医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ER・ICU診療を深める2【電子版】

リアル血液浄化

小尾口 邦彦 (著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/01
ページ数
292ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-06684-7
印刷版発行年月
2015/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

難解な説明が多い急性期血液浄化を,軽妙な語り口と絶妙な例えでひもとく.あたりまえを疑い,本質を見逃さない.リアルな知識が手に入る1冊だ.

目次

テーマ01 CRRT原理・効率理解

Chapter 01 ■血液浄化をお題にしようと思った理由
          若手医師の中にみたかつての自分, 敗血症治療の幹と枝を明確に分ける
        コラム 椎体椎間板炎の診断・治療  
Chapter 02 ■「CRRT原理・効率理解」パートを読み進めるために
          基本略語, 本書における小分子・中分子  
Chapter 03 ■拡散とは?
Chapter 04 ■HDを復習し,CHDの仕組みと効率を理解する
        ●血液透析(HD:hemodialysis)のしくみ
          透析における物質移動を説明するにあたっての前提条件(透析開始前), 透析による物
          質の移動, HDのポンプ
        ● Let’s try“血液浄化紙上シミュレーション” !!
          以後のシミュレーションのお約束,  設定(1), 設定(2), 設定(3), 設定(1)〜(3)のま
          とめ
        ● 血液流量を上げて効率アップ?
          設定(4), 設定(5), 設定(6), 設定(4)〜(6)のまとめ
Chapter 05 ■HD(血液透析)・CHD(持続的血液透析)の違いを理解する
          血液流量, 透析液流量, HDとCHDはなぜ似て非なるものなのか理解しよう, HDの
          透析効率の上げ方, HDをお見合いパーティーにたとえて考えてみよう, CHDの透析
          効率の上げ方, CHDを男女のお見合いパーティーにたとえてみよう
Chapter 06 ■現在のHDはかつてのHDにあらず……
          初期の血液透析(HD)において重視されたのは小分子除去, 現在のHD≠かつてのHD,
          なぜハイパフォーマンス膜で中分子が抜けるのか?, 血液透析(HD)によって中分子
          が抜けることにより生じた問題, HDにより中分子が抜ける話をCHDにそのまま当て
          はめることはできない
Chapter 07 ■血液ろ過(HF:hemofiltration),ろ過とは
          血液ろ過(HF:hemofiltration)のしくみ, ろ過による物質除去, ろ過はところてん
          パワー
        ●持続的血液ろ過(CHF)シミュレーション
           設定(1)
        ●CHFによる小分子除去
        ●CHFによる中分子除去
          設定(2), 設定(3)
        ●ふるい係数
          in vitroでのふるい係数, ふるい係数の実際
Chapter 08 ■CHF(continuous hemofiltration:持続的血液ろ過)の最大の弱点
          ヘモフィルター内血液濃縮, CHFにおいては血液流量も問題となり……
        ●CHF(後希釈法)
        ●CHF(前希釈法)
          設定(1), 設定(2), 設定(3)
Chapter 09 ■なぜ透析室ではHF(血液ろ過)をあまり行わないのか?
          HFの開発は遅かった, HFは特に小分子除去においてHDより効率が非常に低い, 水
          道水による汚染, サブラットⓇなどは「もともとはHF目的の薬剤」, 透析室における
          HF, On-line HDFとは?
Chapter 10 ■混乱しやすいCRRT機器ポンプ名称・流量65
          CHD, CHF, CHDF  
Chapter 11 ■CHDF(continuous hemodiafiltration:持続的血液ろ過透析)とは
          CHDFの基本原理, 設定(1), 設定(2), 設定(3), 設定(4), 設定(5), 設定(6), 
          CHDFによるパフォーマンスのまとめ
Chapter 12 ■CHDFシミュレーション
Chapter 13 ■CHF・CHD・CHDFの効率はなぜ正しく理解されないか?
        誤解の原因は?  
          CHF・CHD・CHDF比較の正しいグラフは?
Chapter 14 ■CHD・CHF・CHDFは設定変更の考え方にも違いがあり……
        ● (1)脱血不良
          CHD(continuous hemodialysis:持続的血液透析), 後希釈法CHF(continuous
          hemofiltration:持続的血液ろ過), CHDF(continuous hemodiafiltration:持続的
          血液ろ過透析)
        ●(2)血液系回路凝固
        ●(3)膜の劣化
          CHF, CHDF
Chapter 15 ■なぜ日本においてCRRTのスタンダードはCHDFとなったのか?
        吸着原理についても理解しよう
        ●日本ではなぜCHDFが主流となったか?
          日本におけるCRRTのその後, CHF・CHDFが血液中サイトカインの濃度に影響を及
          ぼす因子, “CRRTによるサイトカイン除去の仕組み”説明の変遷
        ●吸着原理 吸着原理によるサイトカイン除去を重視する考え 
           PMMA膜使用ヘモフィルターも進化し……, セプザイリスⓇ(sepXirisⓇ)登場
        ●メインストリームで吸着?
          少し脱線して……, さらに脱線して……
        ●サイドストリームで吸着?
          PMMA膜(ヘモフィールⓇCH), AN69ST膜(セプザイリスⓇ), 吸着効率アップ
          方法, 吸着能の生体内(in vivo)評価の難しさ, 吸着in vitro評価
        ● 吸着原理は膜飽和との戦い
        コラム oXirisⓇ  
        コラム 筆者が危険だと思う会話  


テーマ 02 リアル血液浄化

Chapter 01 ■CRRT回路・血液系ツアー
        ●CRRT回路内圧測定
          圧力測定用ドリップチャンバー, 陰圧ピロー
        ● 筆者が考えるCRRT回路が複雑に考えられがちな理由
        ● “血液系”回路を理解しよう
          (1)脱血, (2)抗凝固薬注入, (3)Aチャンバー(動脈側チャンバー), (4)中空糸内を 
          通過, (5)Vチャンバー(静脈側チャンバー), (6)気泡センサー
Chapter 02 ■CRRT回路・血液系圧アラームを理解しよう
        圧評価もできるようになろう
        ● “血液系”の圧評価を理解しよう
          血液系・陰圧ゾーンに問題が発生!!(患者脱血部位〜血液ポンプ), 血液系・陰圧ゾ
          ーンの「脱血不良への対処」後の対処, 血液系・陽圧ゾーンの圧はあくまで血液ポンプ
          と血液が流れるルートがつくる, 血液系の圧評価においてTMPや液系を考慮にいれな
          い, 血液流量とCRRT回路圧の関係, ろ液流量とCRRT回路圧の関係, なぜろ液流量
          を変化させても入口圧・返血圧はほぼ変化しないのか?, 圧が及ぶ範囲であれば閉塞部
          位より上の全ての部分の圧が上がるルール, 回路内圧形成を理解するために重要なイ
          メージ, Pressure Drop(?P)循環パイプにおける圧損失
        ● 血液系・陽圧ゾーンの圧理解・アラーム理解
          血液系・陽圧ゾーン高圧アラーム, 血液系高圧アラーム対応, 血液系・陽圧ゾーン低
          圧アラーム, 血液系低圧アラーム対応,  
        コラム 最新ECMO機器における回路内圧評価  
Chapter 03 ■CRRT回路液系ツアー ろ過駆動圧としてのTMP
          液系回路を考える, 透析液は血液と逆方向に流す, クジラの舌にある対向式熱交換器,
          TMP(transmembrane pressure:膜間圧力差)とは, なぜ中空糸外は下流圧のみ測
          定するのか?
        ●リアルTMP理解
          モデル(1)〜モデル(5)
        ●「ろ過圧」という言葉を考える─
          リアルろ過圧, モデル(6), モデル(7), ろ過圧
        コラム なぜ血液の流れを下方向(↓)透析液の流れを上方向(↑)になるようにヘモ
            フィルターを配置するのか?  
Chapter 04 ■CRRT回路液系ツアー 膜孔閉塞指標としてのTMP
        ●リアル膜孔閉塞・TMP理解
          モデル(1)〜モデル(15)
        ●結局TMP値の解釈方法は?
        コラム CRRT機器画面撮影のすすめ・CRRT回路圧解釈の実際  
Chapter 05 ■透析液は「さまざまな思惑がこもった」組成
          体内から十分に除去したい!!物質, 一定の値を保ちたい!!物質, 体内で不足して
          いるので十分補充したい!!物質
Chapter 06 ■世界の急性期血液浄化治療は?
          アメリカ, ヨーロッパ, 日本, CRRTに関する世界的調査?, CRRTモード, 抗凝
          固薬, 免疫調節(Immunomodulation), 血液流量, 血液浄化量, 体重による血液
          流量・血液浄化量設定, CRRTに関する世界的調査?
Chapter 07 ■CRRT保険制限
          (1)出来高払い方式, (2)DPC(Diagnosis Proceduce Combination:包括医療支払制
          度),保険のしばりを言い訳にせずに……
Chapter 08 ■薬物動態学を少しかじりながら
          分子量と透析(HD)・CRRT, ビリルビンは透析で除去される?, カテコラミンは透
          析で除去される?, そもそもターゲットは血管内にあるか?, 半減期の有効な利用法
        コラム IV Lipid Emulsion(リピッド レスキュー・Lipid RescueTM)  
Chapter 09 ■Dr.Roncoを追いかけて……
        CHFでサイトカインは抜けるのか? Yes or No?
        血液中サイトカイン濃度は減るのか? Yes or No???
          血液浄化量アップ作戦の成果は?, 実際,CRRTにより血液中サイトカイン濃度は低下
          するのか?, 何故CRRTによりサイトカインは排出されるのに血液中サイトカイン濃
          度は変わらないのか?, Peak concentration hypothesis, HVHF(高流量CHF)も結
          果がでず……, Dr. Roncoがついに……, 時代の潮流は変わり……, 最後に……
Chapter 10 ■エンドトキシン吸着療法の適応・コスト
          エンドトキシンの自然界分布, エンドトキシンは内毒素(endotoxin)なのか外因性ホ
          ルモンなのか?, エンドトキシン恐怖症候群, DPC制度におけるエンドトキシン吸着
          療法
Chapter 11 ■エンドトキシン吸着療法の仕組み・効率・RCT
        ●エンドトキシン吸着療法が効果を発揮する仕組み
        ●どれくらい血中エンドトキシン濃度が低下するのか?
          (1)エンドトキシン吸着療法開発者らによる発売開始前の報告(1993年), (2)敗血症
          性多臓器不全症例を対象とした報告(2007), (3)その他
        ● 近年行われたエンドトキシン吸着療法の多施設RCT
        ●日本のDPCデータを用いた後ろ向き研究
        ●最終決戦? となるかもしれない多施設RCT
Chapter 12 ■エンドトキシン吸着療法にまつわる議論
        コラム スペースシャトルと未来予測  
Chapter 13 ■確立したとは言い難いエンドトキシン濃度測定
         エンドトキシン濃度測定の歴史, 比濁時間分析法によるエンドトキシン濃度測定, 比濁
          時間分析法への批判, ニューカマーESP(Endotoxin scattering photometry), 欧
          米では, EAATMとは, 比濁時間分析法とEAAに相関関係はない, 結局どうする?
Chapter 14 ■ナファモスタット(フサンⓇ)都市伝説
         “東洋の神秘”ナファモスタットに迫ってみましょう, そもそもナファモスタットの本当
          の半減期は?, 当時の多くの論文では, ナファモスタット持続注入中の血中濃度推移,
          血液浄化と凝固薬, 透析における抗凝固薬を評価するための採血部位と濃度の関係, 
          透析中ナファモスタットの回路内濃度・血中濃度の予測, 透析中ヘパリンの回路内濃
          度・血中濃度の予測, 局所ヘパリン化療法, 「ナファモスタットは抗凝固作用をほぼ
          透析回路内に限局させることができる」の真の意味は?, DIC薬・急性膵炎薬としての
          疑問, ナファモスタットの副作用
        コラム ナファモスタットと保険適応  
Chapter 15 ■抗凝固薬モニタリングと採血部位
         CRRTとナファモスタット, CRRTとヘパリン, ACTとAPTT
Chapter 16 ■透析患者が脳出血を合併したら
         なぜ持続的血液ろ過が推奨されたのか?, 無凝固薬血液浄化, 本症例のその後の経過
Chapter 17 ■真のエンドポイントとサロゲートエンドポイント(代用指標)
         だから治療はどうでもいいということではなくて……, 真のエンドポイントとサロゲー
         トエンドポイント, 予後はあくまで長期死亡率で判定
エピローグ 小さなことに魂は宿る

参考書籍
文 献