医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

レジデントノート Vol.22 No.12

【特集】頭部CT・MRIが読めるようになる

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/10

【特集】頭部CT・MRIが読めるようになる 頭部画像の読影に苦手意識のある方,必見!画像オーダーの基本や解剖,よく出会う疾患でのCT・MRIそれぞれの特性をふまえた読影など,異常所見を見分けるために知っておきたい,専門家の読み方を教えます!

救急医学2020年9月号

症例から考える重症外傷診療;あなたならどうする⁉

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2020/09

症例から考える重症外傷診療;あなたならどうする⁉ 重症度判断、輸液・輸血戦略、止血法の選択、銃創・爆傷診療…重症外傷診療の“悩みどころ”について、第一線の救急医・施設ではどのように考え・判断しているのか、症例ベースに徹底解説!

medicina Vol.57 No.10

2020年09月発行

特集 循環器診療2020 どこまで攻めて,どこから引くか?

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/09

特集 循環器診療2020 どこまで攻めて,どこから引くか? 循環器領域ほどカラフルな選択肢を提示する領域は珍しいのではないか。ただ、選択肢が多彩であるからといってそれらすべて選ばなくてはならないということではない。本特集では、循環器内科の各領域における最新のエビデンスを紹介するとともに、それをどのように日本の現場で「適切な形」で活用していくかというところに重点をおき、各界のトップランナーの先生方に概説いただいた。

総合診療 Vol.30 No.10

2020年10月発行

特集 ポリファーマシーを回避する!エビデンスに基づく非薬物療法のススメ

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/09

特集 ポリファーマシーを回避する!エビデンスに基づく非薬物療法のススメ -

LiSA 2020年別冊秋号

周術期管理

出版社:メディカル・サイエンス・インターナショナル

印刷版発行年月:2020/09

周術期管理

Hospitalist Vol.8 No.2 2020

2020年2号

特集:ホスピタリストのための画像診断(1)胸部・縦隔編

出版社:メディカル・サイエンス・インターナショナル

印刷版発行年月:2020/09

特集:ホスピタリストのための画像診断(1)胸部・縦隔編 特集:ホスピタリストのための画像診断(1)胸部・縦隔編

レジデントノート Vol.22 No.10

【特集】救急でもう騙されない!ミミックとカメレオン

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/09

【特集】救急でもう騙されない!ミミックとカメレオン 救急外来に潜む「ミミック(ある疾患と紛らわしい別の疾患)」や「カメレオン(その疾患と気づけない非典型例)」をどう見抜くか? 正しい診断・対処のために押さえるべきポイント・先人の知恵をシェアします.

medicina Vol.57 No.11

2020年10月発行

特集 皮疹はこう見る,こう表現する

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/09

特集 皮疹はこう見る,こう表現する -

レジデントノート増刊 Vol.22 No.5

【特集】改訂版 糖尿病薬・インスリン治療 基本と使い分けUpdate

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/05

【特集】改訂版 糖尿病薬・インスリン治療 基本と使い分けUpdate
大好評号を全面改訂し,欧米と国内の最新ガイドラインに対応!新たに登場した薬剤やインスリンデバイスも加えた,糖尿病治療薬の特徴と使い方を基本から詳しく理解できる!初学者にも初版を読んだ方にも注目の一冊!

画像診断 Vol.40 No.11(2020年増刊号)

解剖と病態生理から迫る呼吸器画像診断

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2020/09

解剖と病態生理から迫る呼吸器画像診断 呼吸器(肺)の画像診断について,解剖にとことんこだわった病態生理の視点から,エキスパート達がわかりやすく解説!胸部単純X線写真・CTによるマクロ解剖と,TSCTによるサブマクロ解剖から構成.この1冊で正常解剖&鑑別診断がみえてくる.

胃と腸 Vol.52 No.5

2017年5月号(増刊号)

図説「胃と腸」所見用語集2017

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/04

図説「胃と腸」所見用語集2017 消化管の形態診断学を中心とした専門誌。毎月の特集では最新の知見を取り上げ,内科,外科,病理の連携により,治療につながる診断学の向上をめざす。症例報告も含め,幅広い疾患の美麗なX線・内視鏡写真や病理写真を数多く提示し,病態を画像で説明。年1回増刊号を発行。

画像診断 Vol.40 No.10(2020年9月号)

【特集】時系列から学ぶ中枢神経疾患の画像診断-MR Retroscopy -

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2020/08

【特集】時系列から学ぶ中枢神経疾患の画像診断-MR Retroscopy - 中枢神経疾患において,初回画像,経過画像と時間軸に沿った画像を提示し変化に着目.鑑別診断の精度向上につながるよう症例画像から,画像所見の経過やキーとなる画像所見,診断のポイントを解説.中枢神経疾患についてRetroscopyできる一冊.

胃と腸 Vol.55 No.5

2020年05月発行(増刊号)

特集 消化管腫瘍の内視鏡診断2020

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

特集 消化管腫瘍の内視鏡診断2020 -

jmedmook51 あなたも名医!もう困らない救急・当直 ver.3

当直をスイスイ乗り切る必殺虎の巻!

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2017/08

大変お待たせしました!読者の皆様の熱烈なラブコールに応えて,ついについに林先生の「もう困らない救急・当直」ver.3の登場です!ver.3では従来の29項目の内容の大幅なアップデートに加え,「精巣救急」「精神科救急」「救急の処方」の3項目も新たに加わりました。こんなにパワーアップしたにもかかわらずお値段はこれまでと同じ3500円(本体価格)!こんなお得な本がこれまであったかしら???
「決め手となる思考回路はこれだ!」「鑑別診断のキモ」は必ず目を通しましょう!系統立てたアプローチを頭に入れておけば,怖い疾患やよくある疾患を想定しながら,あなたも動けるようになります! 患者さんの期待に応えてこそ良い救急。患者さんに「来てヨカッタ」と言わせたあなたこそ本物の名医です!

レジデントノート Vol.22 No.7

医学情報を獲りに行け!

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/07

医学情報を獲りに行け! 医学情報は自ら考え取捨選択してこそ真の学びにつながる――臨床的疑問解決の考え方と,情報検索・整理ツールを使いこなすために知っておきたいそれぞれのメリット・デメリットや実践的な使い方,Tipsを紹介!

循環器ジャーナル Vol.68 No.4

2020年10月発行

特集 抗血栓療法 日常臨床での疑問に応える

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/09

特集 抗血栓療法 日常臨床での疑問に応える -

medicina Vol.57 No.6

2020年05月発行

特集 教えて!健診/検診“ホントのところ”エビデンスを知り,何を伝えるか

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

特集 教えて!健診/検診“ホントのところ”エビデンスを知り,何を伝えるか 診断や治療に比べて、日常診療で健診や検診のエビデンスを意識する機会は少ない。しかし漠然と「受けておくに越したことはない」と考えて、患者や家族に勧めてはいないだろうか。見落とされがちだが、健診/検診のデメリットとは、単に「侵襲性があるか」といったことだけではない。本特集では現状のエビデンスに基づいて、患者や家族にどのような情報を提供すべきなのかを明らかにする。

胃と腸 Vol.54 No.5

2019年5月発行 (増刊号)

消化管疾患の分類2019-使い方、使われ方

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2019/04

消化管疾患の分類2019-使い方、使われ方 -

消化器外科2020年10月号

手術の達人から学ぶ基本手技

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2020/10

手術の達人から学ぶ基本手技 正しい手術機器の使い方、正しい術野展開の方法、効率的な左手の使い方など、開腹手術・腹腔鏡下手術・ロボット手術の基本手技について、手術の達人がそのエッセンスをわかりやすく解説。手術が上手になりたい消化器外科医にとって役立つ特集となっている。

Hospitalist Vol.6 No.4 2018

2018年4号

特集:心不全

出版社:メディカル・サイエンス・インターナショナル

印刷版発行年月:2019/02

特集:心不全 本特集では,急性心不全を「救急外来でみたとき」に,その「入院後超急性期」「慢性期」「終末期」に,それぞれ何をすべきかをまとめます。急性心不全は,エビデンスのある治療がほとんどなく,生理学に応じた治療を理解し,目の前の患者の心不全の生理を考察し,それに対する介入が重要です。一方,慢性心不全は,生理学のみならずアウトカムスタディに基づく治療(エビデンス)が重要です。今回はその双方を盛り込んで企画しました。

心不全はStage分類でも理解できますが,「進行性の病気」であり予後が悪く,例えばStage 4の癌患者より,目の前の心不全患者のほうが予後が悪い場合があります。したがって,予後予測とそれを適切に伝えるスキルが必要になります。予後改善を目指した治療の導入のみならず,まさかのプランを患者とともに話し合うアドバンス・ケア・プランニングも,心不全ケアには必須です。最大限に治療をしても症状がとれない末期心不全になると,症状緩和が重要になります。家族へのグリーフケアも意識せねばなりません。これらの内容も盛り込んでいます。

すべての循環器患者を専門医だけでケアするのはとても難しい時代が到来しつつあります。循環器医と総合内科医が協力して心不全を管理していくために,本特集がまずその共通言語を提示するものとなり,将来を見すえた診療の橋渡しの1つとなることを目指します。

前のページ 1 2 3 ... 144 次のページ