医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

画像診断 Vol.33 No.12

2013年10月号

【特集】画像からせまる呼吸器感染症

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2013/09

【特集】画像からせまる呼吸器感染症 迅速に適切な治療を開始すべき呼吸不全や免疫低下状態の患者では,CT診断の重要性はより高まっています.そこで本特集では,主にCT所見から呼吸器感染症を考え,初学者にもわかりやすく,浸潤影,すりガラス影・網状影など,CT上の形態別に解説しました.

画像診断 Vol.34 No.9

2014年8月号

【特集】放射線照射後の画像診断

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2014/07

【特集】放射線照射後の画像診断 日本では癌に罹る約3割程度が放射線治療を受けており,治療後の画像所見を適切に評価することが求められています.本特集では画像診断医が知っておくべき癌治療の基本的な事項とともに,最新の知見についてわかりやすく解説.特に照射技術によって生じる特異的な画像変化や,照射後の再発・炎症・壊死などの鑑別に力点を置きました.癌放射線治療後の症例に対する画像診断・評価の精度を高めるために役立つ特集です.

画像診断 Vol.36 No.12

2016年10月号

【特集】薬剤と画像-画像所見から薬剤による変化を想起する-

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2016/09

【特集】薬剤と画像-画像所見から薬剤による変化を想起する- 薬剤による生体内の変化は,画像にも反映されることがあり,治療効果はもちろん,薬剤に起因する偽病変や病変も描出されうる.本特集では,このような薬剤による様々な部位の特異的な画像変化や,他の疾患との鑑別が難しい画像変化も熟知できるよう,幅広く解説.あまり取り上げられてこなかったテーマに迫る.実践的な読影法を学べるようcase-base reviewをも掲載した充実した特集!

がん看護 Vol.22 No.1

2017年1-2月号

エンパワーメント

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2017/01

エンパワーメント がんの医学・医療的知識から経過別看護、症状別看護、検査・治療・処置別看護、さらにはサイコオンコロジーにいたるまで、臨床に役立つさまざまなテーマをわかりやすく解説し、最新の知見を提供。施設内看護から訪問・在宅・地域看護まで、看護の場と領域に特有な問題をとりあげ、検討・解説。告知、インフォームド・コンセント、生命倫理、グリーフワークといった、患者・家族をとりまく今日の諸課題についても積極的にアプローチし、問題の深化をはかるべく、意見交流の場としての役割も果たす。

がん看護 Vol.22 No.2

2017年1-2月増刊号

血液がん 最新治療と支持療法

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2017/02

血液がん 最新治療と支持療法 がんの医学・医療的知識から経過別看護、症状別看護、検査・治療・処置別看護、さらにはサイコオンコロジーにいたるまで、臨床に役立つさまざまなテーマをわかりやすく解説し、最新の知見を提供。施設内看護から訪問・在宅・地域看護まで、看護の場と領域に特有な問題をとりあげ、検討・解説。告知、インフォームド・コンセント、生命倫理、グリーフワークといった、患者・家族をとりまく今日の諸課題についても積極的にアプローチし、問題の深化をはかるべく、意見交流の場としての役割も果たす。

がん看護 Vol.22 No.3

2017年3-4月

がん薬物療法時の急変対応

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2017/03

がん薬物療法時の急変対応 がんの医学・医療的知識から経過別看護、症状別看護、検査・治療・処置別看護、さらにはサイコオンコロジーにいたるまで、臨床に役立つさまざまなテーマをわかりやすく解説し、最新の知見を提供。施設内看護から訪問・在宅・地域看護まで、看護の場と領域に特有な問題をとりあげ、検討・解説。告知、インフォームド・コンセント、生命倫理、グリーフワークといった、患者・家族をとりまく今日の諸課題についても積極的にアプローチし、問題の深化をはかるべく、意見交流の場としての役割も果たす。

画像診断 Vol.32 No.1

2012年1月号

【特集】MRIアーチファクトの光と影

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2011/12

【特集】MRIアーチファクトの光と影 アーチファクトの視点からMRIの本質にせまる総論.MRIにはアーチファクトがつきもの,むしろアーチファクトそのものとされるが,立ちふさがるアーチファクトの影に真の情報が潜んでいることもある.そのような種々のMRIアーチファクトの成因,解消法,アーチファクトの積極的利用法と,診断上のピットフォールを解説した.

画像診断 Vol.32 No.2

2012年2月号

【特集】肺結核症と非結核性抗酸菌症

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/01

【特集】肺結核症と非結核性抗酸菌症 肺結核症と非結核性抗酸菌感染症は,胸部画像診断の中でいまだ重要な位置を占める.特に高齢者の難治性結核症や,免疫不全者の結核症は稀ではない.また結核症の診断の遅れによる重症化や二次感染も問題である.そこで本特集では,結核症,非結核性抗酸菌症の現状や画像診断について,病態に基づき基礎から理解できるよう解説した.

画像診断 Vol.32 No.3

2012年3月号

【特集】泌尿器・婦人科画像診断step further-低侵襲治療時代の主治医の視点-

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/02

【特集】泌尿器・婦人科画像診断step further-低侵襲治療時代の主治医の視点- 泌尿器・婦人科領域の日常遭遇する頻度の高い疾患について,手術・治療手技を整理した上で,その手技に起因する合併症,手技を難渋させる異型・変異,病勢,鑑別などを,画像を中心に解説.特に腹腔鏡下,内視鏡下手術といった低侵襲治療の術前画像評価の際に,通常の開腹手術とは違う,あるいは追加すべき視点などを紹介した.

画像診断 Vol.32 No.5

2012年4月号

【特集】腹部のcommon diseaseの画像スペクトラム-良性疾患も多岐多彩-

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/03

【特集】腹部のcommon diseaseの画像スペクトラム-良性疾患も多岐多彩- 腹部・骨盤のよくある良性疾患の典型画像については解説書が多くあるが,これらの疾患は幅広い画像スペクトラムを示しうる.本特集では,このような良性疾患について,画像所見がいかに多岐多彩であるかを,各領域のエキスパートにわかりやすく解説いただいた.

画像診断 Vol.32 No.6

2012年5月号

【特集】advanced MRI/CTの臨床応用と近未来

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/04

【特集】advanced MRI/CTの臨床応用と近未来 “advanced MRI/CT”は,従来と異なる技術や装置を用いて,これまでの画像コントラストと異なる情報を抽出し,生体評価や病態の性状評価を行う手法である.情報を抽出するために,特殊な解析技術やアプリケーションが必要となることもある.これらの新たな撮影技術や装置,および解析技術などにつき解説した.

画像診断 Vol.32 No.7

2012年6月号

【特集】おさえておきたい脊椎・脊髄画像診断の基本

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/05

【特集】おさえておきたい脊椎・脊髄画像診断の基本 脊椎・脊髄は,骨軟部放射線と神経放射線の2つの分野にまたがる領域で,重要な割には取り上げられる機会は少ない.しかし,日常の読影では目にしていることが多いはずであり,依頼目的外の所見を拾えるのは放射線科医しかいない.本特集では,脊椎・脊髄をまだあまり得意としていない放射線科医が知っておくとよい基本を解説した.

画像診断 Vol.32 No.8

2012年7月号

【特集】知っておきたい呼吸器疾患のガイドライン

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/06

【特集】知っておきたい呼吸器疾患のガイドライン 近年,臨床系の学会から診療ガイドライン,診療の手引き,取扱い規約などが発行され,臨床ではある程度これらに準拠して診療が行われており,放射線診断医もその概要を把握しておく必要がある.そこで本特集では,呼吸器関連学会のガイドライン8点について,画像診断的側面を中心に,その要点を解説した.

画像診断 Vol.32 No.9

2012年8月号

【特集】肝細胞癌治療の現状と画像診断

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/07

【特集】肝細胞癌治療の現状と画像診断 近年の撮像法の進歩により,肝腫瘍や肝血管系の詳細な血流情報の評価,解剖情報,肝細胞機能からの診断が可能となった.また肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法,肝動脈化学塞栓術などの局所治療により,治療効果は向上している.さらに分子標的薬治療や肝移植なども選択可能となった.本特集では,肝細胞癌治療の現状と問題点に焦点を当てて解説した.

画像診断 Vol.32 No.10

2012年9月号

【特集】血管腫・血管奇形の最前線-ISSVA分類に基づいた診断と治療戦略-

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/08

【特集】血管腫・血管奇形の最前線-ISSVA分類に基づいた診断と治療戦略- 体表の血管腫・血管奇形は全身のあらゆる部位に発症し,その発生部位により診療科は多岐にまたがり,疾患概念と治療法に混乱がみられる.しかし近年,ISSVA分類に基づき本疾患を診断し,治療方針を決定することが国際的に標準化しつつある.そこで,この分類を広く関連各科(形成外科,放射線科,皮膚科など)に紹介するべく,解説した.

画像診断 Vol.32 No.12

2012年10月号

【特集】アミロイドーシスの画像診断update

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/09

【特集】アミロイドーシスの画像診断update 全身の臓器や組織にアミロイドが沈着することで機能障害を来すアミロイドーシスは近年,基礎的・臨床的研究が進み,2010年には「アミロイドーシス診療ガイドライン2010」が発表された.それをふまえ,画像診断医が知っておくべき本疾患の最新知識を,総論と臓器別の臨床所見に分けて紹介した.

画像診断 Vol.32 No.13

2012年11月号

【特集】年齢別特徴をふまえた脳神経画像診断-小児から成人まで-

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/10

【特集】年齢別特徴をふまえた脳神経画像診断-小児から成人まで- どの領域の画像診断でも,患者の年齢というのは鑑別診断を挙げる際に欠かせない重要な因子である.本特集では,脳腫瘍,外傷,感染症,脳炎・脳症,脱髄性疾患,先天代謝疾患,脳血管障害など,脳神経疾患の各領域における好発疾患を,年齢別の特徴を考慮して解説した.

画像診断 Vol.32 No.14

2012年12月号

【特集】消化管救急疾患の画像診断

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/11

【特集】消化管救急疾患の画像診断 消化管救急疾患においてMDCTは初期診断,病態把握,治療方針決定に大きな役割を果たすようになった.そのため,放射線科医も熟知しておく必要がある.その代表的な消化管救急疾患,消化管穿孔,消化管出血,消化管閉塞,腸管虚血,急性虫垂炎などを取り上げ,シェーマなどふんだんに使い,わかりやすく解説した.

画像診断 Vol.32 No.4

2012年臨時増刊号

この画像を見たらほぼ決まり!-パターン認識からのアプローチ-

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/03

この画像を見たらほぼ決まり!-パターン認識からのアプローチ- この所見をみたらほぼこの診断で決まり,あるいはかなり鑑別診断を絞り込める,画像が特徴的なcommon diseaseを全身にわたって取り上げた.症例は見開きにて提示,決め手となる所見や解説も簡潔にまとめ,すぐ理解できるようにした.日常臨床に役立つ1冊.

画像診断 Vol.32 No.11

2012年臨時増刊号

読影レポートのエッセンス-common disease診断の要点と表現のコツ-

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2012/09

読影レポートのエッセンス-common disease診断の要点と表現のコツ- 全身の幅広い領域にわたり最低限知らないと困るcommon diseaseを取り上げ,疾患に関する知識のエッセンス,読影レポートを書く際の必須ポイント,具体的症例における画像とレポート例をまとめた.画像診断に対する考え方を深められる一冊.

前のページ 1 2 3 ... 4 次のページ