医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

実践3D心エコー図法【電子版】

吉田 清 (編)

心臓病センター榊原病院部長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28515-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
180ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,020 (本体¥6,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26444-5
印刷版発行年月
2012/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
316 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

3D心エコー図法は,従来の2Dでは得られなかった心臓の複雑な立体的構造をより正確に・簡便に把握することができる.本書では,3D心エコー図法の基本から実践的な使い方,さらに疾患ごとの見方に加え,3D心エコー図法が特に有効な症例も紹介,3D心エコー図法を臨床で適切に使用するための必携書.

目次

【内容目次】
第I章 総論
A 3D心エコー図法の基本
  a.3D画像データの記録法
  b.3D画像データからの画像表示法
B 3D心エコー図法の実践的使い方
(1)経胸壁アプローチ
  a.装置について
  b.3D心エコー図法の対象(適応)
  c.3D心エコー図法での記録方法
  d.3D心エコー図法での画像表示と評価のしかた
(2)経食道アプローチ
  a.装置について
  b.3D心エコー図法の対象(適応)
  c.3D心エコー図法での記録方法
  d.3D心エコー図法での画像表示と評価のしかた
C 3D心エコー図法による心機能評価
(1)心腔容量・駆出率評価
  a.左室
  b.左房
  c.右室
(2)心筋重量評価
  a.従来の心筋重量評価法
  b.3D心エコー図法による心筋重量評価法
(3)局所壁運動評価
  a.左室壁運動の定性評価
  b.左室壁運動の定量評価
(4)dyssynchrony評価
  a.3D心エコー図法による局所左室収縮の評価法
  b.左室dyssynchronyの3Dイメージング(電気興奮と収縮伝播の比較)
  c.3D心エコー図法によるdyssynchronyの定量化
  d.今後の課題
D 3D心エコー図法による弁の定量解析
(1)僧帽弁
  a.僧帽弁形状の3D解析の意義
  b.僧帽弁構造
  c.3D心エコー図法による評価
  d.今後の課題
(2)大動脈弁・大動脈
  a.大動脈弁の形態と大動脈弁口面積
  b.大動脈基部
  c.大動脈逆流の定量

第II章 疾患編
A 虚血性心疾患
(1)狭心症
  a.狭心症の診断のための負荷
  b.3D心エコー図法でのモード設定
  c.ドブタミン負荷3D心エコー図法の冠動脈疾患診断能
(2)心筋梗塞
  a.心筋バイアビリティの評価
  b.虚血性僧帽弁逆流の負荷3D心エコー図法による評価
  c.心筋梗塞合併症の評価
B 弁膜症
(1)僧帽弁逆流
  a.僧帽脈弁逸脱
  b.機能性僧帽弁逆流
  c.感染性心内膜炎
  d.乳頭筋断裂
  e.僧帽弁逆流の重症度評価
(2)大動脈弁狭窄
  a.大動脈弁狭窄の評価(バイプレーン法)
  b.3D画像の記録
  c.大動脈弁狭窄の立体的観察
  d.解剖学的狭窄弁口面積の測定
(3)大動脈弁逆流
  a.大動脈弁逸脱例
  b.大動脈弁tethering例
(4)僧帽弁狭窄
  a.狭窄弁の3D評価
  b.解剖学的狭窄弁口面積の測定
  c.石灰化を伴う非対称性の僧帽弁狭窄例
(5)感染性心内膜炎
  【症例1】
  【症例2】
  【症例3】
(6)人工弁
  【症例1】
  【症例2】
C 心筋症
(1)拡張型心筋症
(2)拡張型心筋症以外の心筋症
  【症例1】
  【症例2】
D 成人の先天性心疾患
(1)心房中隔欠損症(ASD)
  a.3D心エコー図記録時の注意点
  b.ASDの形態評価
  c.経カテーテル的ASD閉鎖術の治療ガイド
  d.現在の問題点と今後の展望
(2)ASD以外の先天性心疾患
  a.大動脈二尖弁・四尖弁
  b.Ebstein病
  c.成人例における限界
E 心腔内腫瘤
  a.疣腫
  b.心腔内血栓
  c.心臓腫瘍
  【症例1】
  【症例2】
  【症例3】

索引