医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

ラングマン人体発生学 第11版

安田 峯生 山田 重人 (訳)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2016/02

人体発生学の定番テキスト、改訂新版

医学部・歯学部などの人体発生学の定番テキストとして、圧倒的な支持を獲得し続けてきたロングセラー、6年ぶりの改訂。受精から胎児までを段階的に記述した総論と、各臓器の発生を提示した各論の2部構成で、人体発生の基本を体系的に学習できる。図・写真は大幅に追加され、本文もアップデート。発生学に繋がる「臨床関連事項」は必要に応じて提示され、臨床に関わりの深い分子遺伝学、分子生物学的知見に関しても解説。

ほんまかいな!根拠がわかる解剖学・生理学 要点39

川畑 龍史  濱路 政嗣 (著)

出版社:メディカ出版

印刷版発行年月:2020/01

【脱!丸暗記の解剖・生理学第2弾やで~】
『なんでやねん!根拠がわかる解剖学・生理学 要点50』に続く第2弾!「おもしろくて最後まで読み通せる」「脱!丸暗記」を受け継ぎ、正常の人体のしくみ解説に加え、より詳しく根拠を示した病態説明や臨床的観点を盛り込んだ。楽しく納得できる解剖生理学の本。

ハインズ神経解剖学アトラス 第4版

佐藤 二美 (訳)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2013/09

基礎と臨床のギャップを埋める!脳神経の定番アトラス、待望の大幅改訂

中枢神経系の機能を理解するために必要な各構造物の情報を、肉眼解剖図やCT/MRI写真をもとに臨床に関連させながら解説するアトラス、8年ぶりの改訂。工夫を凝らした図と写真で、疾患や症状との結びつきがよくわかる。改版にともない、各構造物に関わる症状、疾患の記述が増え、神経伝導路に関する記述が充実。医学生の解剖学実習の副読本、研修医や臨床家の参考書に好適。

もっとよくわかる!腸内細菌叢

健康と疾患を司る“もう1つの臓器”

福田 真嗣 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2019/09

本邦初,新進気鋭の研究者による腸内細菌のテキストが発刊! 病気との関連,研究方法から将来の創薬まで,基礎知識をこの1冊でカバー.医学,生命科学,食品,製薬など健康・疾患にかかわるあらゆる分野におすすめ

新生理学

フルカラー・改訂第7版

竹内 昭博 (著)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2019/08

入門書の定番! 図解で学ぶ生理学の基本
•20年以上にわたって医学生に支持されてきたロングセラー、待望の改訂版。
•臓器・細胞レベルの仕組みをフルカラーで図解し、生命現象をわかりやすく解説しています。
•各項目1〜2ページの読み切り構成。短時間で概要を把握できるので、初学者におすすめです。
•新たな知見に基づいて内容をアップデートし、最新の用語解説を追加しました。

免疫ペディア

101のイラストで免疫学・臨床免疫学に強くなる!

熊ノ郷 淳 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/06

複雑な免疫学を体系的に解説!ビジュアライズされた紙面と豊富なイラストですぐに理解!免疫学の基礎から,がん免疫・腸内細菌など注目の話題までしっかり網羅!河本宏先生描下ろしイラストの表紙が目印です.

NGSアプリケーション

RNA-Seq実験ハンドブック

発現解析からncRNA、シングルセルまであらゆる局面を網羅!

鈴木 穣 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2016/03

次世代シークエンサーの最注目手法に特化した待望の実験書が登場!RNAの基本的解析から発展的手法,各分野の応用例までを,RNA-Seqのプロが広く深く紹介します.

リーズナブル免疫生物学

吉田 龍太郎 (著)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2019/03

“現存する生物は、下等動物であれ、高等動物であれ、それぞれ解剖学的あるいは生理学的には完成品に近い”という著者の考えに基づき、単著でまとめられた免疫学の新たなテキストブック。
著者がそう解釈する理由(reason)として多数の論文を引用し、免疫学の全容を初学者にもわかるよう平易に解説した。

今日のOTC薬 改訂第4版

解説と便覧

伊東 明彦 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2018/04

OTC医薬品の情報をわかりやすく解説した好評書の改訂版。前版までの、解説・便覧・フローチャートの3つのアプローチに加え、新たにマトリックスも用いて解説。同一薬効のOTC薬の違い(成分や使用目的)を見開き2頁で掲載。類似商品が一目で理解できるようになった。OTC薬による薬物療法を網羅した一冊。

日常診療で臨床疑問に出会ったとき何をすべきかがわかる本

片岡 裕貴 (著)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2019/03

日々の診療でぶつかる臨床疑問とは何か、そして、それを解決するためには何が必要なのか、という観点から、臨床研究とは、研究デザインとは、GRADEとは、などなど正しいEBMを実践するうえで知っておかなければならない基本中のキホンをわかりやすく解説する。
初期研修医に対する日常の検索指導や診療ガイドラインの作成、一次研究の実地まで行った著者の経験を余すところなく盛り込んだ“臨床疑問を解決する”ための良書。

新薬理学

フルカラー・改訂第7版

安原 一 (監)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2019/10

◆20年以上にわたり医学生に支持されてきたロングセラー、最新の改訂第7版。
◆膨大な医薬品の中から重要なものだけをチョイス。対比して覚えるべき薬物とともにまとめました。
◆各項目1〜2ページの読み切り構成。短時間で概要を把握できるので、初学者におすすめです。

イラスト解剖学第9版

松村 讓兒 (著)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2017/01

今回の改訂でついにフルカラー。ユニークなイラストとわかりやすい説明で解剖学が驚くほど面白く理解できるテキストとして長年大好評を得てきた書の改訂版。

症状と薬からひも解く 生理学

當瀬 規嗣 (著)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2012/02

本書は,服薬指導を行う際,前提となる疾病を理解するのに役立つ!そして,患者さんが訴える症状が,どのように引き起こされるのか,そのメカニズムがわかる!!
病態生理学,生理学の知識を再確認するのにピッタリの本である.

あたらしい人体解剖学アトラス

佐藤 達夫 (訳)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2009/04

解剖学アトラスの“ネオ・クラシック”

●すでに数多く出版されてきた人体解剖学アトラスを客観的に分析、その弱点を見極め克服し、とくに初学者の学生にとっての使いやすさを徹底的に追究。
●解剖学の授業での使用に最も適した内容はかくあるべき、というヴィジョンにもとづいた教育的アトラスとして編集されており、何をどこまで学び覚えるべきかという観点から、情報を整理、厳選し、わかりやすく提示している。 ①全体のみならず、対象となる器官にフォーカスした局所解剖図を豊富に収載。 ②実際に解剖を行う順番に従って、同じ部位の体表面から深部へと図を並べて掲示。 ③解剖図はすべて、CG(コンピュータグラフィックス)によって表現されている。 ⅰ配色と濃淡により、注目すべき部位が際立つように描き分ける。 ⅱ解剖学的な正確さに基づき、手描きでは到底困難な表現を実現している。 ⅲ深部を透かして見せる表現技法(ゴースト)の採用により、容易に立体的な構造の理解ができる。 ⅳ体表面の輪郭を線画、各部位の位置関係が把握しやすい。 ④各器官の部位を指し示す引き出し線の数を絞り込み、どの解剖図もすっきり、はっきり見える。
●本格的、標準的な解剖学アトラスとして必要十分な情報量を保持しつつ、ムダあるいは当面は不要な部分を徹底的に削ぎ落とすことでスリム化を実現、結果的に廉価にも到達した。

あれだ!即答トレーニング 皮膚病理診断

常深 祐一郎 (著)

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2013/02

皮膚科医に必須のスキル,それが皮膚病理診断.この本では,最低限知っていなければならない組織像を集め,一問一答形式で皮膚病理診断のトレーニングを行う.
何度もめくることで,知らず知らずのうちに診断力アップ.エキスパートを目指す若手医師にお勧め.

ウエスト 呼吸生理学入門:疾患肺編 第2版

桑平 一郎 堀江 孝至 (訳者)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2018/04

名著がさらにパワーアップ!
「正常肺編」との併用により、理解がさらに深まる

原著者Dr.West独自の視点に貫かれた簡潔かつ明瞭な記述により、難解と思われがちな呼吸の生理と病態生理をわかりやすく解説した世界的に定評ある入門書、9年ぶりの日本語改訂版。 改訂にともない画像写真が刷新されるなど内容を更新。正常肺編同様、Dr.Luksが著者に加わり、章末に臨床への足掛かりとなる「症例検討へのいざない」などが追加された。 医学生、研修医など初学者のみならず、呼吸器内科医をはじめとする臨床家のレビューに最適。また看護師、呼吸療法士などコメディカルにも有用。

ウエスト 呼吸生理学入門:正常肺編 第2版

桑平 一郎 (訳)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2017/01

複雑な呼吸生理が手に取るようにわかる、名著中の名著

West博士独自の視点に貫かれ、15ヶ国語に翻訳された世界的に定評ある入門書、8年ぶりの日本語改訂版。難解な正常肺の呼吸生理について、必須事項を抽出、他書にもしばしば引用される明快な図とともにわかりやすく解説。今版より章末ごとに生理学の臨床応用を例示、Q&Aの解説部分もより充実。医学生・研修医の基礎固めに、内科系・外科系問わず臨床家のレビューに最適。看護師、呼吸療法士、MEなどコメディカルにも有用。疾患肺の病態生理をテーマとした「疾患肺編」との併用により、さらに理解が深まる。

≪カラーイラストで学ぶ 集中講義≫

病理学 改訂2版

清水 道生 (他編集)

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2016/07

『医学教育モデル・コア・カリキュラム』に準拠し,イラストを使ってビジュアルで理解する,基礎科目の教科書シリーズ。初版は総論のみで構成していたが,5年ぶりの改訂で「病理学各論」を新設し重要疾患の解説を追加。総論(病気の性状,病因,成り立ち)もさらにわかりやすくなった改訂2版。初版同様,ビジュアルな紙面構成と平易な文章でコアエッセンスを簡潔にまとめ,とっつきにくい基礎科目もするすると頭に入る!圧倒的なビジュアル点数(写真・イラスト・シェーマ図 計900点)で組織像のポイントがよくわかる!また,臨床と結びつく基礎科目となるよう,知識が“臨床とどうつながるのか”“どう活かされるのか”を欄外に掲載。この1冊で,病理学で学ぶべき知識がひととおり身につく!

新組織学第6版

野上 晴雄 (編著)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2016/07

組織学の要点をQ&A形式でコンパクトにまとめた参考書。初学者がイメージしやすいよう、オールカラーで組織と細胞の成り立ちを図解した。

≪CIRCULATION Up-to-Date Books 01≫

透視図→心カテ 断面図→心エコー 見たいところが見える

心臓外科医が描いた正しい心臓解剖図

末次 文祥(著) 池田 隆徳 (監修)

出版社:メディカ出版

印刷版発行年月:2014/04

【心カテ・心エコーに最適の心臓解剖図!】

著者独自の描き方である「透視図」「断面図」で描かれている。透視図は心臓を正面から透かして見たい部位に絞り込み、カテーテル検査・治療に役立つ。断面図は心エコーの参考となるラインで切り取られ、検査に役立つ。かゆいところに手が届く心臓解剖図である。

前のページ 1 2 3 ... 8 次のページ