医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医療法学入門 第2版【電子版】

大磯 義一郎 (他著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62450-3
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
320ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02450-1
印刷版発行年月
2016/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
72 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

医療従事者として知っておくべき法知識をまとめたテキストの改訂版医療者が知っておきたい法知識をわかりやすく解説した好評テキストの改訂版。「なぜ医療法学なのか」から説き起こし、「刑事責任、行政責任」、「民事医療訴訟」は、豊富な事例をもとに医師と弁護士両方の資格をもつ著者らが解説する。第2版では、新たに「介護保険制度」、「労働法」の章を新設。訴訟が身近になったいま、自信を持って医療を提供するために必読の1冊。

目次

1 なぜ医療法学なのか
  1 日本と他国の医療制度
   a.日本の国民皆保険制度
   b.他国の医療制度と医療紛争処理制度
   c.日本の医療紛争処理制度
  2 医師という職業の特殊性
  3 法律上の責任
   a.医師に問われる民事責任
   b.医師に問われる刑事責任
   c.医師に問われる行政責任
   d.医師に問われる3種類の法的責任
  4 医療事故で問われる法的責任
   a.刑事訴訟
   b.民事訴訟
  5 司法以外の新しい紛争解決制度
  6 まとめ
2 医師法,コメディカル法
  1 総論
   a.医師法の構造
   b.医師法上の義務
   c.臨床研修制度等
  2 医師免許の得喪
   a.医師免許の取得,医籍
   b.所在地等届出義務(6条3項)
   c.医師国家試験
   d.欠格事由
   e.医師免許の取消し等(行政処分)
  3 臨床研修
   a.歴史的背景
   b.臨床研修医の労働者性
   c.現在の臨床研修制度
  4 医師法上の業務
   a.第4章 業務
   b.医師でない者に対する義務
   c.医師等に対する義務
  5 コメディカルの法律
   a.チーム医療
   b.看護師,保健師,助産師
   c.薬剤師
   d.臨床検査技師
   e.診療放射線技師
   f.理学療法士(PT),作業療法士(OT),言語聴覚士(ST)
   g.視能訓練士(ORT)
   h.臨床工学技士(ME)
   i.救急救命士
3 医療法
  1 医療法とは
  2 組織法としての医療法
   a.総論
   b.病院および診療所の開設,管理
   c.医療法人の設立
   d.医療法人のガバナンス
   e.病院の株式会社化論
  3 行政庁の監督
   a.医療計画
   b.立入検査
  4 その他の事項
   a.広告規制と情報提供
   b.総則
4 公衆衛生に関する法規
  1 届出感染症
   a.種痘法
   b.伝染病予防法,結核予防法,性病予防法,厚生省の設置
   c.感染症をとりまく状況の過去と現在
   d.感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
  2 麻薬取り扱い
   a.麻薬及び向精神薬取締法
   b.麻薬取り扱い上の注意点
   c.麻薬取締官,麻薬取締員
  3 予防接種
   a.予防接種法の改正
   b.医療の視点からみた予防接種の現状
   c.現行の予防接種法
  4 母子保健
  5 学校保健
   a.健康診断
   b.出席停止
   c.健康相談
  6 精神保健
   a.精神保健指定医
   b.精神保健の4つの入院形態
  7 脳死
   a.脳死の判定基準
   b.脳死判定の的確実施の証明書
  8 臓器移植
   a.臓器の移植に関する法律
  9 労働保健
   a.産業医の要件
   b.産業医の職務
5 刑事責任,行政責任
 A.刑事責任
  1 医師を対象とした刑罰法規
   a.業務上過失致死傷罪
   b.医師法違反,医療法違反
   c.秘密漏示罪
   d.虚偽診断書作成罪(虚偽公文書作成罪)・同行使罪
   e.業務上堕胎罪および同致死傷罪
  2 業務上過失致死傷罪
   a.3つの類型
   b.シンプルエラー型
   c.システムエラー型
   d.医師裁量型
 B.行政責任
  1 行政処分
  2 行政処分に至る手続き
  3 法改正後の行政処分の特徴
6 民事医療訴訟
 A.民事訴訟総論
  1 総論
   a.医療過誤訴訟の動向
   b.民事訴訟手続きの流れ
   c.医療過誤訴訟
  2 診療契約
   a.診療契約
   b.債務不履行
   c.不法行為
   d.債務不履行と不法行為の違い
  3 過失・説明義務・因果関係・損害
   a.過失
   b.説明義務
   c.因果関係
   d.損害論
   e.医療訴訟における専門家の関与
   f.周辺制度
   g.今後の医療訴訟をめぐる環境
 B.民事医療訴訟の実際
  1 診断における紛争類型
   a.健康診断における見落とし事例
   b.不作為による診断ミス事例
   c.期待権・相当程度の可能性
   d.ガイドラインの取り扱い
   e.転医義務
  2 治療行為における紛争類型
   a.手技ミス
   b.術後合併症
   c.添付文書違反
   d.副作用
   e.分娩
  3 説明義務に関する紛争類型
   a.説明義務
   b.説明義務が加重される場合
   c.家族への説明義務
   d.療養指導義務
  4 コメディカルにおける紛争類型
   a.採血や点滴における神経損傷
   b.転倒
   c.高圧浣腸
   d.褥瘡管理
7 保険診療
  1 医療費
   a.国家予算に占める医療費
   b.諸外国との比較
  2 日本の医療保険の特徴
  3 医療保険の種類
  4 健康保険法
   a.健康保険の適用
   b.保険者と被保険者
   c.保険医療機関・保険薬局および保険医・保険薬剤師
   d.療養担当規則
   e.一部負担金
   f.混合診療
   g.ドラッグ・ラグ
   h.診療報酬と支払基金
   i.高額療養費制度
  5 高齢者医療確保法
   a.後期高齢者医療制度
   b.前期高齢者に係る保険者間の費用負担の調整
  6 まとめ
8 介護保険制度
  1 高齢者福祉政策の歴史
  2 介護保険
   a.介護保険法
  3 介護保険制度施行後に生じた問題
  4 介護保険法の現状
9 労働法
  1 労働者と使用者
   a.労働者
   b.使用者
  2 労働時間
   a.法定労働時間と休憩時間
   b.オンコール待機(宅直)と当直
   c.割増賃金
  3 懲戒と解雇
   a.懲戒
   b.解雇
10 医薬品医療機器等法
  1 医薬品医療機器等法の目的
  2 医薬品
  3 医薬部外品・化粧品・医療機器・再生医療等製品
  4 医薬品の分類
  5 医薬品の上市と治験
  6 医学研究
  7 添付文書
  8 薬害
  9 医薬品副作用救済制度
  10 医薬分業
  11 薬局
  12 薬剤師
11 生命倫理と法
  1 臨床研究・治験と診療行為
   a.ニュルンベルグ綱領からヘルシンキ宣言へ
   b.わが国の医学研究に関する倫理指針について
  2 インフォームド・コンセント
   a.日本の判例
   b.米国司法で生まれたインフォームド・コンセント
   c.生命倫理におけるインフォームド・コンセント
   d.法理論としてのインフォームド・コンセント
   e.3種類のインフォームド・コンセント
  3 終末期医療
   a.東海大学安楽死事件
   b.川崎協同病院尊厳死事件
   c.尊厳死・安楽死再考

索引