医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

新 呼吸器専門医テキスト【電子版】

日本呼吸器学会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28692-8
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
614ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥15,120 (本体¥14,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26665-4
印刷版発行年月
2015/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
342 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

日本呼吸器学会編集による呼吸器専門医研修カリキュラムに準拠した“公式テキスト”.専門医に求められる,呼吸器の形態,病態生理,症候,身体所見,各種検査,治療手技を解説した総論と,各疾患ごとの知識をまとめた各論の二部構成.各項の冒頭に「到達目標」を掲げて,専門医レベルとして知っておくべき学習目標を明示し,巻末付録には専門医試験の過去問を収載.専門医を目ざす医師必携の一冊.

目次

【内容目次】
●総論●
I 形態,機能,病態生理
 1.呼吸器の発生
 2.呼吸器の構造
 3.呼吸生理
 4.呼吸器の生体防御機構
 5.肺の代謝機能
 6.呼吸器の加齢
II 疫学
III 主要症候と身体所見
 1.せき(咳)
 2.痰
 3.血痰,喀血
 4.呼吸困難,息切れ
 5.喘鳴
 6.胸痛
 7.嗄声
 8.チアノーゼ
 9.バチ指
 10.腫瘍随伴症候群
 11.異常呼吸
 12.胸部身体所見(視診,触診,打診,聴診)
IV 検査
 1.血液一般検査および生化学検査
 2.免疫学的検査
 3.腫瘍マーカー
 4.感染症の診断法
 5.喀痰採取法と細胞診
 6.その他の遺伝子診断法
 7.胸部X線検査法
  A.透視
  B.単純撮影
  C.肺血管造影
  D.胸部CT
  E.胸部MRI
 8.核医学的診断法
  A.肺血流シンチグラフィ
  B.肺換気スキャン
  C.骨シンチグラフィ
  D.ガリウム差67シンチグラフィ
  E.陽電子放出断層撮影(PET)
 9.内視鏡検査および生検法
  A.気管支鏡検査
   1)観察
   2)直視下生検,擦過
   3)気管支洗浄
   4)経気管支生検,擦過
   5)経気管支肺生検
   6)気管支肺胞洗浄
   7)超音波気管支鏡下針生検
  B.胸腔鏡検査
 10.その他の生検法
  A.前斜角筋リンパ節生検
  B.経皮的生検,吸引細胞診
  C.外科的肺生検
  D.外科的胸膜生検
 11.胸腔穿刺術,胸部超音波検査法
 12.肺音の分析
 13.心電図
 14.呼吸機能検査
  A.換気力学検査
   1)スパイログラフィ
   2)肺気量分画
   3)フローボリューム曲線
   4)抵抗
   5)コンプライアンス
   6)クロージングボリューム
   7)呼吸筋の評価
  B.ガス交換機能
   1)呼気ガス分析
   2)肺胞換気量
   3)換気血流比
   4)拡散能力
  C.気道過敏性・可逆的試験
  D.動脈血ガス分析
   1)動脈血ガス
   2)酸塩基平衡
  E.パルスオキシメータ
  F.右心カテーテル法
  G.運動負荷試験
  H.呼吸中枢機能検査
  I.睡眠呼吸モニター
V 治療
 1.薬物療法
  A.吸入療法
  B.気管支拡張薬
  C.鎮咳薬,去痰薬
  D.抗菌薬
  E.副腎皮質ステロイド薬,免疫抑制薬
  F.抗アレルギー薬
  G.漢方薬
  H.抗癌薬
  I.抗癌薬の副作用緩和治療
  J.疼痛緩和治療
 2.酸素療法
 3.一次・二次救命処置
 4.気管挿管
 5.気管切開
 6.人工呼吸管理,ベンチレーター
 7.NPPV
 8.中心静脈圧測定
 9.輸液
  A.水・電解質輸液
  B.高カロリー輸液
 10.経管栄養
 11.胸腔ドレナージ
 12.内視鏡的気道吸引
 13.内視鏡的気道異物除去
 14.内視鏡的治療
  A.止血法
  B.呼吸器インターベンション治療(レーザー照射,ステント留置など)
 15.放射線療法
 16.気管支動脈塞栓術
 17.アレルゲン免疫療法
 18.呼吸リハビリテーション
 19.体位ドレナージ療法
 20.在宅呼吸療法
  A.在宅酸素療法
  B.在宅人工呼吸
 21.外科療法
  A.開胸法(側方開胸,胸骨正中切開)
  B.肺切除術,肺全摘術
  C.隣接臓器合併切除術
  D.気管・気管支形成術
  E.胸腔鏡手術
  F.縦隔リンパ節郭清術
  G.膿胸の手術
  H.肺嚢胞・気胸の手術
●各論●
I 気道・肺疾患
 1.感染症および炎症性疾患
  A.急性上気道感染症
  B.急性気管支炎
  C.急性細気管支炎
  D.細菌性肺炎
  E.肺化膿症
  F.誤嚥性肺炎
  G.リポイド肺炎
  H.マイコプラズマ肺炎
  I.クラミドフィラ(クラミジア)肺炎
  J.レジオネラ肺炎
  K.ウイルス肺炎
  L.真菌症
   1)肺アスペルギルス症
   2)肺クリプトコックス症
   3)その他の肺真菌症
  M.肺結核症
  N.非結核性抗酸菌症
  O.肺寄生虫症
  P.ニューモシスチス肺炎
  Q.日和見感染
 2.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
 3.気管支・細気管支の疾患
  A.気管支拡張症
  B.閉塞性細気管支炎
  C.びまん性汎細気管支炎
  D.肺嚢胞
  E.無気肺
 4.アレルギー性疾患
  A.気管支喘息
  B.咳喘息
  C.好酸球性肺炎
   1)急性好酸球性肺炎
   2)慢性好酸球性肺炎
  D.アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
  E.好酸球性肉芽腫性多発血管炎
  F.過敏性肺炎
 5.特発性間質性肺炎
  A.特発性肺線維症/通常型間質性肺炎
  B.非特異性間質性肺炎
  C.特発性器質化肺炎
  D.剥離性間質性肺炎
  E.特発性リンパ球性間質性肺炎
  F.呼吸細気管支炎関連性間質性肺炎
  G.急性間質性肺炎
 6.急性呼吸窮迫症候群,急性肺損傷
 7.薬剤,化学物質,放射線による肺障害
  A.薬剤性肺障害
  B.化学薬品,重金属などによる肺障害
  C.酸素中毒
  D.大気汚染,室内空気汚染
  E.パラコート中毒
  F.放射線肺炎
 8.全身性疾患に伴う肺病変
  A.膠原病および類縁疾患に伴う肺病変
  B.サルコイドーシス
  C.多発血管炎性肉芽腫症〔Wegener肉芽腫症〕
  D.Langerhans細胞組織球症
  E.アミロイドーシス
  F.悪性リンパ腫,白血病
   1)原発性および続発性胸部悪性リンパ腫
   2)白血病
 9.じん肺症
  A.珪肺症
  B.石綿肺
  C.有機じん肺
  D.その他のじん肺
   1)溶接工肺
   2)超硬合金肺
 10.肺循環障害
  A.肺うっ血,肺水腫
  B.肺性心
  C.原発性肺高血圧症〔肺動脈性肺高血圧症〕
  D.肺血栓塞栓症,肺梗塞
  E.肺動静脈瘻
  F.肺分画症
 11.呼吸器新生物
  A.腺癌
  B.扁平上皮癌
  C.大細胞癌
  D.小細胞癌
  E.扁平上皮異形成,異型腺腫様過形成
  F.カルチノイド
  G.腺様嚢胞癌
  H.良性腫瘍
 12.呼吸調節障害
  A.閉塞性睡眠時無呼吸症候群
  B.中枢性睡眠時無呼吸症候群
  C.低換気症候群
  D.過換気症候群
 13.その他の肺疾患(比較的まれな疾患)
  A.肺胞蛋白症
  B.リンパ脈管筋腫症
  C.気管支結石症
  D.肺胞微石症
  E.嚢胞性線維症
  F.特発性肺血鉄症
  G.Goodpasture症候群
  H.線毛不動症候群
II 呼吸不全
 1.急性呼吸不全
 2.慢性呼吸不全
III 胸膜疾患
 1.気胸
 2.胸膜炎
 3.膿胸
 4.血胸
 5.乳び胸
 6.胸膜肥厚斑,胸膜斑
 7.胸膜中皮腫
 8.その他の胸膜腫瘍
IV 横隔膜疾患
 1.横隔膜麻痺
 2.横隔膜ヘルニア
 3.横隔膜腫瘍
 4.横隔膜弛緩症
 5.横隔膜の炎症
V 縦隔疾患
 1.縦隔気腫
 2.縦隔腫瘍
  A.胸腺腫
  B.胚細胞性腫瘍
  C.神経性腫瘍
  D.嚢胞性腫瘍
 3.縦隔炎
VI 胸郭,胸壁の疾患
 1.胸部外傷
 2.漏斗胸
付録
 1.呼吸器専門医試験過去問-解答と解説
 2.一般社団法人日本呼吸器学会専門医制度研修カリキュラム
索引