医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

別冊整形外科 No.45 脊柱靱帯骨化症【電子版】

病態解明と治療の最前線

四宮 謙一 (編)

東京医科歯科大学名誉教授・横浜市立みなと赤十字病院院長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28345-3
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
228ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,480 (本体¥6,000+税8%)

特記事項
この電子版では底本(紙媒体の書籍)に掲載の要旨募集および一部広告ページは収録していません。
印刷版ISBN
978-4-524-27745-2
印刷版発行年月
2004/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

長期にわたる治療成績をじっくりと吟味した臨床論文を掲載。重度脊髄症に悩む多くの脊柱靭帯骨化症患者に対して、治療効果の上がる適切な治療戦略・戦術を選択できる。

目次

【内容目次】

巻頭論文
Ⅰ. 疫学と自然経過 1. 疫学
Ⅰ. 疫学と自然経過 2. 他疾患との関連
Ⅰ. 疫学と自然経過 3. 靱帯骨化の自然経過
Ⅰ. 疫学と自然経過 4. 進行に関する因子
Ⅱ. 1. 原因遺伝子解明の最前線
Ⅱ. 2. 遺伝子タイプと靱帯骨化形式との関連
Ⅱ. 3. 遺伝子タイプによる進行予測の可能性
Ⅲ. 診断 1. 画像診断
Ⅲ. 診断 2. 術中モニタリング
Ⅳ. 観血的治療
Ⅴ. 1. 治療成績に影響する因子
Ⅴ. 2. 各治療法における成績に影響する因子