医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

レジデントのための腎臓教室

ベストティーチャーに教わる全14章

前嶋 明人 (著)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2017/11

・初期研修医のための『ベストティーチャー』シリーズ最新刊。腎疾患の診かたを、基礎から無理なく学べる入門書です。
・腎機能検査、糸球体疾患の分類、水電解質、酸塩基平衡・・・みんながつまずくポイントを「わかりやすさ重視」で解説しました。
・成人の8人に1人が慢性腎臓病と言われる今、どの診療科においても腎臓病学の知識が必須となっています。これから腎臓内科をローテートする方はもちろん、腎臓病診療のエッセンスを身に付けたい他科の先生方にもお勧めします。

急性腎障害のためのKDIGO診療ガイドライン

日本腎臓学会 KDIGOガイドライン全訳版作成ワーキングチーム (監訳)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2014/01

透析装置および関連機器の原理(構造・機能)とメインテナンス 4

山下 芳久 (編集)

出版社:日本メディカルセンター

印刷版発行年月:2018/06

本書は透析装置の基礎を勉強することを目的として、透析装置や透析システムに関連した各種機器や装置について、その構造・機能と共にメインテナンス方法までをわかりやすく解説することにより、透析装置とその周辺機器の理解と使い方を修得することができるものを目指した。学術的に、一つ一つの装置について原理・基礎を簡潔にわかりやすく解説.

腎生検からここまで解る臨床病態50症例

重松 秀一 (監)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2014/07

血液浄化療法ポケットハンドブック

岡田 一義 (監)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2014/07

腹膜透析入門 増補版

これで安心!PDライフ

川口 良人 (監)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2014/06

慢性腎臓病の評価と管理のためのKDIGO診療ガイドライン

日本腎臓学会 KDIGOガイドライン全訳版作成ワーキングチーム (監訳)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2014/07

疾患への理解を深める

病態生理学

副島 昭典 (他編)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2013/04

急性腎不全・AKIを理解する

臨床と基礎研究の最前線

菱田 明 (著者)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2010/06

透析膜の生体適合性

透析膜の素材はいかに関与するか

内藤 秀宗 (監修)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2010/03

本書は、透析医療の研究の足跡が記載されるとともに現在の生体適合性、透析膜-血液相互細孔径反応、高齢者透析などの研究の先端の現況が明確にまとめられ、今後の透析医療や研究の方向性を示す著作として欠かせないものと考える。わが国では優れた製膜技術により高品質の高分子膜が開発され、世界でも最先端を走っているものと思われる。これは医と工が見事に刺激し合い切磋琢磨したことを示すものであり、今日の透析医療現場の高水準に大いに貢献している。これらの成果を踏まえた本書は、透析医療の今後を担う若き医師や工学系の研究者に必ず役立つと確信するものである。そして更なる研究が透析医療の進歩を促すことを願うものである。

ハイパフォーマンスダイアライザー2008

竹澤 真吾 荒川 昌洋 福田 誠 (編集)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2008/07

時代とともに透析の治療方法やダイアライザーの性能は移り変わります。ダイアライザーの構造やデータを正確に把握することは,透析患者さんに必要なダイアライザー選択に不可欠です。本書はダイアライザーの極力新しい情報を臨床現場で解析したうえで収載しました。
本書を通じてダイアライザーを理解し,透析患者さんが安心して治療に専念できるよう工夫してみてください。透析患者さんは医師をはじめ医療スタッフを頼りにしています。本書を有効的に活用し,よりよい透析医療を目指してください。

アクセス作製の基本

初心者が安全・確実につくるために

大平 整爾 (監)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2010/06

バスキュラーアクセスの治療と管理

未来に向けて

大平 整爾 (監修・編集)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2011/11

腎疾患と血液透析の診療

原病の診断から血液浄化法の技術まで

副島 昭典 四倉 正之 鈴木 祥史 須田 健二 (著)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2011/04

慢性腎臓病患者の血圧管理のためのKDIGO診療ガイドライン

日本腎臓学会 KDIGOガイドライン全訳版作成ワーキングチーム (監訳)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2013/10

糸球体腎炎のためのKDIGO診療ガイドライン

日本腎臓学会 KDIGOガイドライン全訳版作成ワーキングチーム (監訳)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2013/10

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012

ダイジェスト版

社団法人日本腎臓学会・公益社団法人日本医学放射線学会・社団法人日本循環器学会 (編著者)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2013/01

腎生検病理アトラス

日本腎臓学会・腎病理診断標準化委員会 (編集)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2010/09

2005年に発行した「腎生検病理診断標準化への指針」の病理改訂版となります。

小児急性血液浄化療法ハンドブック

伊藤 秀一 (監修)

出版社:東京医学社

印刷版発行年月:2013/07

バスキュラーアクセスの手技&Tips

腎臓内科医と形成外科医のコラボレーション

岡崎 睦 (著者)

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2018/01

新規血液透析導入患者にバスキュラーアクセス(VA)を作製する際は,できるだけ長持ちし,穿刺のしやすい血管を作製したい。そのためには,さまざまな基礎疾患を抱える患者の血管状態に合わせ,適切な場所に,適切な血管を使用したVAをつくる必要がある。
本書は,血管吻合と創傷治癒のプロである形成外科医と,血液透析のプロである腎臓内科医がコラボレーションすることで,個々の患者に合ったVA作製のノウハウを,豊富な写真とイラストでわかりやすく解説している。また,作製した血管に起こりうる,瘤や狭窄・逆流などのトラブルに対してどう対処するかを,ケーススタディとして具体的に紹介。さらに,VA作製後の術後管理と穿刺までも解説している。
明日のVA作製時に試してみたいテクニックが必ずみつかる1冊である。

前のページ 1 2 3 ... 5 次のページ