医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

ぶらなび

血液疾患診療ナビ 第2版

あなたが診ても,ここまでわかる!

宮崎 仁 (編集)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2016/08

~血液を専門としない医師のために~かかりつけ医が診る血液疾患だけを,わかりやすく解説するコンセプトはそのままに,アップデートを施した.「思春期女子の貧血への対処」「血液疾患患者が風邪をひいて来院したら」など,知って得する項目も増補.さらに実践で使える書籍になっている.

血液内科ゴールデンハンドブック 改訂第2版

小澤 敬也 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2016/10

血液内科診療において最低限必要な知識をコンパクトにまとめたマニュアルの待望の改訂版。初版同様、知っておかなければならない疾患とその対処法、血液内科における検査法、診断法、治療法、各種薬剤について記載されているのはもちろん、初版発刊以降の新規治療薬の臨床導入や新規ガイドラインを反映し、内容をアップデート。研修医や血液内科シニアレジデント必携の一冊。

臨床血液内科マニュアル

金倉 譲 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2014/11

血液疾患診療に必要な知識をコンパクトにまとめたハンディマニュアル.血液細胞や病理組織標本のわかりやすい写真を数多く収載したビジュアルなカラーアトラスと診断の要点がすぐわかる「症候・検査異常に基づいた鑑別診断チャート」が特徴的.検査から診療のポイント,診断チャート,レジメン集,支持療法まで幅広く網羅しており,研修医・若手医師にオススメの一冊.

根拠からよくわかる 注射薬・輸液の配合変化 Ver.2

基礎から学べる、配合変化を起こさないためのコツとポイント

赤瀬 朋秀 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/02

注射薬や輸液を扱う薬剤師必携の定番書が改訂!配合変化の予測・回避に必要な知識が根拠から学べて,各章末の演習問題で応用力が身につけられます.基礎の理解から実務まで役立つ,調剤事故の防止に欠かせない1冊!

すぐよくわかる

リンパ腫のやさしい講義

新津 望 (著者)

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2015/07

「リンパ腫は難しい」「どこから学んでよいかわからない」と多岐にわたる病型分類やめまぐるしい治療の進歩にお悩みの方に送る、「気軽に読めるのに、すぐよくわかる!」これまでになかった待望の一冊。講義形式のやさしい語り口で、ガイドラインや成書の行間から最新治療までをかみ砕いて解説。若手医師の悩みをよく知る著者だからこそできる、ここがわからなかった・そこが知りたかったに丁寧に答える。リンパ腫について学び始める方・学びたい方、必読の入門書。

白血病・リンパ腫薬物療法ハンドブック

松村 到 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2016/06

白血病・リンパ腫における薬物療法のエッセンスをコンパクトにまとめたハンドブック.各レジメンの使用薬剤の投与スケジュール,必要な検査,主な副作用が一覧できる図を掲載.プロトコールに加えて,注意点や支持療法,困ったときの工夫などについて解説.また,感染症対策や制吐薬等の主な補助療法も網羅.最新の薬物療法について,必要な情報をすぐに確認できる,便利な一冊.

≪一目でわかるシリーズ≫

一目でわかる輸液 第3版

飯野 靖彦 (著)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2013/05

ベストセラー10年ぶりの改訂。全40章、各章は見開き2頁で完結。患者の体液調整や栄養管理、日常臨床のなかでも最もポピュラーな治療法である輸液療法の基本知識を俯瞰する。付録には、「輸液製剤一覧」「カラー写真でみる輸液器具」を記載。輸液に関して全く予備知識が無い人にもベテランの再学習としても有用。医学生、研修医、看護師、看護学生に最適な入門書。

リンパ系局所解剖カラーアトラス

癌手術の解剖学的基盤

佐藤 達夫 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:1997/09

胃、膵臓、腹大動脈、胸管、卵巣・子宮、乳腺、舌・耳下腺など、身体の問題となる部位の動脈・静脈、神経系・筋膜などの位置関係と連絡形態について、精細なスケッチをカラーで示し、癌手術に資するよう意図したアトラス。

血液疾患最新の治療2011-2013

直江 知樹 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2010/09

年々進歩する血液領域の治療指針と最新情報を整理した新シリーズ.各血液疾患について基本的治療指針,処方の実際,患者管理などを具体的に解説.巻頭トピックスでは「鉄キレート療法の進歩」,「PNHに対する抗体医薬」など,最新の話題11項目を取り上げる.さらに,巻末には血液疾患用薬剤の一覧表を収載.血液内科医だけでなく,すべての臨床医に必携の一冊.

若手医師のためのリンパ腫セミナー

エキスパートによる講義録

日本リンパ網内系学会 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2012/05

日本リンパ網内系学会で若手医師を対象に開催されているセミナーをまとめた,臨場感あふれる一冊.まるで講義に参加しているような感覚で,リンパ腫に関する概要や病理診断,治療法の実際が手にとるようにわかる.「ワンポイントレクチャー」や「レベルアップのために」のほか,復習や力試しができるQ&Aも掲載.研修医,若手血液内科医,病理医の必携書.

超・入門 臨床血液内科アトラス

病理組織診断の苦手意識を克服する!

金倉 譲 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2015/10

初学者にも“楽しく読めて・わかりやすく・すぐに役立つ”をコンセプトにまとめた入門アトラス.大阪大学血液・腫瘍内科学にある膨大な画像からわかりやすいものを厳選して掲載.細胞・組織の写真や病歴,検査値から疾患を当てるクイズを「I章 症例編」に用意し,「II章 技術編」では標本のつくり方,見方をやさしく解説.「V章 疾患各論」では,各疾患の血液細胞・病理組織像に加えて,疾患の概要と診断に役立つ検査所見の要点をまとめた.

多発性骨髄腫治療マニュアル

木崎 昌弘 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2012/04

白血病,悪性リンパ腫とならび,血液内科において重要な疾患の一つである多発性骨髄腫について,その診療のノウハウをまとめた実践テキスト.診断基準,検査所見などの基礎的事項から,ボルテゾミブ,サリドマイド,レナリドミドなどの使い方と有害事象対策,従来の標準治療と新規治療の選択法,造血幹細胞移植の適応判断など,治療の実際,移植,支持療法,緩和ケアまで余すところなく解説.多発性骨髄腫の新たな治療指針を示す決定版.

悪性リンパ腫治療マニュアル 改訂第4版

飛内 賢正 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2015/09

1998年の初版刊行以来,好評を博している決定版マニュアル.今改訂では,ベンダムスチン,モガムリズマブ等の新薬の使い方,詳細なレジメン,FDG-PET導入の実際等の最新情報を収録した.治療方針を立てるために必要な知識を体系的にまとめた,悪性リンパ腫診療に携わる医師・医療スタッフ必読の一冊.

ビジュアル臨床血液形態学 改訂第3版

平野 正美 (監)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2012/01

血液形態の正常・異常に関する基礎知識と疾患特有にみられる変化について,臨床検査初心者ならびに学生にも理解できるよう,豊富なアトラスと簡潔な解説で示す入門書.今改訂では,新しいWHO分類(第4版)に基づき,「10章 モノクローナル抗体を応用した細胞の解析」,「13章 遺伝子検査」をはじめ,内容を全面的にブラッシュアップ.また,図版・画像の点数も増え,より充実.医学部学生,臨床検査医学学生,臨床検査技師にとって最適な書.

わかりやすい血栓と止血の臨床

日本血栓止血学会 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2011/06

血栓止血学は,内科・外科・小児科等領域を問わず横断的に関わる学問領域であり,臨床的にも重要なテーマである.本書は,日本血栓止血学会編集委員会による血栓止血学の網羅的な解説書である.診療が難しいとされる血栓性疾患,出血性疾患について,日常臨床で生じる疑問や臨床上有用な事項を中心にエキスパートがわかりやすく解説.全科医師に必携のテキストブック.

レベルアップのためのリンパ腫セミナー

日本リンパ網内系学会教育委員会 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2014/07

好評書『若手医師のためのリンパ腫セミナー』のアドバンス版.非専門家でもリンパ腫診療の全体像がわかるよう,臨床医が知っておくべきリンパ腫病理の知識,病理医が知っておきたい治療のポイントをわかりやすく解説.「ワンポイントレクチャー」「レベルアップのために」などのコラムのほか,主要項目には”case study”を掲載し,リンパ腫診療を習熟するための工夫が凝らされている.

臍帯血移植の基礎と臨床

浅野 茂隆 (他監)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2014/10

2014年より造血幹細胞移植推進法が施行された。わが国における非血縁者間臍帯血移植は、骨髄移植や末梢血幹細胞移植と並ぶ造血幹細胞移植法の1つとして確固たる地位を確立している。本書は、胎盤の発生・構造・機能から胎生期の造血、臍帯血中免疫細胞の特性などの基礎医学から、細胞採取・分離・保存法、小児・成人に対する移植成績といった臨床編、再生医療を含む新たな試みまで、臍帯血移植の現在と未来を1冊に凝縮した。

造血幹細胞移植診療実践マニュアル

データと経験を凝集した医療スタッフのための道標

神田 善伸 (著)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2015/03

造血幹細胞移植診療全体をカバーしたマニュアルの決定版.本領域のエキスパートである著者が,事前準備・移植の実際・移植後の合併症管理・各疾患別の診療の実際に加え,本領域の論文の読み方と統計のポイントを,膨大なエビデンスと自らの豊富な経験に基づいて丁寧に解説.造血幹細胞移植に携わる全スタッフ必携の一冊.

前のページ 1 次のページ