医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

冷凍カテーテルアブレーション【電子版】

沖重 薫 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62380-3
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
216ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,560 (本体¥7,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02380-1
印刷版発行年月
2015/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

難治性不整脈の新たな治療戦略として、2014年に待望の保険承認を得た“冷凍カテーテルアブレーション”。本システムの基礎知識、治療の最前線、研究のトピックスを集積する本邦初の成書。薬剤抵抗性の不整脈に対して、これからの循環器医が“冷凍カテーテルアブレーション”を安全に有用に適用するために。次の一歩へ。

目次

第1章 冷凍の物性
 I はじめに
 II 冷凍が心筋組織に与える効果
   a 細胞内への ice crystal 形成
   b 冷凍速度の効果
   c 冷凍エネルギーを組織へ反復して適用する効果
   d 血管,筋組織への急性効果
   e クライオの心臓弁に与える効果
   f 催不整脈性の検討
   g クライオの神経組織への影響
   h クライオの細胞傷害性に関する検討(抗癌剤との比較)
   i クライオ適用による微小循環の変化
 III 冷却による心筋組織への電気生理学的効果
   a はじめに
   b 冷凍アブレーションの機序

第2章 発作性上室頻拍(PSVT)
 I 房室結節リエントリー頻拍(AVNRT)
   a 具体的手技
   b 臨床成績
   c アブレーション成功部位の特異性
   d 小児科領域への適応
   e 合併症
   f 高周波アブレーションとの比較
   g 臨床成績
 II 房室回帰頻拍(AVRT)
   a 右側副伝導路
   b 左側副伝導路
   c 中隔副伝導路
   d 完全房室ブロックのリスク
   e 臨床成績
   f 小児への適応
   g 冠動脈への傷害
   h PSVTにおけるクライオの安全性

第3章 臨床成績の評価と確認
 I はじめに
   a 臨床研究データ
   b 論文検索データ
   c 臨床データ評価の概要
   d 臨床データ分析
 II クライオマッピングに関する論文レビュー
   a 心房頻拍(Atrial tachycardia;AT)
   b 心室頻拍(Ventricular tachycardia;VT)
   c Bundle branch reentrant VTへの適用
 III 臨床的有用性および危険性に関する総括
   a FROSTY PS-006 概要

第4章 心房粗動に対する冷凍カテーテルアブレーション
   a 高周波アブレーションと異なる注意点
   b 高周波アブレーションとの臨床成績比較
   c 心房粗動アブレーションにおけるクライオの特徴
   d クライオの成績
   e 横浜市立みなと赤十字病院における経験

第5章 心房細動に対する冷凍カテーテルアブレーション
   a クライオバルーンカテーテルの biophysics と biomechanics
   b 冷凍バルーンカテーテルの肺静脈隔離効果
   c 具体的手技:アブレーション治療の前提と前処置
   d 臨床成績
   e “Pull-down 操作”解説
   f “cross-talk 現象”
   g 臨床成績
   h 横浜市立みなと赤十字病院方式

索引