨粗鬆症がある場合
 6.妊婦の場合
VI 薬物療法の副作用対策
 1.生物学的製剤
 2.免疫抑制薬
 3.免疫調節薬
 4.ステロイド・他の薬剤
VII ケースから学ぶ上手な薬物療法
 1.methotrexate最大投与量が効果的であったケース
 2.infliximabが効果的であったケース
 3.etanerceptが効果的であったケース
  ケース1
  ケース2
  ケース3
 4.adalimumabが効果的であったケース
 5.tocilizumabが効果的であったケース
  生物学的製剤にナイーブな症例にTCZを行った例
  TNF阻害薬に効果不十分でTCZに切り替えた症例
  TCZ治療を中止後再開した症例
 6.abataceptが効果的であったケース
 7.golimumabが効果的であったケース
  methotrexate非併用例
  methotrexate併用例
 8.免疫抑制薬(methotrexate以外)が活用できたケース:tacrolimusが奏効した3例
  methotrexate不耐性の1例
  SASPの効果が減弱した維持透析中の1例
  間質性肺炎を合併した全身性硬化症とRAの重複症候群の1例
 9.免疫調節薬が活用できたケース
  sodium aurothiomalateが活用できたケース
  bucillamineが活用できたケース
  salazosulfapyridineが活用できたケース
VIII その他の治療法の知識
 1.リハビリテーション
 2.滑膜切除術・関節形成術
 3.人工関節置換術
 4.血漿交換療法
 5.白血球除去療法
索引
コラム
  (1)関節エコーは何故必要か?
  (2)関節リウマチのゲノムワイド関連解析とは?
  (3)RRR試験のポイント
  (4)若年性特発性関節炎での生物学的製剤の使い方