医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

jmedmook51 あなたも名医!もう困らない救急・当直 ver.3

当直をスイスイ乗り切る必殺虎の巻!

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2017/08

大変お待たせしました!読者の皆様の熱烈なラブコールに応えて,ついについに林先生の「もう困らない救急・当直」ver.3の登場です!ver.3では従来の29項目の内容の大幅なアップデートに加え,「精巣救急」「精神科救急」「救急の処方」の3項目も新たに加わりました。こんなにパワーアップしたにもかかわらずお値段はこれまでと同じ3500円(本体価格)!こんなお得な本がこれまであったかしら???
「決め手となる思考回路はこれだ!」「鑑別診断のキモ」は必ず目を通しましょう!系統立てたアプローチを頭に入れておけば,怖い疾患やよくある疾患を想定しながら,あなたも動けるようになります! 患者さんの期待に応えてこそ良い救急。患者さんに「来てヨカッタ」と言わせたあなたこそ本物の名医です!

総合診療 Vol.28 No.1

2018年1月号

特集 シン・フィジカル改革宣言! 私の“神技”伝授します。

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/12

特集 シン・フィジカル改革宣言! 私の“神技”伝授します。 好評を博した2016年2月号「フィジカル改革宣言!」の第2弾。身体診察において問題となる「診察者間の差」。その差を埋めるべく、身体診察への強い想いをもった“フィジカル師範”に、自身の得意とするところの“神技”を披露していただいた。この技を信じて実践し、古くて新しい身体診察の風を、全国に吹かせてほしい。

レジデントノート Vol.19 No.16

2018年2月号

【特集】「肺炎」を通してあなたの診療を見直そう!

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/01

【特集】「肺炎」を通してあなたの診療を見直そう!
 研修医なら誰もが経験する肺炎診療を通して,疫学・身体所見・診断・治療・予防などすべての疾患に共通する診療への臨み方を熱く紹介.何を考え,どのように行動すべきかを知り,真の臨床力を身につけよう!

循環器ジャーナル Vol.66 No.1

2018年1月号

循環器診療 薬のギモン-エキスパートに学ぶ薬物治療のテクニック

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/12

循環器診療 薬のギモン-エキスパートに学ぶ薬物治療のテクニック -

循環器ジャーナル Vol.65 No.3

2017年7月号

特集 不整脈診療 ずっと疑問・まだ疑問

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/06

特集 不整脈診療 ずっと疑問・まだ疑問 -

呼吸器ジャーナル Vol.66 No.1

2018年2月号

呼吸器救急診療ブラッシュアップ 自信をもって対応できる

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/01

呼吸器救急診療ブラッシュアップ 自信をもって対応できる -

Gノート Vol.4 No.8

2017年12月号

【特集】プライマリ・ケア医だからできる精神症状への関わりかた

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/12

【特集】プライマリ・ケア医だからできる精神症状への関わりかた
せん妄,不眠,ストレスやアルコールの問題,希死念慮…プライマリ・ケアで非専門医が困る精神症状への対応を,精神科医と総合診療医のコラボで教えます.エビデンスと経験に基づいた現場目線の解説で実践的!

循環器ジャーナル Vol.65 No.1

2017年1月号

特集 Clinical Scenario による急性心不全治療

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2016/12

特集 Clinical Scenario による急性心不全治療 -

レジデントノート Vol.19 No.18

2018年3月号

【特集】敗血症を診る!リアルワールドでの初期診療

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/02

【特集】敗血症を診る!リアルワールドでの初期診療
Sepsis-3の診断基準による早期診断,初期抗菌薬投与,循環・呼吸管理,さらに心機能・腎機能低下や呼吸不全など基礎疾患のある場合の対応まで解説.教科書通りにはいかない敗血症初期診療のリアルがわかる!

medicina Vol.55 No.2

2018年2月号

特集 デキる内科医の神経内科コンサルト

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/01

特集 デキる内科医の神経内科コンサルト 日常診療で神経疾患を疑う患者に遭遇することは少なくない。しかし、神経内科へコンサルトする前に、内科医はどこまで診察・検査を行い、鑑別を絞っておくべきなのだろうか。本特集では、ひときわハードルが高いと思われがちな神経内科へのコンサルトについて、症候・疾患別にそのポイントを解説。スマートなコンサルト法を身につけたい医師必見!

medicina Vol.54 No.13

2017年12月号

特集 骨関節内科

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/12

特集 骨関節内科 骨と関節に関する愁訴は多いが、主治医として内科ができることも多い。知っておくことで患者が救われ、不必要な検査・治療や整形外科コンサルトを減らし、ひいては良い医師患者関係と他科連携の構築に繋がるとも言えるかもしれない。本特集は、局所の解剖とcommon diseaseを多数の図を用いて解説し、骨関節と関連の深いリウマチ膠原病の内容も含んだ-網羅性に富む「骨関節内科」のテキストである。

循環器ジャーナル Vol.65 No.4

2017年10月号

ACSの診断と治療はどこまで進歩したのか

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/09

ACSの診断と治療はどこまで進歩したのか -

jmedmook52 あなたも名医!徴候から見抜け! 小児救急疾患

押さえておきたい各徴候の病態と対応スキル

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2017/10

初期に集中する多くの軽症疾患の中に重篤化する疾患が隠れています!

日常診療で重篤化する疾患の見逃しを避けるにはどうすればよいのか?100人の軽症患児の中から1人の重篤患児を見抜くことができるようになるために、また、多くの医療従事者が抵抗なく、難なく小児救急医療を行えるようになることをめざして本書をつくりました!

読者が「ある,ある!」と納得するようなピットフォールや、さらにはオリジナルの裏技も紹介!

本書を読むことで、受診した子どもたちと保護者にきっと笑顔が生まれます!

jmedmook53 あなたも名医!肺癌を見逃さない!

画像読影のコツを押さえよう

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2017/12

いまやわが国の死因トップに躍り出た肺癌。肺癌の早期診断のためには、まずはファーストステップの胸部X線写真の読影のコツを身につけ、必要とあればCT画像、PET画像などの診断機器による質的診断を行う施設への橋渡しができるように最新情報をインプットしておくことが必要です。プライマリケアの現場で自ら的確な診断をするための手引きとなるよう、また実践に役立つ知恵を身に付けるための教材としてご活用下さい!

呼吸器ジャーナル Vol.65 No.4

2017年11月号

特集 肺癌-最新の治療戦略と失敗しないための秘訣

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/10

特集 肺癌-最新の治療戦略と失敗しないための秘訣 -

循環器ジャーナル Vol.65 No.2

2017年4月号

特集 心電図診断スキルアップ

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/03

特集 心電図診断スキルアップ -

総合リハビリテーション Vol.46 No.2

2018年02月号

特集 脳卒中のリハビリテーション処方

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/02

特集 脳卒中のリハビリテーション処方 2000年に回復期リハビリテーション病棟の制度が創設され,脳卒中回復期における医学的リハビリテーションは少なくとも量的には整備されてきました.しかしその内容は千差万別であり,また急性期と生活期のリハビリテーションには課題が山積しています.本特集は,脳卒中のリハビリテーション処方に焦点を当て,リハビリテーション科専門医の立場から,処方箋(依頼箋)にどのようなことを記載して情報共有し,リハビリテーション計画を立案・推進すべきなのかを考えることを目的に企画しました.

レジデントノート Vol.19 No.3

2017年5月号

【特集】1から始める輸液 〜基本中の基本からおさえる!

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/04

【特集】1から始める輸液 〜基本中の基本からおさえる! 体液組成や水分分布などの基礎知識や輸液の種類・選び方・調節の考え方などを解説.救急・病棟・周術期でよくみる状況にまずどう対応すべきかがわかります.出だしの1冊としても,おさらい用としても役立ちます!

実験医学 Vol.36 No.3

2018年2月号

【特集】「病は気から」の謎に迫る Neuroimmunology

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/02

【特集】「病は気から」の謎に迫る Neuroimmunology
神経免疫やNeuroimmunologyという言葉を最近よく耳にする,目にするという人もおられるのではないだろうか? 神経免疫は神経系と免疫系の密接な相互作用を紐解く分野であるが,近年,この両者の相互作用解析により,神経変性疾患や免疫性疾患の病態形成機構が明らかとなりつつある.また,私たちが経験的に感じていた「病は気から」の科学的根拠も明らかになってきた.近年,急速に発展している神経免疫分野は,さらに他の分野と融合することでますます発展しうる.本特集が神経免疫分野を広く浸透させ,他の分野との融合のきっかけとなってくれればありがたい.

腎と透析82巻5号

2017年5月号

【特集】透析医療の進歩 2017

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2017/05

【特集】透析医療の進歩 2017

前のページ 1 2 3 ... 51 次のページ