医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

肝臓の外科解剖 第2版【電子版】

門脈segmentationに基づく新たな肝区域の考え方

竜 崇正 (編著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61421-4
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
240ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥12,960 (本体¥12,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01421-2
印刷版発行年月
2011/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
244 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

肝臓の手術に不可欠な区域解剖において、従来のCouinaudの肝区域に替わり、門脈など静脈系に着目した新たな考え方を呈示。2004年の初版以後の、最新の立体画像構築による新知見とともに、「肝門板」の新たな視点を提唱。腹腔鏡下肝切除術式も加えて、手術書としても大幅リニューアル。

目次

I 新しい肝区域概念の提唱
 1 従来の肝区域分類
 2 右肝の肝区域分類の矛盾:実はportal segmentationになっていない
 3 正面からみた門脈像と尾側からみた門脈像
 4 門脈分岐は実は左右対称
 5 新しい肝区域分類の提唱
 6 実は肝臓にはもう1つのfissureが隠れていた:anterior fissure
 7 実は肝静脈も左右対称
 8 第3の扉を開けてみる

II 肝臓解剖の歴史,従来の肝臓の区域分類
 1 Healeyの肝解剖
 2 Couinaudの肝解剖
 3 前区域が縦にsplitできるという従来の解剖研究
 4 右肝における実際のportal ramification

III 発生からみた肝臓の外科解剖
 1 ゴールドハムスターの肝の発生
 2 人間の肝の発生
 3 肝臓の発生からわかる外科解剖の新しい発見

IV 門脈segmentationからみた肝区域の外科解剖
 1 左肝門脈
 2 前区域門脈
 3 後区域門脈
 4 尾状葉の門脈を中心とした脈管支配
 5 肝臓の新しい区域からみたボリューム

V 肝臓の血管
 1 肝静脈の解剖
 2 左肝静脈
 3 中肝静脈
 4 右肝静脈
 5 短肝静脈-特にhanging maneuverの解剖学的検討
 6 下大静脈靭帯
 7 胆嚢静脈
 8 肝動脈-CTAPとCTAによるFusion画像に基づく肝内動脈枝の解剖
 9 尾状葉の動脈
 10 右側肝円索の解剖
 11 肝静脈還流域からみた新しい肝区域分類
 12 肝動脈および肝静脈のクランプによる肝静脈うっ血領域の描出

VI 胆管
 1 左肝管
 2 右肝管合流様式
 3 尾状葉の胆管

VII 肝門板
 1 血管造影からみた肝動脈左右交通枝
 2 castからみたplate system
 3 三次元立体画像からみた肝門板

VIII 立体解剖からみた肝臓の治療
 1 われわれの新解剖からみたCouinaudの解剖のvarietyの解釈
  総論-われわれの解剖とCouinaudの解剖の相違点
  各論-われわれの解剖からみたCouinaudの解剖のvarietyの解釈
 2 切除
 3 腹腔鏡下肝切除術

付録:撮影条件と再構成画像
索引