医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

明日のアクションが変わる

循環器救急の真髄 教えます【電子版】

川上 将司 (著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/15
ページ数
418ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,912 (本体¥6,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-13432-4
印刷版発行年月
2017/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
102 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

循環器救急の現場で豊富な経験を持つ著者が,急性期対応から薬物療法,補助循環など,選りすぐりの12テーマについてその“真髄”を語る貴重な書.

目次

第1話 知っておくべき臨床の常識・大原則
 1 「呼吸数」はバイタルサインの王である
 2 「とりあえず検査」体質をなくせ.検査前確率の重要性
 3 血液ガス分析というスピードスター
 4 コモン・イズ・コモン
 5 動かない勇気
第2話 ようこそ,循環器救急の世界へ
 1 Preparation
 2 Primary Survey+E3
 3 初期検査提出
 4 Secondary survey
 5 治療介入
第3話 電撃性肺水腫からはじめる急性心不全入門
 1 急性心不全とは:定義と診断基準
 2 急性心不全の診断におけるナトリウム利尿ペプチド
 3 クリニカルシナリオという共通言語
 4 収縮期血圧:もっとも単純で簡便な循環指標
 5 心不全の臨床像はNohria-Stevenson分類に基づいて整理する
 6 Nohria-Stevenson分類とForrester分類.何が違うのか
 7 Wet=うっ血の所見.うっ血は心不全の本態である
 8 急性心不全患者の初期のマネージメント:CHAMPを除外せよ
 9 心エコーの使い方:血行動態指標を意識する
  10 肺動脈カテーテルと対比させて覚える心エコー指標
  11 よく使う左心系の心エコー指標
  12 よく使う右心系の心エコー指標
 ◎症例実況中継 (1)
  13 電撃性肺水腫の呼吸管理:NPPVの使い方
  14 電撃性肺水腫ではCO2は貯留するのか?
  15 うっ血解除(decongestion)と利尿薬の話
  16 血管拡張薬はただの降圧薬ではない
  17 初期治療がうまくいかないときに知っておくべきこと
第4話 ST上昇型心筋梗塞のイロハとprimary PCI
 1 急性冠症候群とは:概念と分類
 2 急性心筋梗塞の定義:Universal definition
 3 心筋虚血の典型的な症状とは何か
 4 急性冠症候群を疑ったら
 5 急性冠症候群でみられるST変化
 6 ST上昇の誘導による冠動脈閉塞部位診断
 7 STE-ACSのタイムマネージメント
 8 Door-to-device timeのパラドックス
 9 Primary PCIの適応
  10 Primary PCIにおける抗血栓療法:抗凝固薬編
  11 ベアメタルステントと薬剤溶出性ステントの違い
  12 Primary PCIにおけるステントの選択
  13 Primary PCIにおける抗血栓療法:抗血小板薬編
 ◎症例実況中継 (2)
  14 プレホスピタル心電図は有効なのか
  15 STE-ACSにおける酸素投与
  16 ST上昇から責任病変を推測:前壁心筋梗塞の場合
  17 梗塞前狭心症の存在:プレコンディショニングの観点から
  18 不朽の名作:Killip分類
  19 カテーテルのアプローチ部位
  20 冠動脈造影とTIMI血流分類・心筋濃染グレード
  21 Primary PCIにおける血栓吸引療法は有効でない?
  22 Direct stentingは有効か?
  23 再灌流の指標となる促進心室固有調律
  24 Primary PCIと造影剤腎症予防のマネージメント
第5話 急性心筋梗塞の薬物療法を急性期管理の点から考える
 1 β遮断薬
 2 ACE阻害薬
 3 スタチン
 4 硝酸薬とCa拮抗薬
 ◎症例実況中継 (3)
第6話 「遅れてやってきた」心筋梗塞との戦い方
 1 発症から時間が経過した急性心筋梗塞に冠血行再建術は必要か
 2 肺動脈カテーテルと血行動態指標たち
 3 知っておくと便利な混合静脈血酸素飽和度
 4 肺動脈カテーテルは遺産? 循環器科医の本音
 5 強心薬は必要悪?
 6 大動脈バルーンパンピングの理論
 7 大動脈バルーンパンピングにエビデンスなし?
 ◎症例実況中継 (4)
 8 Frank-Starlingの法則
 9 心筋マーカーの推移を発症時期推定に活かす
  10 IABPの離脱のポイント
第7話 心停止後症候群と低体温療法
 1 心停止にまつわる基本事項
 2 突然死と心疾患の蜜月.特に冠動脈疾患
 3 心停止後症候群を知る
 4 低体温療法に強くなる
 5 低体温療法のプロトコール
 6 低体温療法中の管理で知っておくべきこと:PAD編
 7 低体温療法中の管理で知っておくべきこと:合併症編
 ◎症例実況中継 (5)
 8 胸骨圧迫は外傷?
 9 筆者の施設での低体温療法プロトコール
第8話 冠動脈が狭くなかったら考えること
 1 簡単にたこつぼ型心筋症とよばないで
 2 海外から逆輸入:たこつぼ型心筋症の報告
 3 たこつぼ型心筋症はたこつぼの形をしていなくてもよい
◎症例実況中継 (6)
 4 カテーテル室でたこつぼ型心筋症と確定できない場合
第9話 自信がもてるPCPS管理
 1 PCPSの名は
 2 PCPSのエビデンス
 3 PCPSを導入する
 4 PCPS維持中の血行動態評価の鉄の掟
 5 PCPS維持中の心機能回復をみる (1):右上肢の酸素分圧(PaO2)
 6 PCPS維持中の心機能回復をみる (2):呼気終末二酸化炭素分圧(ETCO2)
 7 PCPS維持中の心機能回復をみる (3):肺動脈カテーテルの数値
 8 PCPS維持中の心機能回復をみる (4):大動脈弁開放時間
 9 PCPS維持中の循環不全の改善をみる
  10 PCPS維持中に留意すべき合併症とその対策
  11 PCPSで循環が維持できないときに考えるべきこと
  12 心原性ショックと体血管抵抗
  13 PCPSの離脱:循環器救急領域の最大のイベント
 ◎症例実況中継 (7)
第10話 これだけは知っておくべき右室梗塞
 1 正常な右室について知っておきたいこと
 2 右室梗塞の認識はなぜ重要か
 3 右室梗塞の血行動態を理解する
 4 右室梗塞の心電図診断
 5 右室梗塞の診断基準
 6 右室梗塞の治療:補液だけが治療じゃない!
 ◎症例実況中継 (8)
第11話 急性肺血栓塞栓症の初期治療
 1 急性肺血栓塞栓症の病態
 2 急性肺血栓塞栓症の診断に症状・身体所見はあてになるのか
 3 急性肺血栓塞栓症の検査前確率とは
 4 急性肺血栓塞栓症の初期のマネージメント:診断編
 5 急性肺血栓塞栓症の初期のマネージメント:治療編
 6 急性肺血栓塞栓症の呼吸循環管理とヘパリン
 7 ショックを呈する急性肺血栓塞栓症:Primary reperfusion
 8 ショックのない急性肺血栓塞栓症の治療
 9 知っておきたい,心腔内血栓の意義
 ◎症例実況中継 (9)
第12話 感染性心内膜炎の脅威:急性弁膜症を診断する
 1 感染性心内膜炎診療は常に“challenging”である
 2 経食道エコーの重要性
 3 感染性心内膜炎の手術適応
 ◎症例実況中継 (10)
 4 大動脈弁閉鎖不全症:慢性の場合
 5 大動脈弁閉鎖不全症:急性の場合
 6 急性大動脈弁閉鎖不全症のマネージメント

索引