医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

神経難病領域のリハビリテーション実践アプローチ【電子版】

小森哲夫(監修) 田中勇次郎 南雲浩隆 望月久 (編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7106-3
電子版発売日
2016/12/12
ページ数
328ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,048 (本体¥5,600+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1695-8
印刷版発行年月
2015/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
142 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特にリハスタッフが臨床でかかわる機会が多い「パーキンソン病」「脊髄小脳変性症」「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」「多発性硬化症」「筋ジストロフィー」の5つの疾患を取り上げ,実際の患者をとらえた臨床写真とともに,リハビリテーションのノウハウを解説した実践書。
さらに,療養環境の整備,チームアプローチの方法,医療助成制度や就労支援などの社会資源の活用についても解説し,神経難病の治療に携わるPT・OT・STに必要な知識をオールカラーで網羅した充実の1冊となっている。

目次

Ⅰ章 神経難病リハビリテーションの概要
 1 神経難病のリハビリテーション
  難病とは何か
  神経難病の患者のニーズとは何か
  リハビリテーションの実態について
  リハビリテーションの指導時のポイント
  リハスタッフへの神経難病リハビリテーションに関する教育について
  おわりに
 2 療養環境整備とチームアプローチ
  神経難病療養者に対する療養環境整備とチームアプローチの意味
  神経難病療養者の療養環境整備(療養経過と支援課題,ALSを例に)
  多職種によるネットワークづくり
  保健所,保健師の役割
 3 医療費助成制度と福祉制度
  はじめに
  難病患者の医療費助成制度について
  在宅難病患者一時入院事業について
  利用できる制度について(医療費助成制度以外)
  在宅生活を送っている難病患者の事例
 4 就労支援
  就労の現状
  難病をもつ人の働き方
  就労者の事例
  難病をもつ人の就労を支えるもの

Ⅱ章 神経難病の障害像
 1 運動機能障害
  随意運動発現の流れ
  障害部位と一次的運動機能障害との関連性
  主な運動機能障害
  神経・筋疾患による運動機能障害のとらえ方
 2 コミュニケーション障害
  神経難病のコミュニケーションの特徴と評価
  コミュニケーションエイドの導入
  社会福祉制度の活用
 3 摂食嚥下障害
  摂食嚥下の流れとその障害
  誤嚥とは
  神経難病と嚥下障害
  嚥下障害の始まり
  摂食嚥下障害への対応
  リスク管理
  栄養管理
  流涎
 4 呼吸障害
  神経難病の呼吸障害
  神経難病の呼吸リハビリテーションと呼吸理学療法
  神経難病に対する特異的な呼吸障害
  呼吸障害の評価
  呼吸障害に対する対症療法とリハビリテーションの意義
  神経難病患者に対する呼吸理学療法
  排痰機器
  まとめ
 5 心理的課題とQOL
  患者・家族への心理的配慮
  用具適応上の心理的な問題と対応
 6 歯科・口腔衛生
  口腔のつくりと役割
  口腔ケアの必要性
  神経難病患者の口腔症状と口腔ケアの課題
  神経難病人工呼吸療法実施者の口腔ケアについて
  在宅療養している患者の口腔ケアの課題と対応
  口腔リハビリテーションを取り入れた口腔ケア
  多職種連携の必要性

Ⅲ章 疾患別リハビリテーションの実際
 1 パーキンソン病(関連疾患としてPSPを含む)
  疾患の概要
  標準的な評価指標とリハビリテーション
  リハビリテーションの実際
 2 脊髄小脳変性症(多系統障害型として多系統萎縮症を含む) 
  はじめに
  神経難病と緩和ケア
  疾患の概要
  疾患の徴候
  リハビリテーションの目的
  評価(検査)
  標準的なリハビリテーション
  上肢機能
  言語療法
  摂食・嚥下障害
  高次脳機能障害
  リスク管理
  SCD患者のリハビリテーションへのニーズと自主トレについて
 3 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  疾患の概要
  標準的なリハビリテーション
  理学療法
  作業療法
  言語療法
 4 多発性硬化症
  疾患の概要
  理学療法
  作業療法
  言語聴覚療法
 5 筋強直性ジストロフィー,多発性筋炎などの筋疾患 
  筋疾患に対するリハビリテーション
  筋ジストロフィー
  多発性筋炎