医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

肝胆膵高難度外科手術 第2版【電子版】

日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度委員会 (編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62792-4
電子版発売日
2017/03/20
ページ数
368ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥11,000 (本体¥10,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-02792-2
印刷版発行年月
2016/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
78 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

日本肝胆膵外科学会の認定する「高度技能専門医」取得を目指す医師、高度技能指導医、および修練施設に向けた学会編集のオフィシャルテキストブック。肝胆膵外科に携わる外科医は、本書を参考に普遍的視点から見た安全性・確実性を伴った手術手技を習得し、修練施設において指導医の元で充分な修練をして専門医取得を目指していただきたい。患者の信頼に足る技量を持つ肝胆膵外科医の誕生を切に願って。

目次

I 肝胆膵の外科解剖
 [1]肝臓
  FOCUS グリソン鞘とレネック被膜
 [2]胆管
 [3]膵臓
  FOCUS Treitz靱帯

II 基本手技
 [1]肝門部脈管処理
   A 肝門部グリソン鞘一括処理
   B 個別処理
 [2]肝切除における血行動態およびハンギング法・肝授動
 [3]肝切離(ペアン法,CUSA(R) )
  FOCUS 肝機能評価
 [4]肝静脈の処理・下大静脈切除再建
 [5]膵切離
 [6]門脈切除再建
 [7]膵消化管吻合
   A 膵胃吻合
   B 膵腸吻合
    B1 no stent法
    B2 stent法
 [8]胆道再建
  コラム 肝胆膵外科高度技能専門医にまつわること

III 基本手術
 [1]右肝切除
   A 前方アプローチ
   B 右開胸開腹アプローチ
 [2]左肝切除
 [3]肝区域切除(前区域・後区域・内側区域・中央二区域)
 [4]尾状葉切除
 [5]胆道再建を伴う肝切除・尾状葉切除
   A 左肝切除(左三区域を含む)
   B 右肝切除(右三区域を含む)
  FOCUS 肝胆道癌(胆道癌,原発性肝癌,転移性肝癌)の手術適応
 [6]膵頭十二指腸切除術
 [7]膵体尾部切除術(腹腔動脈合併切除を含む)
  FOCUS 膵癌の手術適応
 [8]胆嚢癌に対する肝切除・胆管切除再建
  FOCUS HPDの手術適応
 [9]生体肝移植
   A ドナー左肝切除
   B ドナー右肝切除
   C 生体部分肝移植手術レシピエントの手術手技
 [10]膵臓移植
  FOCUS 生体膵臓移植

IV 腹腔鏡下肝膵切除
 [1]腹腔鏡下肝切除
 [2]腹腔鏡下尾側膵切除術
  FOCUS 腹腔鏡下膵頭十二指腸手術
  コラム 高度技能専門医申請ビデオ作成のコツとその重要性

V ロボット支援による腹腔鏡下胆膵手術
 [1]ロボット支援による腹腔鏡下胆膵手術

付録
 [1]新しい術式を行う際の留意点(倫理的側面も含めて)
     保険収載されていない新たな術式を行う際の留意点
     腹腔鏡下肝・膵切除を行う際に遵守しなければならないこと
     日本肝胆膵外科学会高度技能専門医や日本内視鏡外科学会
      技術認定医取得に向けた研究活動における倫理的配慮
 [2]肝胆膵外科における腹腔鏡下手術:腹腔鏡下手術の特殊性と安全性
     腹腔鏡下肝切除術
     腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術
     腹腔鏡下肝切除の保険収載:コンセンサス会議と前向き全例登録制度
     腹腔鏡下手術の特殊性
     腹腔鏡下手術の安全性
 [3]手術記録の書き方
     手術記録の内訳
     スケッチの実際
 [4]ビデオの上手な撮り方
     カメラワーク
     術者・助手の区別
     見せる意識
     まとめ
 [5]NCDからみた肝胆膵高難度手術
     専門医修練施設認定および専門医・指導医の関与の有無と手術成績の比較
     教育施設としての修練施設と今後検討すべきこと
  コラム 高度技能専門医申請ビデオの撮影にあたって

索引