医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

かぜ診療マニュアル第2版【電子版】

山本 舜悟 (編著)

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6471-0
電子版発売日
2017/07/17
ページ数
416ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7849-4401-9
印刷版発行年月
2017/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

医師であれば誰もが診ることがある「かぜ」。
そんな「かぜ」への体系立ったアプローチを解説!前版から150頁増の大幅改訂です!

目次

はじめに
◉本書で取り扱う“かぜ”について
◉抗菌薬の投与量と保険適用量

Ⅰ章 成人の“かぜ”のみかた
◉時間がない人へのまとめ
1“ かぜ”の分類のしかた
2“ かぜ”診療における医師の役割
3 地雷を踏まないために
4 地雷を100%避けることは可能か?
念のための抗菌薬が免罪符になるとは限らない
5 2016 年の気道感染症ガイドラインの改訂と薬剤耐性対策アクションプラン
6 Delayed Antibiotic Prescription
7 患者満足度を上げる「説明の処方」の仕方
8 気道症状有り せき,はな,のど型(普通感冒).
アドバンストレクチャー:“かぜ”に抗菌薬は本当に「効かない」のか?
アドバンストレクチャー:上気道炎で抗菌薬処方はどこまで減らせるか?
アドバンストレクチャー:抗菌薬を欲しがる患者さんへの対応
アドバンストレクチャー:総合感冒薬の是非について
アドバンストレクチャー:かぜの薬物以外の治療と予防
コラム:漢方薬のevidence-based medicine(EBM)
9 気道症状有り はな型(急性鼻・副鼻腔炎)
コラム:筆者のしくじり「副鼻腔炎だと思ったら……」
アドバンストレクチャー:アモキシシリン/クラブラン酸製剤にアモキシシリンを足す理由
コラム:本当は怖い“かぜ”に対する「念のため」のマクロライド
コラム:本当は怖い“かぜ”に対する「念のため」の経口βラクタム剤
コラム:上気道感染症にフルオロキノロンを推奨しない理由
10 気道症状有り のど型(急性咽頭・扁桃炎)
アドバンストレクチャー:伝染性単核球症の怖い合併症,脾破裂
アドバンストレクチャー:Lemierre症候群
アドバンストレクチャー:Aだけでいいのか?
アドバンストレクチャー:ウイルス性咽頭炎診断のMistikスコア
アドバンストレクチャー:よくならない咽頭炎
アドバンストレクチャー:伝染性単核球症(IM)でのアミノペニシリンによる皮疹は昔ほど多くない?
アドバンストレクチャー:溶連菌咽頭炎の治療期間
アドバンストレクチャー:sexual historyの聴き方
コラム:筆者のしくじり「よくならない咽頭炎」
アドバンストレクチャー:咽頭炎に対する裏技的ステロイド
コラム:筆者の溶連菌咽頭炎体験
11 気道症状有り せき型(急性気管支炎)
コラム:咳止めとしてのハチミツ
コラム:筆者の咳喘息体験
アドバンストレクチャー:「のどからの咳」と「胸からの咳」
アドバンストレクチャー:職人芸を「見える化」する肺炎診断のための予測ルール
アドバンストレクチャー:誰も教えてくれなかったCRPの使い方:かぜ症候群の半数以上に抗菌薬を処方している人だけ読んで下さい
12 気道症状無し 高熱のみ型
A 敗血症
アドバンストレクチャー:血液培養はいつ採ったらいいの?
アドバンストレクチャー:高熱のみ型のダークホース「細菌性腸炎」
アドバンストレクチャー:重症だから血培をとる余裕なんてなかったけどカルバペネムを投与した?
超アドバンストレクチャー:敗血症の定義改訂(Sepsis-3)について
超アドバンストレクチャー:CRPは役に立つのか?
B 海外渡航関連の感染症
アドバンストレクチャー:海外帰国後感染症の各論
アドバンストレクチャー:海外渡航と多剤耐性菌保菌の問題
アドバンストレクチャー:マラリアとデング熱の鑑別にCRPは使えるか?
C インフルエンザ
アドバンストレクチャー:感度,特異度,SnNout,SpPin,AUROCの落とし穴
アドバンストレクチャー:インフルエンザの治療薬
アドバンストレクチャー:インフルエンザの臨床診断に迅速検査は必須ではない
13 気道症状無し 微熱,倦怠感型
14 気道症状無し 下痢型
アドバンストレクチャー:下痢+αで要注意なもの
コラム:筆者のしくじり「“急性胃腸炎”は誤診の元」
アドバンストレクチャー:嘔吐, 下痢の際の水分補給に「経口補水塩(oral rehydration salts:ORS)の作り方」
アドバンストレクチャー:免疫抑制患者の慢性ノロウイルス感染症
15気道症状無し 頭痛型
16気道症状無し 発疹型
コラム:筆者のしくじり:芳香族アミン構造を持つ抗てんかん薬の交差反応に注意!
17 気道症状無し 関節痛型
18 いつもの“かぜ”と同じですか?

Ⅱ章 小児の“かぜ”のみかた
1 せき,はな,のど型(普通感冒)
コラム:熱性痙攣があると解熱剤は使用してはいけない?
2 はな型(急性鼻・副鼻腔炎)
3 のど型(急性咽頭・扁桃炎)
コラム:急性連鎖球菌性咽頭炎でペニシリンを処方する4つの理由
4 せき型(急性気管支炎)
コラム:小児の反復性の気道感染に対して,予防的にマクロライドを処方するべきか?
5 急性中耳炎
6 フォーカス不明の発熱
7 漢方の適応と治療

Ⅲ章 妊婦・授乳婦の“かぜ”のみかた
1 妊婦が“かぜ”でやってきた
コラム:筆者の体験「咳と切迫早産」
コラム:妊娠中の食べ物
2 授乳婦が“かぜ”でやってきた
コラム:筆者の体験「乳腺炎と授乳」
3 漢方の適応と治療