医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

マクロライド系薬の新しい使い方【電子版】

実践の秘訣25

門田 淳一 (編)

大分大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28679-9
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
162ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,240 (本体¥3,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25769-0
印刷版発行年月
2015/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

抗菌薬として知られるマクロライド系薬の“抗炎症作用”が再注目され,マクロライド系薬の使い方は新しい時代を迎えている.びまん性汎細気管支炎(DPB)に始まり,COPDからインフルエンザまで他の慢性/急性炎症性疾患に応用の幅が広がっている.本書は具体的な疾患を例に挙げ,“新しい使い方”を基礎・臨床両面の視点から25個の秘訣としてまとめた.各項の冒頭には重要となる「ポイント」を提示するなど薬の応用をわかりやすく解説した実践書.

目次

【内容目次】
I マクロライド系薬のnovel actionを理解しよう
 (1)マクロライド系薬は抗炎症薬である
 (2)炎症細胞とマクロライド系薬
 (3)気道上皮細胞とマクロライド系薬
 (4)細胞内分子機構とマクロライド系薬
 (5)マクロライド系薬が微生物の機能に及ぼす作用
II 慢性気道感染症とマクロライド系薬
 (6)びまん性汎細気管支炎におけるマクロライド系薬のエビデンス
 (7)副鼻腔気管支症候群と気管支拡張症にマクロライド療法は有効か
 (8)マクロライド系薬をどう使う-どれから使用し,いつまで使うか
III 閉塞性肺疾患とマクロライド系薬
 (9)COPDの増悪を予防するマクロライド療法とは-そのエビデンス
 (10)マクロライド療法が期待できる気管支喘息の病態とエビデンス
IV 急性呼吸器感染症とマクロライド系薬
 (11)インフルエンザウイルス感染症におけるマクロライド系薬の併用とそのアジュバント効果の意義-小児領域
 (12)インフルエンザウイルス感染症におけるマクロライド系薬の併用と意義-成人領域
 (13)マクロライド耐性マイコプラズマに対する有効性とその機序
 (14)肺炎の生命予後を改善するマクロライド併用療法のエビデンス
 (15)マクロライド療法は繰り返す肺炎の罹患頻度を減少させるか
V 非結核性抗酸菌症とマクロライド系薬
 (16)肺MAC症の標準治療としてのマクロライド療法の有効性は-治療開始時期と終了時期はどうするのか
 (17)肺MAC症におけるerythromycin単剤療法の可能性
VI その他の呼吸器疾患とマクロライド系薬
 (18)嚢胞性線維症におけるマクロライド系薬のエビデンスと日本における使用状況
 (19)関節リウマチ関連細気管支炎および移植後閉塞性細気管支炎にマクロライド系薬は有効か
 (20)急性呼吸窮迫症候群および間質性肺炎の急性増悪に対してマクロライド系薬は有効か
VII 耳鼻咽喉科疾患とマクロライド系薬
 (21)慢性副鼻腔炎におけるマクロライド系薬のエビデンス-その有効性と限界
 (22)滲出性中耳炎にマクロライド系薬は有効か
VIII マクロライド系薬の最新トピックス
 (23)マクロライド長期療法と耐性菌誘導のリスクは関連するのか
 (24)マクロライド系薬とpolypharmacology
 (25)日本発のマクロライド系薬の新作用と創薬展開