医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

組織学 第20版

阿部 和厚 (著)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2019/02

驚くほどに精密な人体組織学の世界を存分に楽しめ,総論から各論までを網羅した教科書.20版では前版を大々的にリニューアルし,模式図・顕微鏡写真(700枚以上)を収載,また,電子顕微鏡写真には着色加工を施し理解しやすく工夫した.理解を助けるために肉眼解剖のイラストも随所に掲載.定評のある機能の解説は,より充実に努めた.

Qシリーズ 新解剖学<第7版>

加藤 征 (監修)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2019/02

信頼のロングセラー 待望の改訂版!
20年以上にわたって医学生に支持されてきたロングセラー、待望の改訂第7版。
解剖学の要点を、カラー図版360点とともにコンパクトにまとめました。
各項目1~2ページの読み切り構成。短時間で概要を把握できるので、初学者におすすめです。

イラスト解剖学第9版

松村 讓兒 (著)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2017/01

今回の改訂でついにフルカラー。ユニークなイラストとわかりやすい説明で解剖学が驚くほど面白く理解できるテキストとして長年大好評を得てきた書の改訂版。

骨格筋ハンドブック 原書第3版

ー機能解剖からエクササイズまで一目でわかる

野村 嶬 (監)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2018/03

スポーツや運動療法の実践家に欠かせない知識である骨格筋の1つ1つについて、それぞれ1ページを割いてイラストで簡潔に解説した。起始・停止・作用の他、その筋を使う動作や関連する怪我を効率的に覚えられる。今版では、初版で割愛した筋を収載した他、体の動作への関与別に筋をまとめたページや筋の神経支配の経路をずじしたページが付録に加わるなど大幅な改訂がなされて総ページ数が倍増した。誌面デザインはシンプルなものに一新されて一層みやすくなった。筋膜と生体動作に関する最新の理論も紹介されている。

マウス組織アトラス

岩永 敏彦 (他著)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/12

長年組織学の第一線で活躍してきた著者ならではの、簡にして要を得た構成で、マウス正常組織の全体像が理解できる。ノックアウトマウスの形態学的変異を確認するには最適の資料となる。マウス実験に取り組むあらゆる分野の研究者の羅針盤となる一冊。標本作成、抗体選定、染色のすべてを惜しみなく解説した充実の付録は、一見の価値あり。

コメディカルのための専門基礎分野テキスト

解剖学 改訂3版

五味 敏昭 岸 清 (編)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2018/02

解剖教育・研究歴20年以上の専門家が,その豊かな経験をもとに懇切に執筆した好評の書.文章は短く簡潔に
読みやすくし図表を多様して学習の便宜を図っている.

解剖学

坂井 建雄 (監)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/11

解剖学のセミナー実績多数,解剖経験も豊富な理学療法士による書き下ろし.運動器を中心に器官系まで,セラピスト目線で解剖学の基本をわかりやすく解説.近年注目の筋膜についてもしっかり記載.

新版 フローサイトメトリー もっと幅広く使いこなせる!

マルチカラー解析も、ソーティングも、もう悩まない!

中内 啓光 (監)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2016/09

マルチカラー解析や各種細胞のソーティングについて、蛍光色素の選び方、機器のセッティング、実験プロトコールを、多数の研究事例とともに紹介!マスサイトメーターや1細胞発現解析などの新技術も網羅します!

伝わる医療の描き方

患者説明・研究発表がもっとうまくいくメディカルイラストレーションの技術

原木 万紀子 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/03

患者説明+イラスト=信頼.研究発表+イラスト=評価.素材集もいいけどイラスト探しは意外と大変.どうせなら自作で差をつけませんか? 忙しい医療者でも実践可能なコツを美術解剖学のプロが最小限の言葉で解説.

新解剖学第6版

加藤 征 (監)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2011/03

フルカラーのイラストで徹底図解。キーワードを色刷りで強調。要点が一目で分かる。

新発生学第4版

白澤 信行 (編著)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2012/10

人体発生学のエッセンスを見開き1テーマでまとめた参考書。フルカラー新装版。

新組織学第6版

野上 晴雄 (編著)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2016/07

組織学の要点をQ&A形式でコンパクトにまとめた参考書。初学者がイメージしやすいよう、オールカラーで組織と細胞の成り立ちを図解した。

カラー図解

脳神経ペディア

「解剖」と「機能」が見える・つながる事典

渡辺 雅彦 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/07

終脳・脊髄・神経の投射といった「解剖」と,視覚系・運動系などの「機能」を,相互に関連づけながら整理して解説.バラバラになりがちな構造と機能のピースがぴたりとはまる!全体像の理解に役立つMRI画像も収録

≪カラーイラストで学ぶ 集中講義≫

解剖学

坂井 建雄 (編集)

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2012/04

医学・医療において,すべての基本になる解剖学。ミクロからマクロまでの解剖知識を,学生が身につけるべきポイントに絞って基本から丁寧に解説。約600点の豊富なイラストで人体構造を根本から理解できる,ビジュアル解剖学書の決定版!

神経科学―形態学的基礎

間脳[1] 視床下部

佐野 豊 (著)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2003/09

神経研究の揺籃期から今日に至るまでの歩みを書きとめた歴史的大著。歴史的基盤に立脚し,形態学的事実を生理学,生化学,分子生物学,分子遺伝学などの知見と融合させて詳細に解説。神経科学研究の鳥瞰図的大作。

消えゆくY染色体と男たちの運命

オトコの生物学

黒岩 麻里 (著)

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2014/03

退化して滅ぶか?あらたな進化か?それとも……
Y染色体が消えつつあるオトコがいま存続をかけて究極の選択を迫られている.
本書は遺伝子の組換え,欠失など高校生物で習う生命現象がふんだんに盛り込まれており,生物学の入門書としても最適.

前のページ 1 次のページ