医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

緩和ケアゴールデンハンドブック 改訂第2版【電子版】

堀 夏樹 (編著)

NTT東日本関東病院部長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28677-5
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
262ページ
 判型
新書
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,456 (本体¥3,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26138-3
印刷版発行年月
2015/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
112 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

“苦痛を訴える患者さんを前に,具体的に何を考え,どうすべきか”をコンパクトにまとめた好評書,最新情報とともにさらにバージョンアップした待望の改訂版.診断,治療,管理方法,具体的処方例,ガイドラインのエッセンスなど現場のノウハウが凝縮されており,症状の病態生理を理解しながら目の前の患者に対応できる.ドクターだけでなく緩和ケアに携わる全てのスタッフにおすすめ.

目次

【内容目次】
I がん疼痛
 1.がん疼痛の基本概念
 2.がん疼痛への姿勢と評価
 3.WHO第1段階~非オピオイドによる鎮痛
 4.WHO第2段階~オピオイド導入
 5.WHO第3段階~オピオイド増量
 6.WHOラダーでは対処困難なとき
 7.オピオイド注射による導入
 8.オピオイドの薬物動態
 9.各オピオイドの特徴
 10.オピオイドスイッチング
 11.オピオイドの副作用概論
 12.オピオイドの副作用~嘔気・嘔吐
 13.オピオイドの副作用~便秘
 14.オピオイドの副作用~眠気
 15.オピオイドの副作用~排尿困難,掻痒・発汗,ミオクローヌス,意識障害
 16.神経障害性疼痛概論
 17.鎮痛補助薬
 18.骨転移痛
 19.脊椎圧迫骨折
 20.骨転移による病的骨折の外科治療
 21.神経ブロック-1
 22.神経ブロック-2
 23.放射線治療~総論
 24.骨転移への放射線治療
 25.疼痛の看護
II ADLの低下
 1.ADLを低下させる病態~悪液質,高カルシウム血症,低ナトリウム血症,SIADHなど
 2.緩和的リハビリテーション~廃用予防,自立度の向上
III 血液に関する病態
 1.貧血
 2.出血性素因
IV 消化管に関する病態
 1.口腔ケア
 2.嚥下障害
 3.吃逆(しゃっくり)
 4.便秘・下痢~消化管機能低下,反射性下痢
 5.嘔気・嘔吐
 6.消化管閉塞
 7.腹水
 8.消化器疾患のインターベンション~消化管ステント
 9.胆道系疾患のインターベンション~胆道系ステント
V 呼吸器に関する病態
 1.呼吸困難総論~呼吸不全,呼吸困難
 2.呼吸不全の治療~酸素療法の基本
 3.咳嗽・喀血
 4.胸水
 5.呼吸器感染症
 6.上大静脈症候群
 7.気道分泌過多~喘鳴
VI 皮膚に関する病態
 1.褥瘡
 2.皮膚病変~皮膚悪臭,皮膚出血,皮膚滲出液
 3.皮膚掻痒
 4.浮腫とリンパ浮腫~鑑別診断と対処
VII 輸液と栄養
 1.輸液
 2.栄養~悪液質と飢餓の鑑別
VIII 泌尿器に関する病態
 1.排尿障害~刺激症状,閉塞症状
 2.閉塞性腎症~上部尿路閉塞,下部尿路閉塞
 3.血尿~上部尿路出血,下部尿路出血
IX 婦人科疾患に関する病態
 1.不正出血・帯下・瘻孔
X 神経疾患による苦痛
 1.脳転移,がん性髄膜炎
 2.脊椎圧迫~転移性脊椎腫瘍による髄外圧迫
 3.凝固系異常~担がん患者の凝固異常-Trousseau症候群
XI 精神疾患
 1.意識障害~混乱,せん妄
 2.うつ・適応障害~気持ちのつらさ
 3.睡眠障害
 4.薬物による神経・精神症状~見逃されやすい病態
 5.不安と心理療法~カウンセリング
 6.医療従事者のケア
XII 自律に関する問題
 1.スピリチュアルな苦痛
 2.予後予測
 3.病状説明~インフォームドコンセント
 4.鎮静~鎮静のガイドライン
XIII 在宅移行のために
 1.在宅への移行・社会資源の活用
 2.医療処置が必要な場合
 3.在宅緩和ケアの実際
XIV ターミナルケア
 1.看取り~終末期への対処
 2.エンゼルケア
 3.死亡診断書
XV 薬剤の知識
 1.抗精神病薬
 2.抗うつ薬
 3.抗不安薬・睡眠薬
 4.抗けいれん薬
 5.緩下薬・止瀉薬
 6.制吐薬
 7.消化管薬
 8.コルチコステロイド
 9.循環器系薬
 10.抗菌薬
 11.薬が飲めないとき~簡易懸濁法
 12.医療用麻薬の管理~麻薬及び向精神薬取締法
■コラム
(1)オンコロジックエマージェンシー
(2)コミュニケーション
索引