医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

PT・OTのための測定評価DVD Series 4 MMT―体幹・下肢 第2版 HHD測定収録【電子版】

伊藤 俊一(監修) 隈元 庸夫 仙石 泰仁 (編)

出版社
三輪書店
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/08/22
ページ数
190ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,400 (本体¥4,000+税10%)

特記事項
【ダウンロード型配信】専用ビューア内で再生が可能です。ご使用端末の空き容量を確保してからダウンロードしてください。
また、このコンテンツには動画データが収録されているので、データサイズが大きくなっています。初回ダウンロードに時間がかかるため、Wifi環境でのダウンロードを推奨いたします。
印刷版ISBN
978-4-89590-545-9
印刷版発行年月
2016/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

正しい測定・評価ができていますか?

徒手筋力検査法(MMT)は、『人間の主観』によって筋力を判定するということが最大の特徴であるが、逆に臨床経験の乏しいセラピストにとっては、そのことが高いハードルとなっている。

本書では、この難解な検査の信頼性と再現性を向上させるために、絶対に外してはならない重要ポイントを写真および箇条書きで説明、さらに動画を用いることでより一層深く理解し、臨床現場で確実に実践できる内容となっている。
また近年、普及が著しい徒手筋力検査機器(HHD)の測定方法も収録。

MMTは、セラピスト間での評価について明確ではないともいわれるが、本書を通して精度の高い技術、および客観的なデータの確立を目指し、臨床で役立つ評価指針として活用してほしい。

目次

第1章 総論
 1 徒手筋力検査(MMT:manual muscle testing)
 2 意義
 3 目的
 4 判定基準
 5 テスト手技
 6 メイクテストとブレイクテスト,アクティブレジスタンステスト
 7 信頼性
 8 代償動作
 9 固定と抵抗
10 具体的手順
11 その他
12 検査時の留意点
13 おわりに

第2章 体幹
 1 体幹屈曲
 2 体幹回旋
 3 体幹伸展
 4 ソレンセン腰椎伸展テスト
 5 サイドブリッジ持久力テスト
 6 骨盤挙上
 7 安静な呼気(横隔膜の検査)
 8 骨盤底

第3章 下肢 
 1 股関節屈曲
 2 股関節屈曲・外転および膝関節屈曲位での外旋
 3 股関節伸展
 4 股関節外転
 5 股関節屈曲位での外転
 6 股関節内転
 7 股関節外旋
 8 股関節内旋
 9 膝関節伸展
10 膝関節屈曲
11 足関節背屈と内がえし
12 足部の内がえし
13 足部の外がえし
14 足関節底屈
15 足趾複合背屈
16 足趾複合底屈

第4章 筋力測定機器による測定
・徒手筋力測定機器による測定方法
・筋力検査と検査肢位
・筋力検査結果
・代表的な代償動作一覧
・MMT―体幹・下肢
・体幹・下肢の MMT実施チャート
・各検査の肢位・固定または触知・抵抗または支持一覧