医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

続々 違いがわかる!同種・同効薬【電子版】

黒山 政一 (編)

北里大学東病院薬剤部長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25157-5
電子版発売日
2017/01/30
ページ数
164ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,750 (本体¥2,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-524-25874-1
印刷版発行年月
2016/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

同種・同効薬の違いをわかりやすくまとめた好評書『違いがわかる!同種・同効薬』『続 違いがわかる~』に続く第3弾。前二冊に掲載しきれなかった「経口抗肝炎ウイルス薬」「狭心症治療薬」「SGLT2阻害薬」「外用抗真菌薬」「ステロイド外用剤」など、日常業務ですぐに役立つ12薬効群を収載。図表を多用し「どこが違うのか」が一目でわかる。患者さんから頼られるかかりつけ薬剤師必携の一冊。

目次

【内容目次】
1章 経口抗菌薬((1)ペニシリン系薬,セフェム系薬,(2)マクロライド系薬)
 ペニシリン系薬(バイシリンG,ビクシリンS,ビクシリン,サワシリン,パセトシン,ペングッド,ユナシン,オーグメンチン,クラバモックス)
 セフェム系薬[(L-)ケフレックス,オラスポア,(L-)ケフラール,オラセフ,パンスポリンT,メイアクトMS,セフテム,セフゾン,セフスパン,フロモックス,トミロン,バナン]
 マクロライド系薬[クラリス,クラリシッド,エリスロシン,ルリッド,ジスロマック(SR),ジョサマイ,ジョサマイシン,アセチルスピラマイシン]
2章 経口抗ウイルス薬((1)抗ヘルペスウイルス薬,(2)抗インフルエンザウイルス薬)
 抗ヘルペスウイルス薬(ゾビラックス,バルトレックス,ファムビル,バリキサ)
 抗インフルエンザウイルス薬(タミフル,リレンザ,イナビル)
3章 経口抗肝炎ウイルス薬
 抗B型肝炎ウイルス薬(ゼフィックス,ヘプセラ,バラクルード,テノゼット)
 抗C型肝炎ウイルス薬(テラビック,ソブリアード,バニヘップ,スンベプラ,ダクルインザ,ソバルディ,ハーボニー,ヴィキラックス)
4章 抗結核薬
 リファジン,ミコブティン,イスコチン,ヒドラ,ネオイスコチン,ピラマイド,エサンブトール,エブトール,クラビット,レボフロキサシン,サイクロセリン,ツベルミン,ニッパスカルシウム,デルティバ
5章 外用抗真菌薬
 エンペシド,フロリードD,パラベール,マイコスポール,エクセルダーム,オキナゾール,アデスタン,アトラント,ニゾラール,アスタット,ルリコン,ルコナック,クレナフィン,ラミシール,ハイアラージン,ゼフナート,メンタックス,ボレー,ペキロン
6章 経口糖尿病治療薬(SGLT2阻害薬)
 アプルウェイ,デベルザ,カナグル,ジャディアンス,スーグラ,フォシーガ,ルセフィ
7章 狭心症治療薬
 硝酸薬(亜硝酸アミル,ニトログリセリン,ミオコール,バソレーター,ニトロダームTTS,ミリステープ)
 Kチャネル開口薬(シグマート)
 Ca拮抗薬(アダラート,ヘルベッサー,アムロジン,ノルバスク,ランデル,バイミカード,バイロテンシン,コニール,ヘルベッサー,ワソランなど)
 β遮断薬(アセタノール,セレクトール,ミケラン,カルビスケン,テノーミン,メインテート,ケルロング,セロケン,ロプレソール,ナディック,ハイパジール,インデラル,アドビオール,アロチノロール塩酸塩,アーチスト)
 その他(バファリン,バイアスピリン,プラビックス,エフィエント,パナルジン,コバシル,ブロプレス,メバロチン,クレストール)
8章 利尿薬
 ループ利尿薬(ラシックス,オイテンシン,ルネトロン,ダイアート,ルプラック)
 サイアザイド系利尿薬(ヒドロクロロチアジド,フルイトラン,ベハイド,
アレステン,ナトリックス,テナキシル,ノルモナール,バイカロン)
 K保持性利尿薬(アルダクトンA,セララ,トリテレン)
 炭酸脱水酵素阻害薬(ダイアモックス)
 浸透圧利尿薬(イソバイド,メニレット)
 バソプレシンV2受容体拮抗薬(サムスカ)
9章 鎮咳・去痰薬
 A.鎮咳薬
  中枢性(麻薬性)(コデインリン酸塩,ジヒドロコデインリン酸塩,メテバニール,フスコデ)
  中枢性(非麻薬性)(メジコン,アストミン,フスタゾール,フラベリック,トクレス,アスベリン,レスプレン,ノスカピン,コルドリン)
  末梢性(サルタノール,メプチン,ホクナリン,スピロペント,テオドール)
 B.去痰薬
  ムコフィリン,ビソルボン,ムコダイン,ムコソルバン(L),クリアナール,スペリア
10章 下剤(便秘薬)
 アローゼン,プルゼニド,ラキソベロン,ヒマシ油,テレミンソフト,マグミット,酸化マグネシウム,ミルマグ,硫酸マグネシウム,モニラック,バルコーゼ,アミティーザなど
11章 胃腸機能調整薬
 アボビス,プリンペラン,ナウゼリン,ガナトン,セレキノン,ガスモチン,アコファイド
12章 ステロイド外用剤
 デルモベート,ジフラール,ダイアコート,フルメタ,アンテベート,トプシム,リンデロン-DP,マイザー,ビスダーム,エクラー,メサデルム,リンデロン-V,ベトネベート,フルコート,リドメックス,キンダベート,ロコイド,グリメサゾン,オイラゾン,プレドニゾロンなど
事項索引
薬剤索引