医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

集中治療医学 文献レビュー 2012~2013【電子版】

総括・文献紹介・展望と課題

武居 哲洋 (監修)

横浜市立みなと赤十字病院集中治療部

出版社
学研メディカル秀潤社
電子版ISBN
978-4-05-912755-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
274ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,400 (本体¥5,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7809-0852-7
印刷版発行年月
2012/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

急性期の重症患者を管理する上で基盤となる領域の総括に加え,2010~2011年の“必ず読むべき”論文107を個別に解説し,それらに基づく展望と課題を提示した.
集中治療に携わる多忙な医師に贈る,臨床的ガイドブックとなる一冊.

目次

第1章 SIRSからMODSへ
第2章 敗血症性ショック
第3章 急性呼吸不全の病態
第4章 ARDSの治療
第5章 急性腎傷害と腎代替療法
第6章 ICUにおける神経筋障害
第7章 重症患者の循環輸液管理
第8章 重症患者における輸血
第9章 ICUにおける鎮静
第10章 心肺脳蘇生後の集中治療
第11章 耐性菌と重症感染症
第12章 集中治療という枠組みとインテンシビストの存在
第13章 集中治療医学専門医制度と教育