医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

機能性消化管疾患診療ガイドライン2014-機能性ディスペプシア(FD)【電子版】

日本消化器病学会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28432-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
134ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,240 (本体¥3,000+税8%)

特記事項
この電子版の収録内容は編集(あるいは監修)した学会のホームページ等に掲載される場合があります。学会のホームページ等にてご確認のうえ、ご購入ください。なお、学会のホームページ等での掲載を理由とした商品のキャンセルには応じかねます。
印刷版ISBN
978-4-524-26556-5
印刷版発行年月
2014/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

日本消化器病学会編集によるオフィシャルなガイドライン.機能性ディスペプシア(FD)の診療上で問題となるクリニカルクエスチョン(CQ)に対して,膨大な文献を吟味しGRADEシステムの考え方を取り入れたエビデンスレベルと推奨度を提示.疫学,病態,診断,治療,予後・合併症についての現時点における標準的内容がわかる.

目次

【内容目次】
第1章 概念・定義・疫学
 CQ1-1 ディスペプシアとは何か?
 CQ1-2 FDはどのように定義されるか?
 CQ1-3 現状の慢性胃炎とFDの関係はどのようになるのか?
 CQ1-4 日本の日常診療においてRomeIII基準の使用は妥当か?(期間や下位分類)
 CQ1-5 日本人のFDの有病率はどのくらいか?
 CQ1-6 FDの有病率は増加しているか?
 CQ1-7 FDに性差はあるか?
 CQ1-8 FDの頻度は肥満者で高いか?
 CQ1-9 FDは高齢者よりも若年者に多いか?
 CQ1-10 FD患者の受療行動は症状の持続期間や強さに影響を受けるか?
 CQ1-11 FD患者のQOLは低下しているか?
 CQ1-12 症状の程度はQOLと相関するか?
 CQ1-13 病悩期間はQOLと相関するか?
第2章 病態
 CQ2-1 FDの病態は多因子によるものか?
 CQ2-2 FDの病態に胃適応性弛緩障害は関連するか?
 CQ2-3 FDの病態に胃排出障害は関連するか?
 CQ2-4 FDの病態に内臓知覚過敏は関連するか?
 CQ2-5 心理社会的因子はFDに関連するか?
 CQ2-6 胃酸はFDの発症に関連するか?
 CQ2-7 H.pylori感染はFDに関連するか?
 CQ2-8 家族歴・遺伝的要因はFDに関連するか?
 CQ2-9 幼少期や思春期の環境はFDに関連するか?
 CQ2-10 感染性胃腸炎の罹患後にFDの発症がみられるか?
 CQ2-11 生活習慣はFDに関連するか?
 CQ2-12 食事内容や食習慣はFDの増悪に関連するか?
 CQ2-13 胃の形状(胃下垂,瀑状胃)はFDの発症に関連するか?
第3章 診断
 CQ3-1 日常診療において内視鏡検査はFDの診断に必要か?
 CQ3-2 内視鏡検査以外の画像検査はFDの診断に必要か?
 CQ3-3 FDの診断に有用な診断指標(バイオマーカー)はあるか?
 CQ3-4 FDの診療に自己記入式質問票は有用か?
 CQ3-5 FDの診療に心理社会的因子の評価は必要か?
 CQ3-6 FDの診断時にH.pylori検査をすべきか?
 CQ3-7 アラームサイン(警告徴候)は器質的疾患を疑うべきサインとなるか?
 CQ3-8 消化管機能検査は日常診療を行ううえで有用か?
 CQ3-9 NSAIDs,低用量アスピリン服用者はFDから除外すべきか?
 CQ3-10 FDの重症度の評価は必要か?(軽症,中等症,重症FDなどの区別は必要か?)
第4章 治療
 CQ4-1 FDの治療目標は患者が満足しうる症状改善が得られることか?
 CQ4-2 FDの治療において,プラセボ効果は大きいか?
 CQ4-3 FD患者のプラセボ効果は女性で男性より高いか?
 CQ4-4 FDの治療において,良好な患者-医師関係を構築することは有効か?
 CQ4-5 FDの治療として,生活習慣指導や食事療法は有効か?
 CQ4-6 FDの治療薬として,酸分泌抑制薬は有効か?
 CQ4-7 プロトンポンプ阻害薬はヒスタミンH2受容体拮抗薬よりも有効か?
 CQ4-8 FDの治療薬として,消化管運動機能改善薬は有効か?
 CQ4-9 FDの治療として,H.pylori除菌治療は有効か?
 CQ4-10 FDの治療薬として,漢方薬は有効か?
 CQ4-11 FDの治療薬として,抗うつ薬・抗不安薬は有効か?
 CQ4-12 FDの治療薬として,制酸薬,プロスタグランジン誘導体および消化管粘膜保護薬は有効か?
 CQ4-13 FDの治療として,薬剤併用療法は有効か?
 CQ4-14 FDの治療として,認知行動療法は有効か?
 CQ4-15 FDの治療として,自律神経訓練法は有効か?
 CQ4-16 FDの治療として,催眠療法は有効か?
 CQ4-17 FDの治療として,鍼灸療法は有効か?
 CQ4-18 FDの治療は病型に基づいて行うのがよいか?
 CQ4-19 病悩期間が長いほど治療に抵抗するか?
 CQ4-20 治療抵抗性のFD患者はどの時点で治療を変更すべきか?
 CQ4-21 FD診療では,症状消失後の薬物治療を継続すべきか?
第5章 予後・合併症
 CQ5-1 FDは再発するか?
 CQ5-2 FDには気分障害,神経症性障害の合併の頻度は高いか?
 CQ5-3 FDと胃食道逆流症(GERD)の合併の頻度は高いか?
 CQ5-4 FDと過敏性腸症候群(IBS)の合併の頻度は高いか?
 CQ5-5 FDと慢性便秘の合併の頻度は高いか?
 CQ5-6 FDに胆膵疾患(機能性胆嚢・Oddi括約筋障害,慢性膵炎,膵癌)は混在しているか?
索引