医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

「Rp.+ レシピプラス」特別編集

速解!調剤報酬2016-17【電子版】

山口 路子 (著)

オフィスシリウス

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98218-8
電子版発売日
2016/11/07
ページ数
328ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-78851-3
印刷版発行年月
2016/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
142 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

調剤報酬の基本&改定内容がスッキリ納得できる解説書!いつものレセプト業務から新たなレセプト業務まで,レセプト例を豊富に掲載して徹底解説.2016年度改定で新設された「かかりつけ薬剤師指導料」や大幅な変更があった「調剤基本料」についても,丁寧な解説でわかりやすく理解できる.巻末には,意外と知らない保険用語を掲載した.

目次

本書の使い方 
調剤の流れ

第1章 保険制度の概要
 医療保険制度
 保険薬局と保険薬剤師
 地域包括ケアシステム
 外来医療の機能分化と院外処方せん
 保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則

第2章 処方せん受付
 図解 処方せんの確認

第3章 受け付けた処方せんの調剤報酬算定
 点数の規定
 処方せん受付回数と調剤報酬明細書件数
 薬剤料の計算
 特定保険医療材料料の計算
 実費徴収
 総点数と一部負担金の計算
 自己負担上限額管理票
 高額療養費制度
 領収証と明細書

第4章 調剤報酬点数表を解剖する
 調剤報酬点数表の骨格

第5章 調剤技術料
1 調剤基本料
   妥結率
   同一グループの保険薬局
   特定の医療機関との不動産賃貸借取引がある保険薬局
   調剤基本料
   基準調剤加算
   後発医薬品調剤体制加算1・2
   分割調剤(長期保管が困難・後発医薬品試用)
   分割調剤(医師の指示)

2 調剤料
   調剤料の計算:内服薬
   嚥下困難者用製剤加算
   一包化加算
   調剤料の計算:屯服薬
   調剤料の計算:浸煎薬
   調剤料の計算:湯薬
   調剤料の計算:注射薬
   調剤料の計算:外用薬
   調剤料の計算:内服用滴剤
   無菌製剤処理加算
   麻薬・向精神薬・覚せい剤原料・毒薬加算
   時間外・休日・深夜加算
   夜間・休日等加算
   自家製剤加算:内服薬
   自家製剤加算:液剤(内服薬)・屯服薬・外用薬
   計量混合調剤加算
   在宅患者調剤加算

3 薬学管理料
   薬剤服用歴管理指導料
   かかりつけ薬剤師指導料
   かかりつけ薬剤師包括管理料
   麻薬管理指導加算(外来)
   重複投薬・相互作用等防止加算
   特定薬剤管理指導加算
   乳幼児服薬指導加算
   外来服薬支援料
   在宅患者訪問薬剤管理指導料
   サポート薬局と距離制限
   麻薬管理指導加算
   在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料
   在宅患者緊急時等共同指導料
   退院時共同指導料
   服薬情報等提供料
   在宅患者重複投薬・相互作用防止管理料

第6章 調剤報酬明細書(レセプト)
 レセプトの作成と点検
 レセプトの総括と請求
 レセプトの返戻
 レセプトの査定
 直接審査
 再審査・取り下げ請求

第7章 公費負担医療
 公費負担医療と法別番号
 法別番号10:結核患者の適正医療
 法別番号12(生活保護)と公費単独
 法別番号15:更生医療
 法別番号21:精神通院医療
 法別番号51:特定疾患治療費,法別番号54:特定医療
 法別番号52:小児慢性特定疾病医療支援
 公害医療のレセプト

第8章 保険外処方せん
 保険外併用療養費
 労働者災害補償保険(労災)
 自費処方せん

第9章 災害時処方せん
 被災者の処方せん調剤と請求

第10章 介護保険
 介護保険制度の概要
 要介護状態区分
 介護報酬の算定
 介護給付費の請求

保険用語集

索引