医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

脳神経外科手術スキルアップガイド【電子版】

菊田 健一郎 (編著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/02/26
ページ数
190ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥9,504 (本体¥8,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-22842-9
印刷版発行年月
2015/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
132 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

脳神経外科専門医に必要な手術手技を網羅した新バイブル.卒後7年目程度の脳神経外科医ならばできなくてはならない手技を,豊富な写真とイラストで解説した.

目次

● Chapter 1 ● 皮膚切開と止血、縫合 【山田真輔、北井隆平】
  皮膚切開と止血
  縫合

● Chapter 2 ● 基本開頭術の作図と皮膚切開
  1.前頭側頭開頭(動脈瘤を題材に) 【橋本智哉】
   本開頭の重要性
   術前準備
    症例1: 未破裂前交通動脈脳動脈瘤における右前頭側頭開頭
    症例2: 破裂脳動脈瘤や被殻出血における右前頭側頭開頭
    症例3: 混合型出血における右前頭側頭開頭
    再手術の症例
  2.側頭開頭〔浅側頭動脈-中大脳動脈(STA-MCA)吻合術、
  2.浅側頭動脈-上小脳動脈(STA-SCA)吻合術〕 【磯崎 誠、菊田健一郎】
    解剖のメルクマール
    STA-MCAバイパスにおける側頭開頭術の留意点
    STA-MCAダブルバイパスの実際
    STA-SCAバイパスにおける側頭開頭術
  3.頭頂開頭(傍正中髄膜腫を題材に) 【東野芳史】
   術前の確認事項
   体位
   皮膚切開と開頭範囲
   Pitfall
  4.正中後頭下開頭 【磯崎 誠】
   体位
   皮膚切開
   筋層切開
   大孔が近づいてきたら
   開頭
   硬膜切開
    症例: 42歳男性
  5.外側後頭下開頭 【有島英孝】
   本開頭の重要性
   術前準備
   麻酔と術前スパイナルドレナージ
   体位と頭部の固定
   皮膚切開の前に頭蓋骨のメルクマールを確認
   皮膚切開の作図
   皮膚切開と内側の筋肉剥離
   後頭下三角での処理
   大後頭孔付近の筋肉剥離のポイント
   後頭骨外側、乳様突起基部の剥離
   開頭

● Chapter 3 ● 慢性硬膜下血腫穿頭血腫洗浄除去術 【山田真輔、北井隆平】
  体位
  バーホールの位置
  皮膚切開
  穿頭
  硬膜切開
  洗浄
  閉創

● Chapter 4 ● 脳室体外ドレナージ術 【山田真輔、北井隆平】
  体位、穿刺部位
  皮膚切開から穿刺まで
  穿刺

● Chapter 5 ● 脳室腹腔シャント術(V-Pシャント術) 【根石拡行】
  手術前準備
  手術方法の選択
  シャントバルブの選択
  シャントバルブを留置する位置
  シャントキットの準備
  手術体位
  手術方法
  手術後の注意点

● Chapter 6 ● 腰椎腹腔シャント術(L-Pシャント術) 【根石拡行】
  手術前準備
  手術方法の選択
  バルブの選択
  シャントキットの準備
  手術体位
  手術方法

● Chapter 7 ● 急性硬膜外血腫の手術 【橋本智哉】
  手術適応
  術前準備
  手術手技
● Chapter 8 ● 急性硬膜下血腫の手術 【橋本智哉】
  手術適応
  術前準備
  手術手技

● Chapter 9 ● 頚動脈の露出 【磯崎 誠】
  頚動脈周囲の解剖
  皮膚切開と術野の展開
  高位病変に対する頚動脈の剥離

● Chapter 10 ● 頚椎前方アプローチ 【有島英孝】
  本アプローチの重要性
  アプローチは右側? 左側?
  術前準備
  手術器具
  麻酔
  体位とセットアップ
  皮膚切開
  中・下位頚椎椎体前面へのアプローチ
  マイクロ操作
  ボックスケージの固定と閉創

● Chapter 11 ● 応用開頭術と静脈洞の止血
  1.Orbitozygomatic approachの開頭 【小寺俊昭】
   対象病変
   手術の実際
  2.Basal interhemispheric approachのための開頭 【小寺俊昭】
   対象病変
   手術の実際
  3.Anterior transpetrosal approachの開頭 【小寺俊昭】
   対象病変
   手術の実際
  4.Posterior transpetrosal approachの開頭 【小寺俊昭】
   対象病変
   手術の実際
   対象病変
   手術の実際
  6.硬膜および静脈洞の止血法 【菊田健一郎】
   皮膚からの出血
   静脈洞をまたぐ開頭
   硬膜および静脈洞からの出血

● Chapter 12 ● 血管内手術のセットアップ
  1.セットアップ 【根石拡行】
   術前準備
   手術台の準備
   圧ラインの準備
   シース
  2.ガイディングカテーテルの誘導 【磯崎 誠】
   Step 1
   Step 2 
  3.急性脳血管閉塞に対する再開通療法の基本手技 【磯崎 誠】
   Trevo Provue ProⓇ(Stryker)を用いた再開通療法
    Step 1 ガイディングカテーテルの誘導
    Step 2 Trevo Provue Retrieverの展開
    Step 3 血栓回収
  4.破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の基本 【磯崎 誠】
    Step 1 マイクロカテーテルのshaping
    Step 2 マイクロガイドワイヤーのshaping
    Step 3 マイクロカテーテルの瘤内への誘導
    Step 4 コイルの挿入
    Step 5 コイルの選択
   番外編 血管内治療での基本手技: Yコネクターのエア抜きの仕方