医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

写真でわかる急変時の看護 アドバンス 改訂第2版【電子版】

心配蘇生法を中心に 処置の流れとポイントを徹底理解!

松月 みどり (監)

東京医療保健大学 和歌山看護学部 看護学科 教授

出版社
インターメディカ
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/04/29
ページ数
140ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,070 (本体¥3,700+税10%)

特記事項
このコンテンツには動画・音声データを含んでいるので、データサイズが大きくなっています(281MB)。【ダウンロード型配信】お使いの端末の空き容量を確保してからダウンロードしてください。また、初回ダウンロードに時間が掛かかるため、Wifi環境でのダウンロードを推奨いたします。
印刷版ISBN
978-4-89996-380-6
印刷版発行年月
2019/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
270 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

気道確保、脈拍の確認、胸骨圧迫、人工呼吸、除細動器の操作など、救命救急処置の手技を、豊富なカラー写真とテキスト・動画で徹底解説した『写真でわかる急変時の看護 アドバンス』が【改訂第2版】としてリニューアル。
【改訂第2版】では、救急や急変の場面でよく見られる「気管挿管の準備と介助」の章を加え、より実践に即した内容に加筆改訂いたしました。
付属動画も、新たなコンテンツを追加し、収録時間:27分(旧版)から、40分(改訂第2版)へボリュームUP。急変時に求められる看護の技が、臨場感を持って学習できます。
JRC蘇生ガイドライン2015に準拠。

目次

CHAPTER.1 急変時の看護
 1 急変に対応する力を身につける
 2 急変時の看護師の役割
 3 「JRC蘇生ガイドライン2015」の特徴


CHAPTER.2 心肺蘇生法 一次救命処置[成人編・小児編]
 成人編
 1 急変患者の発見、応援者・必要物品の要請
  急変患者の発見と安全確認
  反応の確認
  応援者と必要物品の要請
  要請する器材・物品
 2 気道確保、呼吸・脈拍の確認
  用手気道確保
  呼吸・脈拍の確認
 3 胸骨圧迫
  圧迫する姿勢
  胸骨圧迫の実施
  ベッド上での胸骨圧迫の注意点
 4 人工呼吸
  バッグバルブマスクによる人工呼吸
  ポケットマスクによる人工呼吸
  胸骨圧迫と人工呼吸(2人で行う場合)
 5 除細動
  AEDを用いた除細動の実施
  除細動器の操作
  医師による除細動の実施
 6 救急カート
 7 心電図モニターの装着
  心電図モニターの操作

●収録動画
急変患者の発見、応援者・必要物品の要請(35秒)/気道確保、呼吸・脈拍の確認(2分15秒)/
胸骨圧迫(2分)/除細動(AEDを用いた除細動)(2分)/人工呼吸(1分20秒)/
医師が到着するまで(1分)/回復体位(45秒)/危険な胸骨圧迫、効果のない胸骨圧迫(2分40秒)/
除細動器のAEDモードを使用する場合(1分25秒)/バックバルブマスクの機能点検(2分)


 小児編
 1 急変患児の発見、応援者・必要物品の要請
 2 気道確保、呼吸・脈拍の確認
  用手気道確保
  呼吸・脈拍の確認
 3 胸骨圧迫と人工呼吸
  胸骨圧迫
  バッグバルブマスクによる人工呼吸
  胸骨圧迫と人工呼吸(2人で行う場合)
 4 除細動(AED)
   AEDを用いた除細動の実施

●収録動画
急変患児の発見、応援者・必要物品の要請(30秒)/気道確保、呼吸・脈拍の確認(1分50秒)/
胸骨圧迫と人工呼吸(1分55秒)/除細動(AEDを用いた除細動)(1分50秒)/異物除去(50秒)


CHAPTER.3 心肺蘇生法 一次救命処置[乳児編]
 1 急変患児の発見、応援者・必要物品の要請
 2 気道確保、呼吸・脈拍の確認
  用手気道確保
  呼吸・脈拍の確認
 3 胸骨圧迫と人工呼吸
  胸骨圧迫
  バッグバルブマスクによる人工呼吸
  胸骨圧迫と人工呼吸(2人で行う場合)
 4 除細動(AED)
 TOPICS 新生児蘇生法(NCPR)

●収録動画
急変患児の発見、応援者・必要物品の要請(30秒)/気道確保、呼吸・脈拍の確認(1分35秒)/
胸骨圧迫と人工呼吸(2分20秒)/異物除去(1分5秒)


CHAPTER.4 気管挿管の準備と介助
 1 気管挿管の目的
  気管挿管の方法
  気管挿管のリスク
 2 気管挿管の実際
  必要物品の準備と点検
  気管挿管の介助
 3 気管チューブの種類と固定法
  気管チューブの種類
  気管チューブの固定法(テープを使用)
 4 気道確保困難への対応
  マスク換気困難の予測
  マスク換気困難への対応
  挿管困難の予測
  挿管困難への対応

●収録動画
喉頭鏡を組み立てる(1分45秒)/気管チューブの準備[スタイレット挿入・潤滑剤塗布](2分10秒)/
喉頭鏡を渡す(40秒)/気管チューブを渡す(1分5秒)/気管チューブを固定する(45秒)/
異気管チューブの固定法[テープを使用](1分55秒)


CHAPTER.5 急変対応の理解を深める知識と教育
 1 心肺停止患者への対応に必要な知識と看護
  心停止を示す心電図波形を理解する
  可逆的な原因をみつける
  迅速かつ的確に対応するために必要なこと
 2 急変時の倫理的側面と教育
  医療従事者が担う倫理的役割
  急変時に対応する教育
 3 ファーストエイド
  新たに追加された「ファーストエイド」の章
  推奨されるファーストエイド