医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

連合野ハンドブック 完全版

神経科学×神経心理学で理解する大脳機能局在

河村 満 (編)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2021/03

脳の高次機能をつかさどる連合野の研究は、これまで神経科学と臨床神経学の両面から進められてきた。本書は前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野それぞれが担う高次機能を、サルの知見(基礎編)とヒトの知見(症候編)から解説。その土台として重要な神経解剖学についても詳しく解説。脳の解明を目指す基礎科学者にも、高次脳機能障害を診る臨床家にも役立つ、ラボとベッドサイドをつなぐこれまでにない1冊。

臨床栄養全史

栄養療法の面白さがみえる、深まる

大熊 利忠 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2019/02

「経腸栄養の起源は古代エジプト・ギリシャにあり。その方法はまさかの?」「生理食塩水が最初に用いられたのはあの疾患の治療だった?」思わず誰かに話したくなるような、臨床栄養の教養を身につけませんか?

科研費獲得の方法とコツ 改訂第7版

実例とポイントでわかる申請書の書き方と応募戦略

児島 将康 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/08

「応募者の研究遂行能力」の書き方,重複応募制限の緩和などを加筆したベストセラー最新版!令和2年度公募に採択された申請書見本を追加.申請書の書き方を中心に,応募戦略,採択・不採択後などのノウハウを解説.

科研費申請書の赤ペン添削ハンドブック 第2版

児島 将康 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2019/07

「誰か添削して!」「他人の申請書を参考にしたい」という声に応えたベストセラーの姉妹書改訂版!理系文系を問わず,申請書の実例をもとに審査委員の受け取り方と改良の仕方を丁寧に解説.添削に役立つチェックリスト付き!

膨大なデータを徹底整理する

サイトカイン・増殖因子キーワード事典

宮園 浩平 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2015/04

研究の場で即座に使える! 膨大な数の因子・知見が複雑に絡み合う本分野に朗報です.各因子の経緯・機能・疾患との関連など,必要不可欠な情報を徹底して整理しました.

ゼロから始めて一冊でわかる!

みんなのEBMと臨床研究

神田 善伸 (著)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2016/10

新『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針』に対応した、EBM・臨床研究の新しい入門書。長年診療に携わってきた著者が、“臨床医の視点”からEBMの基本を実践的かつやさしく解説。EBMの考え方と臨床研究の基礎的事項から論文発表までをこの一冊でマスターできる。これから臨床研究を学ぶ医師・臨床研究スタッフ必読の一冊!

はじめの一歩の病態・疾患学

病態生理から治療までわかる

林 洋 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/12

臨床現場で必要な知識をこの1冊に凝縮.臓器別の解説により病態を判断する力はもちろん,ケアへつながる視点が身につきます.病態と疾患の関係にすぐアクセスできる病名索引付き.看護学生の教科書におすすめです.

Rをはじめよう生命科学のためのRStudio入門

富永 大介 (翻訳)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2019/03

リンゴ収量やウシ生育状況,カサガイ産卵数...イメージしやすい8つのモデルデータを元に手を動かし,堅実な作業手順を身に着けよう.行儀の悪いデータの整形からsummaryの見方まで,手取り足取り教えます

PT・OTゼロからの物理学

望月 久 (編著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2015/10

理学・作業療法士に必要な物理が無理なく学べる!単位,有効数字などの基本から丁寧に解説,物理を学んでいなくても大丈夫!具体例を用いた解説+例題で着実に理解でき,章末問題には国試問題も掲載.オールカラー

まるわかり!基礎物理 第2版

時政 孝行(監修) 桒子 研 (著)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2021/03

本書は医療従事者を目指す学生のための新しい教養書籍です.高校教科書の作成に携わっている高校教諭と「わかりやすい」と評判の大学教授が共同執筆しています.高校物理から重要な知識を厳選し,楽しいイラストと豊富な例によりやさしく解説.また,物理は医療と無縁に思われがちですが,医療機器や生体の特性を理解するのに重要です.高校履修範囲にイマイチ自信のない方は確認問題を解いて,ぜひマスターして下さい!

まるわかり! 基礎化学

田中 永一郎 (監修)  松岡 雅忠 (著)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2018/02

本書は「わかりやすい」と評判の高校教諭と大学教授が共同執筆した教科書である.高校化学から重要な知識を厳選し,楽しいイラストと豊富な例によりやさしく解説.とくに化学は薬や人体の生理機能と関係が深く,医療系の学生にとって化学の知識は必須である.高校履修範囲にイマイチ自信のない学生にもお勧めの確認問題付き.

BIRTH いのちの始まりを考える講義

発生生物学者ギルバート博士が生殖補助医療と人間を語る

スコット・ギルバート (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/10

発生生物学の教科書で知られるギルバート博士が,不妊治療当事者(かつ研究者)のピント-コレイア博士とともに語る“世界で最も重要な物語”.発生生物学と経験談をもとに,生殖科学と21世紀の家族の姿を考える

ネイティブが教える英語論文・グラント獲得・アウトリーチ 成功の戦略と文章術

Yellowlees Douglas (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/07

英作文のプロと研究のプロが, 心理学と神経科学に基づいた,成功の可能性を高める書き方を伝授.プライミング効果,初頭効果,新近効果,フレーミング効果などを駆使した,読み手の心をつかむメソッドが身につく!

RAW DATA(ロー・データ)

ペルニール・ロース (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/03

フィクションで描く「研究の喜びと不正の本質」.4年の成果がアクセプトされ未来へ向かうクロエ.嫉妬心と焦燥が募るカレン.見つかるデータの齟齬.関わる人も関わらない人も一度は追体験すべきリアル.

医療AIとディープラーニングシリーズ Pythonによる医用画像処理入門

藤田 広志(監修) 上杉 正人 平原 大助 齋藤 静司 (編)

出版社:オーム社

印刷版発行年月:2020/04

医用画像処理・解析のためのPython入門 決定版!

 医用画像の分野では画像診断支援の分野で大きな期待が寄せられ、今後人工知能が組み込まれたAI-PACS(画像保管管理システム)の普及が予想されています。こうした状況の中で最近注目されているプログラム言語であるPythonは初学者にも学びやすく、また画像処理や人工知能のためのパッケージが多く提供されています。これらを上手く使うことで様々なソフトウェア作成することができ、簡単な実験から臨床研究などへ幅広くPythonは適しています。

 本書ではこれからPythonを学ぼうとする初学者からPythonを使いこなして画像処理から人工知能研究、さらにアプリケーション開発者まで、幅広く対応できる内容をまとめています。

医療AIとディープラーニングシリーズ 2020-2021年版 標準 医用画像のためのディープラーニング-入門編-

藤田 広志(監修) 福岡 大輔 (編)

出版社:オーム社

印刷版発行年月:2020/04

医用画像におけるディープラーニング(Deep Learning)をまとめた本格的なシリーズ 最新版

 プログラミングは一切行わず、医用画像に人工知能を導入するための解説書。

 具体的には、Neural Network Console(ソニー)と、DIGITS(NVIDIA)、MATLAB(MathWorks,2020-2021年版から追加)を使って、深層学習と医用画像処理を行う手順とノウハウを詳しく解説しています。

 人工知能には興味があるが、どこから始めたらよいわからず困っている方には、ぜひお勧めします。

医療AIとディープラーニングシリーズ 医用画像ディープラーニング入門

藤田 広志 (監修)

出版社:オーム社

印刷版発行年月:2019/04

医用画像におけるディープラーニング(Deep Learning)をまとめた本格的なシリーズ 医療関係者が人工知能をはじめて本格的に学ぶことができる一冊。 人工知能と医療(主に画像)とのかかわりを詳しく解説。 後半の事例編では、具体的な応用例、研究例を掲載し、医療AIの今がわかる!

ポスドクの流儀

悩みを解きほぐして今日から行動するためのチェックリスト

Liz Elvidge Carol Spencely Emma Williams (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/02

研究からキャリアまで悩めるポスドクを救う実践書。英国の有名研究大学で2400人超のポスドク集団を支えた著者の経験に基づく金言満載!原題:What Every Postdoc Needs to Know

マウス組織アトラス

岩永 敏彦 (他著)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/12

長年組織学の第一線で活躍してきた著者ならではの、簡にして要を得た構成で、マウス正常組織の全体像が理解できる。ノックアウトマウスの形態学的変異を確認するには最適の資料となる。マウス実験に取り組むあらゆる分野の研究者の羅針盤となる一冊。標本作成、抗体選定、染色のすべてを惜しみなく解説した充実の付録は、一見の価値あり。

はじめてでもできてしまう科学英語プレゼン

“5S”を学んで、いざ発表本番へ

Philip Hawke 太田 敏郎 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/11

ネイティブ英語講師が教える理系の英語での伝え方「基礎の基礎」.手順をStory,Slides,Script,Speaking,Stageの5Sプロセスに整理.これに倣えばはじめてでも立派に準備できる!

前のページ 1 2 次のページ