医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

コメディカルのための専門基礎分野テキスト

人間発達学改訂4版【電子版】

福田 恵美子 (編)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/08
ページ数
276ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,808 (本体¥2,600+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-07677-8
印刷版発行年月
2017/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

今版では,より一層の判り易さと“今”の時代や読者のニーズに応えることができるように最新の情報と知見を反映させ,より使える,よりわかる教科書を実現した.

目次

1章 人間発達の概念
 1 人間発達human developmentとは <福田恵美子>
  1.人間の発達
  2.発達過程と発達期の区分
  3.発達に関する用語
  4.発育の4原則
  5.発達とは
 2 発達概念の歴史的変遷 <福田恵美子>
  1.「小さな大人」としての概念時代
  2.子ども固有の存在としての認識時代
  3.ルソーの「エミール」にみる発達概念時代
  4.「エミール」以降にみる発達概念時代
コラム1.児童虐待に関する法律の経緯
 3 発達理論:先人たちの理論の概要 <福田恵美子>
  1.運動機能の発達
   a.ゲゼルの発達理論:成熟優位説
   b.マックグローの発達理論
   c.エアハルトの発達学的把持理論
  2.感覚・知覚機能の発達
   エアーズの感覚統合理論
  3.認知機能の発達
   ピアジェの発生的認知理論
  4.心理・社会的機能の発達
   a.フロイトの発達理論:心理・性的発達論
   b.エリクソンの発達段階(人生の8段階):人生周期説
   c.ボウルビーの愛着理論

2章 ライフステージにおける生活活動の発達過程と取り組んでいる課題
 1 胎芽・胎児期 <福田恵美子>
  1.胎芽・胎児の発育過程
  2.知・情・意の基盤
  3.異常状態の発現時期
 2 新生児期 <福田恵美子>
 3 幼児期 <篠川裕子>
 (1)前期
   1.身体的発達の機能
   2.運動的機能の発達
   3.認知的機能の発達
   4.情緒・社会的機能の発達
 (2)後期
   1.身体的発達の機能
   2.運動的機能の発達
   3.認知的機能の発達
   4.情緒・社会的機能の発達
 4 学童期 <日田勝子>
 (1)低学年
   1.身体・生理的機能の発達
    a.身体的発達
コラム2.西洋化する日本人?
    b.骨や歯の発達
   2.運動的機能の発達
コラム3.子どもの運動能力は落ちた?
   3.認知的機能の発達
    a.認知の発達
    b.言語の発達
   4.情緒・社会的機能の発達
    a.感情の発達
    b.社会性の発達
 (2)高学年
   1.身体生理的機能の発達
   2.運動的機能の発達
   3.認知的機能の発達
    a.認知の発達
    b.記憶の発達
    c.言語の発達
   4.情緒・社会的機能の発達
    a.感情の発達
コラム4.不登校
    b.性格的発達
 5 青年期 <日田勝子>
 (1)中学生
   1.身体・生理的機能の発達
    a.身体的機能の発達
コラム5.男女の身長・体重・座高の変化
    b.生理的機能の発達
    c.健康状態
   2.認知・心理・社会的機能の発達
    a.認知的機能の発達
    b.心理・社会的機能の発達
 (2)高校生
   1.身体・生理的機能の発達
   2.認知・心理・社会的機能の発達
    a.心理・社会的機能の発達
コラム6.年齢別の死因
    b.生活と意識
 (3)大学・社会人
   1.身体・生理的機能の発達
   2.認知・心理・社会的機能の発達
    a.認知的機能の発達
    b.心理・社会的機能の発達
 6 成人期 <外里冨佐江>
 (1)前期
   1.身体・生理的機能の発達
コラム7.不妊症
   2.心理・社会的機能の発達
    a.職業について
コラム8.フリーター
コラム9.バブル崩壊
コラム10.成人の発達障害
    b.結婚・出産について
コラム11.性同一性障害,トランスジェンダー,LGBT(GLBT)
    c.育児について
    d.虐待について
 (2)中期
   1.身体・生理的機能の発達
コラム12.メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)
   2.運動機能の発達
   3.心理・社会的機能の発達
    a.心理的機能の発達
コラム13.メンタルヘルス
コラム14.過労死等防止対策推進法
    b.社会的機能の発達
 (3)後期
   1.身体・生理的機能の発達
    a.身体的機能の発達
    b.生理的機能の発達
   2.運動的機能の発達
   3.心理・社会的機能の発達
    a.心理的機能の発達
   4.社会的機能の発達
 7 高齢期 <外里冨佐江>
 (1)前期
コラム15.高齢者の定義について
コラム16.フレイル
コラム17.サルコペニア
コラム18.ロコモティブシンドローム
   1.身体・生理的機能の発達
    a.身体的機能の発達
    b.生理的機能の発達
   2.運動的機能の発達
    a.姿勢制御
    b.歩行
   3.知的機能の発達
    a.知能
    b.記憶
    c.生活
   4.心理・社会的機能の発達
    a.心理的機能の発達
コラム19.脳と感情の老化
    b.社会的機能の発達
 (2)後期
コラム20.百寿者
   1.身体・生理的・運動機能の発達
コラム21.経験知
   2.心理・社会的機能の発達
コラム22.高齢者像
    a.個性化と統合
    b.死について
コラム23.老衰の死亡率
コラム24.新しい最後の迎え方
    c.死とその受容,信仰

3章 ライフステージにおける機能別発達過程と取り組んでいる課題
 1 原始反射,姿勢反射・反応 <森 直樹>
  1.原始反射
   a.脊髄レベル
   b.脳幹レベル
  2.姿勢反射・反応
   a.中脳レベル
  3.平衡反応
   a.大脳皮質レベル
 2 姿勢調整,移動運動 <森 直樹>
  1.胎児期の運動発達と乳幼児の自動運動の特性
   a.胎児の運動発達
   b.U字現象
   c.ジェネラルムーブメント
  2.姿勢と運動の制御
   a.姿勢反射
   b.姿勢調整
   c.姿勢調整の段階的発達
   d.運動と姿勢の制御レベル
   e.姿勢制御と運動発達理論
   f.姿勢制御に寄与する感覚機構の発達
  3.移動運動
   a.移動運動 locomotionの発達
   b.歩行制御の仕組み
   c.歩行の発達について
 3 視覚・眼球運動 <境 信哉>
  1.視覚の発達
   a.視覚発達研究の方法
   b.胎児期における視覚の発達
   c.出生後の視覚の発達
  2.眼球運動の発達
   a.胎児期における眼球運動の発達
   b.出生後の眼球運動の発達
 4 ハンドスキル <境 信哉>
  1.ハンドスキルの発達に影響する様々な要因
  2.種々のハンドスキルの発達
   a.リーチ
   b.把握
   c.自発的リリース
   d.手内操作スキルとその発達
   e.書字,描画から見たハンドスキルの発達
 5 聴覚・言語の機能と発達 <田附松代>
 (1)聴覚の発達
   1.胎児期における聴覚機能の発達
コラム25.胎児も聞いていた
   2.新生児・乳児の聴覚機能の発達
    a.0〜3カ月
    b.3〜7カ月
    c.7〜12カ月
   3.幼児期における聴覚機能の発達
   4.幼児以降の聴覚機能
コラム26.聞こえても聴こえにくい
コラム27.聴こえにくさが孤独へ
   5.聴覚の機能
 (2)言語発達の機能
   1.乳児期における言語・コミュニケーションの発達
    a.新生児期における授乳を通してのコミュニケーションの変化
    b.乳児のクーイングの始まり
    c.咽頭の拡張と傾聴の姿勢
    d.移動が可能になり,発語の準備が整う
    e.「聴く」力の成長
   2.幼児期における言語・コミュニケーションの発達
    a.探索行動を通し,語彙を身につける
    b.自発語の表出
    c.言語理解・表出の爆発的増加
    d.適切なターンテイキングを行う
    e.物語を聴くこと・自身で物語ることを楽しむ
   3.学童期における言語・コミュニケーションの発達
   4.言語の機能
 6 心理・社会的(対人関係)機能 <青木智子>
  1.情緒の発達
  2.思考の発達
   a.アニミズム
   b.自己中心性
  3.社会性の発達
   a.信頼関係の獲得としつけ
   b.対人関係
   c.社会人への準備
   d.交友関係の発達

4章 発達検査について
 1 生涯発達検査の意義 <福田恵美子>
 2 発達測定尺度
 (1)小児系尺度 <黒渕永寿 田附松代>
   1.発達検査の目的
   2.発達検査の種類
   3.各発達検査の概要解説と検査表
    a.一般的発達検査
    b.知能発達検査
    c.感覚・知覚・認知の処理過程の発達検査
 (2)高齢者の検査について <外里冨佐江>
   1.身体機能評価
   2.活動能力の評価
   3.精神機能の評価
   4.心理的評価

索 引