医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

≪ただいま診断中!≫

救急心電図 ただいま診断中!

布施 淳 (著)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2018/09

「先生!ST上昇っぽいです」それは「事実」ですか?それとも「解釈」ですか? 心電図の読影とその情報を共有
する医療チームにとって、一番大事なことは「事実」を共有して適切な処置を行うこと。一番いけないことは誤っ
た「解釈」がまるで「事実」であるかのように伝わってしまうこと。そこで本書では、「事実」と「解釈」にこだ
わり、心電図読影のポイントと適切なタイミングで上級医や専門医にコンサルトするためのノウハウを解説。

第43回救急救命士国家試験問題解答・解説集

山本 保博 (監修)

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2020/06

毎年恒例・第43回『救急救命士標準テキスト』のへるす出版による、救急救命士国家試験問題解答・解説集!
改訂第9版 ・改訂第10版の標準テキスト参照ページを掲載

@ER×ICU めざせギラギラ救急医

薬師寺 泰匡 (著)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2017/11

・ブログ『@ER×ICU 救急医の日常』や日経メディカルOnlineのコラム連載で大人気の薬師寺泰匡先生が贈る、救急医の実態調査レポート。救命救急センターとERとの違いといった日本の救急医療の仕組みから、救急医の日常業務やプライベートの過ごし方、さらには優れた救急医になるためのアドバイスまで、軽妙な文章でわかりやすく解説。
・今後の専門分野として救急を考えている初期研修医、将来の専攻に悩む医学生などなど、救急に興味のある方へ今まであまり知られていなかった「リアル救急医」の世界をご紹介します。

改訂第3版 救急撮影ガイドライン

救急撮影認定技師標準テキスト

日本救急撮影技師認定機構 (監修)

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2020/04

救急領域で活躍する診療放射線技師のための ―救急撮影ガイドライン―
4年ぶり待望の改訂!

改訂第5版 救急隊員標準テキスト

救急隊員用教本作成委員会 (編集)

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2018/12

本書は救急医学・医療を取り巻く環境が日々進歩し続けるなか,最新の知見に基づき,必須の医学的知識と現場活動の実際を網羅的に解説した,救急隊員必読の標準テキストです。救急隊員と救急救命士の役割分担の違いを踏まえた記述を行い,“救急救命士を目指す救急隊員”にも物足りなさを感じさせない「1冊完結型」の教科書が完成しました。

第42回救急救命士国家試験問題解答・解説集

山本 保博 (監修)

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2019/05

毎年恒例・第42回『救急救命士標準テキスト』のへるす出版による救急救命士国家試験問題解答・解説集!

第41回救急救命士国家試験問題解答・解説集

山本 保博 (監修)

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2018/05

毎年恒例・第41回『救急救命士標準テキスト』のへるす出版による救急救命士国家試験問題解答・解説集!

救急救命士実践力アップ119

桂田 菊嗣 瀧野 昌也 (編著)

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2019/04

救急救命士国家資格の取得はゴールではありません。資格取得後から本当の学びが始まります。本書は救急救命士国家試験問題集ではなく、救急救命士という職業人のためにつくられた、今までにない"新しい"問題解説集です。
現場に必要な知識とスキルを問題で悩みながら学べ、図表つきの解説でわかりやすく理解できます。
119番通報を受け出動すると待ち受ける現場を再現し、五者択一式だけではなく、図示する問題、組み合わせを答える問題、穴埋め問題などバリエーション豊かな問題形式が順不同で119問並んでいるため、現場をシミュレーションしながら知識とスキルを磨けます。

問題は大きく、基本問題と応用問題に分かれていますが、問題ごとに領域別に分類されているため、領域を選んで学ぶことも可能です。

【領域分類】
A 人体の構造と機能(解剖、生理)
B 救急活動一般(制度、法令、活動総論)
C 観察、処置
D 内因性疾患、症候
E 外因性疾患:外傷
F 外因性疾患:外傷以外

キミはいくつ解けるか?!

現場で使える

プレホスピタル実践英会話ポケットブック

藤原 ウェイン 翔 (著)

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2020/02

消防隊員・救助隊員・救急隊員・救急救命士が今すぐ使える英会話フレーズ集

【救急編】では、よくある症状・症候をピックアップし、現場で必要な対応を見やすいレイアウトで表現した救急隊と傷病者や家族の対話形式で学べます

#主なアレルギー・さまざまな症例・手術歴など、関連用語を多数紹介
#PointやTipsで紹介される米国で用いられている単位の説明などから、言葉だけでなく文化も学べます

【救助編】では、火災をはじめ、台風などの自然災害や多数傷病者発生事案における現場にも対応した対話形式で学べます

★インバウンド対策に最適★

ER救急診療オンコール

Samuel M. Keim (著)

出版社:丸善出版

印刷版発行年月:2009/07

初期研修医はもとより、3~5年目の後期研修医、なかでも内科系・救急系学生のベッドサイドでの必携書。救急の現場で、効率のよい評価や治療をする上での貴重なツール。9編で構成、うち前半4編では症例、緊急収集情報、鑑別診断、緊急検査、治療、IDC、診断、Q&Aの統一フォーマットにより明快に記載、本書のハイライトとなっている。

救急隊員のための救急搬送戦略2

外傷・整形外科編/必発の内科主訴編/困難事例編

増井 伸高 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2019/03

救急隊員が搬送現場で“何を考えてどう動くべきか”を解説する実践書の第2弾が登場!一見地味な外傷に麻痺や腹痛,高齢者や急性薬物中毒…といった困難な事例でも,適切な病院へ搬送できるようになる一冊!

救急隊員のための救急搬送戦略1

心肺停止編/意識編/小児編/疼痛編

増井 伸高 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2019/01

救急隊員が搬送現場で求められる情報収集や病院選定などを進めるコツや考え方を,事例にもとづいて場面毎に解説.患者を確実に受け入れてもらうための“キメゼリフ”など,実践で役立つ知識が満載の一冊です!

救急救命士によるファーストコンタクト 第2版

病院前救護の観察トレーニング

郡山 一明 (著)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2012/02

「体の部位に着目する観察から、病態に着目する観察へ」「値に着目する判断から、変化に着目する判断へ」。好評を博した初版に、新たに「トレーニング論」「Oxygen Delivery」「中枢神経の観察」などの章を加えた待望の第2版。マヨネーズで心拍出量、山手線で循環不全(うっ血)など、身近なたとえで病院前救護に必要な病態生理がよくわかる! 救急救命士はもちろん、医学生、看護師、研修医にも推薦。

前のページ 1 次のページ