医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

消化器疾患最新の治療2015-2016【電子版】

菅野 健太郎 (編)

自治医科大学名誉教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28403-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
512ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥10,800 (本体¥10,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26594-7
印刷版発行年月
2015/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
192 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

最新情報と治療方針を簡潔にまとめた「最新の治療」シリーズの消化器疾患版.巻頭トピックスでは,「炎症性腸疾患-生物学的製剤の課題と展望」「内視鏡と腹腔鏡を用いた胃局所切除術の発展-LECSと関連手技」「C型肝炎抗ウイルス治療は新しい時代に」などの注目テーマを取り上げた.各論では主要な治療法・対症療法といった基本的治療から各疾患の診断・治療・具体的な処方例を詳述.

目次

【内容目次】
巻頭トピックス
 1.新世代の酸分泌抑制薬-カリウムイオン競合型酸分泌抑制薬(P-CAB)
 2.内視鏡検査時の抗血小板薬・抗凝固薬療法ガイドライン
 3.Helicobacter pylori感染胃炎と機能性ディスペプシア
 4.炎症性腸疾患-生物学的製剤の課題と展望
 5.内視鏡と腹腔鏡を用いた胃局所切除術の発展-LECSと関連手技
 6.食道癌に対する胸腔鏡下手術
 7.肝脾腫瘍に対する腹腔鏡下手術
 8.GWASによる肝疾患感受性遺伝子の探索
 9.C型肝炎抗ウイルス治療は新しい時代に
 10.インターフェロンλとウイルス肝炎
 11.消化器癌における重粒子線治療
I章 消化器疾患の主要な治療法
 1.栄養療法
 2.輸血療法
 3.内視鏡的止血法
 4.ステント治療
 5.胃瘻造設とその管理
 6.消化器癌の緩和ケア
II章 消化器疾患の主要な対症療法
 1.腹痛
 2.悪心・嘔吐
 3.吐血・下血
 4.下痢
 5.慢性便秘
III章 消化管疾患
A.食道
 1.アカラシア
  a.内科的治療
  b.外科的治療
 2.食道炎,食道潰瘍およびGERD,NERD
 3.食道・胃静脈瘤
 4.食道癌
  a.早期癌に対する内視鏡的治療
  b.進行癌の外科的治療
  c.進行癌の化学療法,放射線療法,狭窄対策
B.胃・十二指腸
 1.急性胃炎・びらん性胃炎・AGML
 2.Mallory-Weiss症候群
 3.慢性胃炎
 4.機能性ディスペプシア
 5.消化性潰瘍
  a.薬物治療指針
  b.Helicobacter pylori除菌療法
  c.NSAIDs潰瘍の治療
 6.消化性潰瘍の合併症
  a.内科的治療
  b.外科的治療
 7.胃良性上皮性腫瘍
 8.胃MALTリンパ腫
 9.胃癌
  a.早期胃癌の内視鏡的治療
  b.早期胃癌の外科的治療
  c.進行胃癌の外科的治療
  d.切除不能胃癌の治療
 10.胃術後障害
C.腸
 1.腸管感染症
 2.抗菌薬関連腸炎
  a.出血性大腸炎
  b.Clostridium difficile感染(CDI)
 3.吸収不良症候群
 4.蛋白漏出性胃腸症
 5.急性虫垂炎
 6.潰瘍性大腸炎
 7.Crohn病
 8.腸結核
 9.虚血性大腸炎
 10.過敏性腸症候群
 11.小腸の良性腫瘍
 12.mid-GI bleeding
 13.大腸ポリープ・ポリポーシス
 14.大腸癌
  a.早期癌
  b.結腸進行癌
  c.直腸進行癌
 15.大腸憩室の合併症
  a.内科的治療~憩室炎
  b.外科的治療~憩室出血
 16.イレウス
  a.成人の場合
  b.小児の場合
 17.偽性腸閉塞
 18.放射線性腸炎
 19.非特異性多発性小腸潰瘍症,腸管Bechet病
 20.痔核,痔瘻,裂肛
D.消化管全般にわたるもの
 1.急性腹症
 2.好酸球性消化管疾患
 3.膠原病の消化器病変
 4.消化管悪性リンパ腫
 5.消化管カルチノイド(消化管NET)
 6.消化管間質腫瘍(GIST)
 7.横隔膜ヘルニア
 8.鼠径ヘルニア
IV章 肝・胆・膵疾患
A.肝
 1.A型肝炎,B型肝炎
 2.C型急性肝炎
 3.劇症肝炎
 4.B型慢性肝炎
 5.C型慢性肝炎
 6.自己免疫性肝炎
 7.薬物性肝障害
 8.アルコール性肝障害
 9.NAFLD/NASH
 10.肝硬変
  a.一般的治療,外来管理
  b.反復性肝性脳症
  c.腹水
 11.原発性胆汁性肝硬変,原発性硬化性胆管炎
 12.代謝性肝疾患
 13.肝膿瘍,寄生虫性肝
 14.肝
 15.肝良性腫瘍
 16.肝細胞癌
  a.局所療法,TACE,化学療法
  b.外科手術と集学的治療
 17.胆管細胞癌(肝内胆管癌)
 18.転移性肝癌
 19.生体肝移植
B.胆
 1.胆道閉鎖症
 2.胆道感染症
 3.胆
  a.非観血的治療
  b.観血的治療
 4.胆
C.膵
 1.急性膵炎
  a.内科的治療
  b.外科的治療
 2.慢性膵炎
  a.内科的治療
  b.外科的治療
 3.膵
 4.膵癌
巻末付録
 1.ガイドラインの読み方
  a.過敏性腸症候群(IBS)診療ガイドライン
  b.機能性ディスペプシア(FD)診療ガイドライン
  c.大腸ポリープ診療ガイドライン
  d.NAFLD/NASH診療ガイドライン
  e.内視鏡診療における鎮静に関するガイドライン
  f.科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン
 2.主な消化器系薬剤一覧表
  A 消化性潰瘍治療薬
  B 胃腸機能調整薬
  C 健胃消化薬
  D 炎症性腸疾患治療薬
  E 過敏性腸症候群治療薬
  F 止痢薬・整腸薬
  G 下剤
  H 肝・膵治療薬
  I 利胆薬
  J 抗菌薬
  K 消化吸収阻害薬
  L 代謝機能活性薬
  M 抗肥満薬・消化管ホルモン関連薬
  N 消化器癌に用いられる抗悪性腫瘍薬
  O 抗腫瘍薬による嘔気の防止薬
  P その他の消化器系薬剤
  Q 漢方薬