医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

神経症状の診かた・考えかた 第2版【電子版】

General Neurology のすすめ

福武 敏夫 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-63059-7
電子版発売日
2017/10/02
ページ数
424ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,720 (本体¥5,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-03059-5
印刷版発行年月
2017/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

ガイドラインに基づいた「無難な」標準的診療方法を記載した書籍は多いが、それで診療ができるかと言えば実際には難しい。そんな時代に登場した本書は、この領域にはめずらしい「通読できる本格的な神経内科書」として、神経内科学の「一冊目の本」の地位を固めた。神経内科臨床のリーダーとして知られる著者の「経験」に基づく歯切れのよい記載と、一貫した神経症状へのアプローチが、さらにパワーアップした待望の第2版!

目次

第I編 日常診療で遭遇する患者
 第1章 頭痛
  A 頭痛を主体とする疾患を実践的に分類する
  B 患者の属性によって好発する頭痛がある
  C 危険な頭痛
  D 生活改善を要する頭痛
  E 生活支障度の高い頭痛
  F その他の頭痛・顔面痛
  G 頭痛の神経診察のポイント

 第2章 めまい
  A 「めまい」診断の決め手は病歴聴取である
  B 非前庭性めまいを診察,診断する
  C 4つの代表的な良性(非悪性),前庭性(真性)めまい疾患の特徴を理解する
  D その他のめまい疾患(脳血管障害は除く)
  E 脳血管障害に関連するめまい疾患
  F めまい疾患の誘発因子と随伴症状
  G めまいの診察手技

 第3章 しびれ
  A しびれの定義
  B しびれをきたす疾患・病態
  C しびれの部位,性状,経過,誘因などから分かること
  D 上肢のしびれ
  E 下肢のしびれ
  F 四肢のしびれ
  G 顔面のしびれ
  H 顔面と手のしびれ
  I 体幹のしびれ
  J 背中のしびれ
  K 半身のしびれ
  L レベルを有するしびれ
  M 難治性のしびれ
  N その他のしびれ
  O 痒み(かゆみ;itch)

 第4章 パーキンソン病とその周辺
  A パーキンソン病
  B パーキンソン病の運動症状
  C パーキンソン病の非運動症状
  D パーキンソン病のその他の臨床症状
  E パーキンソン病の神経画像検査と心筋シンチグラフィー
  F 遺伝性パーキンソン病
  G パーキンソン病の鑑別診断

 第5章 ふるえの診かた
  A 「ふるえ」とは
  B ふるえを実践的に捉える
  C 意識障害を伴わない急性または反復性のふるえ

 第6章 物忘れ・デメンチア(認知症)
  A デメンチア・痴呆・認知症
  B “attended alone”(1人受診)徴候
  C デメンチアの疫学
  D 物忘れ・デメンチアの診察
  E デメンチアをきたす代表的変性疾患の臨床的特徴と診かた
  F 血管性デメンチア
  G 身体疾患に伴うデメンチア

 第7章 脊髄症状
  A 脊髄の位置と特徴
  B 脊髄ならではの診察のポイント

 第8章 精神症状,高次脳機能障害
  A せん妄とacute confusional state(ACS,急性錯乱状態)
  B 人格変化と前頭葉症候群
  C 無視症候群と半側空間無視
  D カタトニア症候群とカタレプシー
  E 環境依存症候群とそのスペクトラム
  F 人物誤認(フレゴリ症候群)
  G 錯聴
  H 大脳性複視(多重視)
  I いわゆるヒステリーの症候学

 第9章 「心因性」と間違えられやすい疾患
  A 「心因性」という用語について
  B 「心因性」と間違えられやすい疾患(総論)
  C 「心因性」と間違えられそうになった症例

 第10章 「奇妙」な症状

第II編 緊急処置が必要な患者
 第1章 けいれん
  A けいれんと失神の鑑別
  B 真性てんかん性けいれんと心因性非てんかん性けいれん(偽性けいれん)の鑑別
  C てんかんとの鑑別を要するその他の病態
  D 誤診しやすいてんかん病型
  E てんかん重積状態と持続性部分てんかん

 第2章 意識障害
  A 意識と意識障害
  B 一過性意識障害
  C 意識障害と紛らわしい病態
  D 意識障害の原因
  E 意識障害(半昏睡・昏睡)時の診察

 第3章 急性球麻痺
  A 球麻痺をきたす疾患とその特徴
  B 球麻痺と偽性球麻痺の鑑別のポイント
  C 急性の球麻痺の原因と鑑別点

 第4章 急性四肢麻痺

 第5章 脳梗塞
  A どんな時に脳梗塞を疑うか
  B 脳梗塞の分類
  C ラクナ梗塞
  D アテローム性血栓症
  E 心原性脳塞栓症
  F 一過性脳虚血発作(TIA)と一過性神経障害(TND)
  G 血管病
  H 放射線治療による血管障害
  I 若年者の血管(脳梗塞)危険因子

第III編 神経診察のポイントと画像診断のピットフォール
 第1章 神経学的診察の実際
  A 「神経学的診察の実際」へ向かう前に
  B 反射の診かた
  C 運動系の診かた
  D 体性感覚系の診かた
  E 脳神経はこれだけ診ればよい
  F その他の神経診察におけるtips

 第2章 画像診断のピットフォール
  A 撮像部位選択の誤り
  B 画像手段の選択ミス
  C 読みの不足
  D 短絡的判断
  E アーチファクトへの理解不足

索引