医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

絵でまるわかり 分子標的抗がん薬【電子版】

石川 和宏 (著)

北陸大学薬学部 教授

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98216-4
電子版発売日
2016/10/31
ページ数
96ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,700 (本体¥2,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-42361-2
印刷版発行年月
2016/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
72 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

これまでの抗がん薬とは,まったく異なるメカニズムの「分子標的薬」.本書では,数が多くなり,まとめにくくなった分子標的薬を大きく4つのグループに分けて解説.新しいメカニズムの「免疫チェックポイント阻害薬」についてもわかりやすいイラストで解説した.「分子標的薬」に苦手意識を抱いている方にもおすすめの入門書.

目次

第1章 がん細胞のしくみからみた 従来型抗がん薬と分子標的抗がん薬
 1 新しいがん治療薬として登場した分子標的抗がん薬
 2 がんの増殖のしくみ
 3 がんの浸潤・転移のしくみ
 4 がんの血管新生のしくみ
 5 抗体薬と小分子薬

第2章 分子標的抗がん薬の特徴とメカニズム
 1 細胞外で作用する薬
  ●抗体薬:リガンド阻害薬
  ●抗体薬:膜受容体阻害薬
  ●抗体薬:膜上分化抗原標的抗体薬
 2 胞内で作用する薬: 受容体型分子を標的にした薬
  ●小分子薬:受容体型チロシンキナーゼ標的薬
 3 細胞内で作用する薬:非受容体型分子を標的にした薬
  ●小分子薬:非受容体型チロシンキナーゼ標的薬
  ●小分子薬:セリン・スレオニンキナーゼ標的薬
  ●小分子薬:プロテアソーム阻害薬
 4 細胞内で作用する薬: 受容体型・非受容体型分子を標的にした薬
  ●小分子薬:マルチキナーゼ阻害薬

第3章 各論を踏まえたがん化学療法総論
 1 遺伝子情報とがん化学療法
 2 投与された抗がん薬の作用に関連した因子
 3 支持療法とがん化学療法

Column
 薬効にかかわる遺伝子型理解のコツ
 コンパニオン診断薬
 従来型抗がん薬の作用機序
 抗体薬と小分子薬の語尾
 リキッドバイオプシー

索引