医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ただいま乳房再建中!【電子版】

乳がん治療のもうひとつの選択肢

川野 すみれ (著)

出版社
学研メディカル秀潤社
電子版ISBN
978-4-05-912751-2
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
120ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,944 (本体¥1,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-05-153021-1
印刷版発行年月
2009/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
2040 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

乳がん患者が,その自覚症状から診断,そして乳房切除,再建術という治療の過程を自らイラストに描きとめた,現在進行中の闘病絵日記.
その治療を担当した医師の解説もあり,いま診断や治療の過程にあるすべての乳がん患者の力強いサポートを提供する.

目次

自覚症状があってから,セカンドオピニオンを受けるまで
・がんの自覚症状と最近の傾向
・自己検診の重要性とその方法
・乳房の診察と超音波検査
・紹介制度と紹介状
・女性特有のがんとその診療体制
・マンモグラフィのしくみと診断的意義
・細胞診と組織診
・マンモトームのしくみと診断的意義
・CT,MRIのしくみと診断的意義
・告知を受けた直後の心理①
・告知を受けた直後の心理②
・告知を受けた直後の心理③
・病状説明の現状

手術が決まってから,退院・自宅療養まで
・セカンドオピニオン希望を医師に伝える
・セカンドオピニオンの実際(診断と治療方針)
・乳房手術とその費用
・同時再建手術に決定!
・乳がん治療のいろいろな選択肢
・がん患者の一般的な心理
・手術前日の入院
・合併症の予防のために
・いよいよ手術当日
・手術前の患者確認
・麻酔導入
・入院生活がスタート
・創部の状態
・うれしい食事
・NST(栄養サポートチーム)
・乳がん治療はチーム医療で
・点滴・排液のチューブ
・ティッシュエキスパンダー
・乳房の形と創の保護
・10日で退院
・手術後13日目
・退院1週間後の診察日
・ホルモン剤の服用
・乳房完成をめざして
・創部の違和感
・退院2週間後の再発診断
・インプラントによる乳房再建
・インプラント以外の再建方法
・胸帯から補正用下着へ
・乳腺手帳で乳がんと向き合う

約10 か月経ち,再建手術を受けて退院するまで
・約10か月後──再建手術前にシリコンの大きさを決める
・入院時に仕上がりの位置を決める(手術準備)
・手術翌日は朝から動き出す
・術後の回復過程──ドレーン
・ドレーン抜去,抜糸して退院
・ありのままの姿を受けとめる
・新しいブラジャーを購入する