医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

別冊整形外科 No.52 高齢者骨折に対する私の治療法【電子版】

岩本 幸英 (編)

九州大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28352-1
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
310ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,480 (本体¥6,000+税8%)

特記事項
この電子版では底本(紙媒体の書籍)に掲載の要旨募集および一部広告ページは収録していません。
印刷版ISBN
978-4-524-27752-0
印刷版発行年月
2007/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

高齢化社会を迎えたわが国では高齢者のQOL低下が今後の大きな社会問題となっており,その一大要因として骨折・転倒があげられる.本特集号では骨粗鬆症による上肢・脊椎・下肢骨折の治療法を柱に,最先端の外科的治療法やオリジナルな治療法,薬物療法や運動療法,また転倒予防を含む骨折の防止策からリハビリテーションの取り組みまで幅広く収載している.

目次

【内容目次】

I.骨粗鬆症に伴う上肢の骨折
1.上腕骨近位端
●高齢者上腕骨近位端骨折に対する最小侵襲プレート骨接合術
●高齢者の上腕骨近位端骨折に対する治療—新しい髄内固定材料を用いて
●上腕骨近位部骨折に対する髄内釘(Polarus Humeral Nail)の手技と適応
●高齢者における上腕骨近位端骨折に対する順行性直線型髄内釘法
●中高齢者の上腕骨近位端骨折に対する髄内釘固定の有用性
●高齢者上腕骨近位端骨折に対するロッキングコンプレッションプレートを用いた最小侵襲プレート骨接合術の治療経験
2.肘関節周囲
●高齢者上腕骨遠位端骨折に対する手術的治療
●上腕骨通顆骨折に対するヘッドレスコンプレッションスクリューによる治療
3.橈骨遠位端
●高齢者の橈骨遠位端骨折に対する手術法の工夫
●高齢者の橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレートによる治療
●高齢者の橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定法
●高齢者の橈骨遠位端骨折に対するロッキングプレート固定の治療成績

II.骨粗鬆症に伴う脊椎圧迫骨折(偽関節も含む)
1.保存的治療
●骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の保存的治療—基本的な考えと問題点
2.手術的治療
●骨粗鬆症性脊椎椎体骨折後偽関節に対する私の手術適応と工夫
●骨粗鬆症椎体骨折偽関節に対する経皮的椎体形成術─手術適応と術後長期成績
●骨粗鬆症性椎体偽関節に対するポリメチルメタクリレートによる経皮的椎体形成術─スクリューの併用と術後体幹ギプスの有用性
●新鮮脊椎圧迫骨折に大田棒で経皮的経椎弓根的整復後リン酸カルシウム骨ペーストを充填した椎体形成術—小児用膀胱バルーン使用の有無による比較
●胸腰椎移行部の骨粗鬆症性脊椎破裂骨折に対する局所麻酔下経皮的ハイドロキシアパタイト充填療法
●骨粗鬆症性椎体骨折後遅発性障害に対する手術的治療—後方インストゥルメントを併用したハイドロキシアパタイトブロックによるkyphoplasty
●骨粗鬆症性椎体偽関節に対する後方進入脊椎短縮骨切り術—超高分子量ポリエチレンケーブルを用いたLuque法

III.骨粗鬆症に伴う下肢の骨折
1.大腿骨頭
●大腿骨頭の軟骨下脆弱性骨折に対する人工骨頭置換術
2.大腿骨頚部・転子部
●大腿骨近位部骨折の予後—手術不能例・早期死亡例の増加
●大腿骨頚部・転子間骨折に対する早期手術の取り組み
●大腿骨近位部骨折患者における入院後感染症の検討
●大腿骨頚部骨折に対する新しい骨接合材料
●高齢者大腿骨近位部骨折に対する遠位固定型セメントレス大腿骨ステムの有用性—いわゆるトラブルケース3例
● Hansson Twin Hook System による大腿骨近位部骨折の治療
●Hansson Twin Hook Systemを用いたcompression hip screw法による高齢者大腿骨頚部骨折の治療経験
●大腿骨転子部骨折に対する髄内釘手術の問題点とその解決
●不安定型の大腿骨転子部骨折に対する整復操作の工夫
●90歳以上の大腿骨転子部骨折に対するProximal Femoral Nail Antirotationの使用経験
●高齢者の大腿骨転子部骨折に対するHanssonピン強斜位固定法
●大腿骨転子部骨折に対するAsian Intramedullary Hip Screw
●高齢者の大腿骨転子部骨折に対するAsian Intramedullary Hip Screw
●大腿骨頚基部骨折に対する最小侵襲手術の工夫
3.大腿骨顆部・顆上
●寝たきり状態の高齢者の大腿骨骨幹部骨折に対するEnder釘を用いた小侵襲手術
●高齢者に生じた大腿骨顆部・顆上骨折の治療成績
●高齢者の大腿骨顆部・顆上骨折の治療成績
●高齢者の大腿骨顆部・顆上骨折に対する逆行性髄内釘固定術─手術上のポイント
●高齢者の大腿骨顆部・顆上骨折に対する逆行性髄内釘の治療成績
●高齢者大腿骨遠位部骨折に対する最小侵襲プレート骨接合術
● 高齢者人工股関節周辺骨折に対するロッキングコンプレッションプレートを用いた最小侵襲プレート骨接合術の治療経験
4.足部
●高齢者の踵骨骨折に対して中空スクリューを用いた治療法

IV.転倒予防プログラム・リハビリテーションおよび装具
1.転倒予防教室
●短期間(6週間)転倒予防教室での運動機能の変化—1年後の転倒と骨折頻度
●エクササイズボールを用いた転倒予防教室
●各種疾患を伴う患者を対象とした病院内での転倒予防
2.転倒・骨折予防の生活指導・生活援助
●高齢者に対する転倒予防策
●パワーリハビリテーションが片麻痺を有する高齢者の運動機能,骨密度,軟部組織組成に及ぼす治療効果
3.ヒッププロテクター
●ヒッププロテクター装着に影響を与える因子の検討
4.寝たきりを防ぐ骨折後のリハビリテーション
●超高齢者における大腿骨近位部骨折術後歩行能力の検討
●大腿骨頚部骨折術後早期リハビリテーションの取り組み—地域連携クリティカルパス導入とその効果

V.骨粗鬆症に対する治療
1.骨折予防の薬物療法
●骨粗鬆症に対する薬物治療—服薬コンプライアンスあるいはアドヒアレンスの検討
●骨粗鬆症・骨折予防のための検査および薬物・運動療法
2.運動療法
●骨粗鬆症に対する皮膚冷刺激低負荷運動