医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨地実習ガイダンス【電子版】

看護学生が現場で輝く支援のために

池西 靜江 (他編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-63442-7
電子版発売日
2017/12/11
ページ数
176ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,916 (本体¥2,700+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-03442-5
印刷版発行年月
2017/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

看護師養成のために欠かせない「臨地実習」が危機にある。時間数削減や施設確保の困難、患者の権利擁護に伴う現場体験の制限や在院日数短縮などの逆風から、従来方式が成果をあげづらくなって久しい。本書は、「臨地実習が学生を飛躍的に成長させる場面を幾度となく見てきた」諦めないベテラン教員と施設の指導者がともに何を志向しどのように連携して学生の指導・支援をアップデートしているか、その実際をまとめたガイドブック。

目次

第1部 教える人の準備
 1 臨地実習の意義 学生が飛躍する現場での教育
 2 臨地実習の現状と課題 時間数増加は望めず地域重視の時代に
 3 授業としての臨地実習 講義・演習と同じ「しかけ」を
 4 臨地実習指導に求められる能力 現場で生きる4つの力
 5 「看護過程」の本来を活かす実習指導 臨床判断につなげるために

第2部 施設との協働・運営
 1 実習施設との連携のあり方
 2 実習施設の受け入れ体制
 3 臨地実習指導の実際
 4 新人・若手教員の実習指導 どこにつまずくか
 5 経験豊かな教員の実習指導 なぜ焦らないか

第3部 実習指導者が心がけている学生の学び グループインタビュー

第4部 臨地実習の評価
 1 臨地実習評価の考え方と方法
 2 臨地実習評価 チェックリスト、ルーブリックの活用
 3 実習総括 教育実践の改善のために

執筆者近影
索引