医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

What's New in Oncology 第3版【電子版】

がん治療エッセンシャルガイド

佐藤 隆美 (編集)

トーマス・ジェファーソン大学腫瘍内科教授

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98078-8
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
937ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥15,120 (本体¥14,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-42023-9
印刷版発行年月
2015/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは2017年5月対応予定
必要メモリ容量
60 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

日本のすべてのがん治療医必携!25のがん種について疫学などの基礎知識,診断方法, Global Standard に基づいた最新の治療方法を各領域の専門医が詳述.治療方法は薬物療法を中心に,エビデンスに基づいて実践で役立つように丁寧に詳しく解説.改訂3版は最新情報に全面アップデート,特に薬物療法の解説を重点的にボリュームアップした.

目次

総 論
 1.がん治療に必要な基礎知識
 2.がん治療における外科の役割
 3.分子標的薬
 4.放射線治療の基礎知識
 5.高齢者がんの治療
 6.Oncologic Emergenciesと全身管理
 7.がん治療に必要な支持療法
  1)感染症の予防と治療
  2)B型肝炎ウイルス(HBV)の再活性化への対策
  3)感染症対策としての口腔ケア
  4)胸水,腹水,心?水の治療
  5)抗がん薬による悪心・嘔吐の予防と治療
  6)血小板減少症の予防と治療
  7)貧血の予防と治療
  8)血管外漏出の予防と対応
  9)静脈カテーテル・ポートの管理
  10)血栓症の予防と治療
  11)骨転移の治療と有害事象の管理
  12)分子標的薬特有の副作用と対策
 8.腎障害・肝障害および合併症患者のがん薬物療法の注意点
 9.緩和ケア
 10.サイコオンコロジー
 11.遺伝性腫瘍症候群
 12.遺伝カウンセリング
 13.がんサバイバーシップ
 14.がん検診

各 論
 1.中枢神経系腫瘍
 2.頭頸部がん
 3.肺がん,悪性胸膜中皮腫
 4.乳がん
 5.食道がん
 6.胃がん
 7.原発性肝がん
 8.胆道がん
 9.膵がん
 10.結腸・直腸がん,肛門がん
 11.腎細胞がん
 12.尿路上皮がん:膀胱がん,腎盂・尿管がん
 13.前立腺がん
 14.婦人科がん
 15.胚細胞腫瘍
 16.骨・軟部腫瘍
 17.皮膚がん
 18.内分泌がん
 19.神経内分泌腫瘍
 20.原発不明がん
 21.白血病:急性白血病,慢性骨髄性白血病
 22.悪性リンパ腫
 23.多発性骨髄腫
 24.造血幹細胞移植
 25.HIV関連悪性腫瘍

ASCO Update 2013〜2015
付表1.用語解説
付表2.有害事象共通用語規準 v4.0日本語訳JCOG版(CTCAE v4.0-JCOG)
付表3.新規承認品目一覧(抗悪分野)(2012年8月〜2015年7月末)
付表4.主な抗がん薬,G‐CSF製剤,制吐薬