医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

運動療法のための

機能解剖学的触診技術 下肢・体幹 改訂第2版【電子版】

林 典雄(著者) 青木 隆明 (監修)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/05/18
ページ数
344ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,270 (本体¥5,700+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1137-3
印刷版発行年月
2012/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
160 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

運動器リハビリテーションに関わるすべてのセラピストに欠かせない触診技術を,機能解剖とともに詳解する『運動療法のための 機能解剖学的触診技術』,待望のオールカラー改訂第2版。先に刊行された『上肢』の続刊として,下肢および体幹の触診技術を扱う。
絶大な支持を得た初版に超音波解剖など最新の知見を反映し,フルカラーの写真とイラストで,より見やすく・わかりやすくなった。ボリューム増でさらにパワーアップした,『触診技術』決定版。
本『下肢・体幹』は,「I 下肢の骨」「II 下肢の靱帯」「III 下肢の筋」「IV 体幹」の全4章で構成している。
それぞれ部位ごとに触診に必要な“解剖学的特徴”“機能の特徴”などを,各項目の冒頭に箇条書きにしてまとめ整理。フルカラーのイラスト・写真を用いて,触診に必要な機能解剖の知識,およびその知識に基づく触診技術が身につくよう,詳しく解説した。
さらに臨床に役立つ知識を盛り込んだコラム“Skill Up”を適宜設け,徒手検査法や疾患の知識を解説。現場の理学療法士・作業療法士にも役立つ内容となっている。

目次

I 下肢の骨
 1.骨盤
 ・腸骨稜
 ・上前腸骨棘,下前腸骨棘
 ・上後腸骨棘,仙腸関節
 ・坐骨結節
 2.大腿骨
 ・大転子
 ・大腿骨頭
 3.膝関節周辺
 ・膝蓋骨,大腿骨膝蓋面
 ・大腿骨内側顆,大腿骨外側顆,脛骨内側顆,脛骨外側顆
 ・大腿骨内側上顆,大腿骨外側上顆,内転筋結節
 ・脛骨粗面,Gerdy結節
 ・腓骨頭
 4.足関節および足部周辺
 ・内果,外果,距腿関節
 ・距骨(体,頸,頭,滑車),足根洞
 ・踵骨,踵骨隆起,載距突起,長母趾屈筋腱溝,長腓骨筋腱溝,距骨下関節,踵立方関節
 ・舟状骨,内側楔状骨,母趾中足骨
 ・足根中足関節(リスフラン関節),中間楔状骨,外側楔状骨,第2?5趾中足骨,第5中足骨粗面,立方骨

II 下肢の靱帯
 1.スカルパ三角関連
 ・鼠径靱帯,大腿動脈,大腿神経,大腿外側皮神経
 2.膝関節関連
 ・内側側副靱帯
 ・外側側副靱帯
 ・ファベラ腓骨靱帯
 ・膝蓋靱帯,内側膝蓋支帯,外側膝蓋支帯
 ・内側膝蓋大腿靱帯,内側膝蓋脛骨靱帯,外側膝蓋大腿靱帯,外側膝蓋脛骨靱帯
 ・腸脛靱帯
 3.足関節関連
 ・三角靱帯(内側靱帯)
 ・外側側副靱帯
 ・二分靱帯(踵舟靱帯,踵立方靱帯)
 ・後距踵靱帯
 ・足底腱膜,スプリング靱帯(底側踵舟靱帯)

III 下肢の筋
 1.股関節に関わる筋
 ・腸腰筋,腸骨筋,大腰筋
 ・縫工筋
 ・大腿筋膜張筋
 ・中殿筋,小殿筋
 ・大殿筋
 ・梨状筋,大腿方形筋,上双子筋,下双子筋,内閉鎖筋
 ・長内転筋,恥骨筋
 ・大内転筋
 2.膝関節に関わる筋
 ・大腿直筋
 ・内側広筋
 ・外側広筋
 ・中間広筋,膝蓋上包(膝蓋上嚢)
 ・半腱様筋,半膜様筋
 ・大腿二頭筋長頭,大腿二頭筋短頭
 ・薄筋
 ・膝窩筋
 3.足関節および足部に関わる筋
 ・前脛骨筋
 ・長趾伸筋,長母趾伸筋
 ・腓腹筋,ヒラメ筋
 ・後脛骨筋
 ・長趾屈筋,長母趾屈筋
 ・長腓骨筋,短腓骨筋
 ・母趾外転筋,短母趾屈筋,母趾内転筋
 ・短趾屈筋

Ⅳ 体幹?胸郭・脊柱関連組織
 1.胸郭に関連する諸組織
 ・胸骨柄,頸切痕,胸骨角,鎖骨間靱帯,第1・2胸肋関節
 ・胸骨体,剣状突起,第3?7胸肋関節
 ・第11肋骨,第12肋骨,腰方形筋
 ・乳様突起,胸鎖乳突筋
 ・前斜角筋,中斜角筋,腕神経叢
 2.脊柱に関連する諸組織
 ・外後頭隆起,上項線,下項線
 ・環椎横突起
 ・頸椎棘突起
 ・腰椎棘突起,仙骨正中仙骨稜,椎間関節
 ・胸椎棘突起
 ・腹直筋,外腹斜筋,内腹斜筋
 ・腰部多裂筋

下肢筋の支配神経・髄節レベル一覧