医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

白血病・リンパ腫薬物療法ハンドブック【電子版】

松村 到 (編)

近畿大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25578-8
電子版発売日
2016/10/17
ページ数
384ページ
 判型
新書
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,860 (本体¥4,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25875-8
印刷版発行年月
2016/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

白血病・リンパ腫における薬物療法のエッセンスをコンパクトにまとめたハンドブック.各レジメンの使用薬剤の投与スケジュール,必要な検査,主な副作用が一覧できる図を掲載.プロトコールに加えて,注意点や支持療法,困ったときの工夫などについて解説.また,感染症対策や制吐薬等の主な補助療法も網羅.最新の薬物療法について,必要な情報をすぐに確認できる,便利な一冊.

目次

【内容目次】

Ⅰ章 総論
1.急性白血病の発症機構・リスク分類
2.骨髄異形成症候群(MDS)の発症機構・病態・リスク分類
3.慢性骨髄性白血病(CML)の発症機構・病期・リスク分類
4.リンパ腫の病理・分類
5.リンパ腫の病期・予後分類

Ⅱ章 薬物療法の実践
A.白血病/MDS
 1.初発急性骨髄性白血病(non-APL)の寛解導入療法
 2.初発急性骨髄性白血病(non-APL)の寛解後療法(移植適応を含む)
 3.再発・難治性急性骨髄性白血病(non-APL)
 4.高齢者急性骨髄性白血病(non-APL)
 5.初発急性前骨髄球性白血病(APL)
 6.再発急性前骨髄球性白血病(APL)
 7.急性リンパ性白血病(non-Ph)の寛解導入療法
 8.急性リンパ性白血病(non-Ph)の寛解後療法(移植適応を含む)
 9.治療関連白血病
 10.再発・難治性急性リンパ性白血病(non-Ph)
 11.Ph陽性急性リンパ性白血病
 12.小児急性骨髄性白血病
 13.小児急性リンパ性白血病
 14.初発慢性期CML
 15.治療抵抗性慢性期CML
 16.1st line TKIに不耐容の慢性期CML
 17.T315I変異に対する治療
 18.移行期/急性転化期CML(移植適応を含む)
 19.低リスクMDS
 20.高リスクMDS
B.リンパ腫
 21.初発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
 22.再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
 23.初発濾胞性リンパ腫
 24.再発濾胞性リンパ腫
 25.MALTリンパ腫
 26.原発性マクログロブリン血症・リンパ形質細胞性リンパ腫
 27.マントル細胞リンパ腫
 28.Burkittリンパ腫
 29.末梢性T細胞リンパ腫
 30.NK/T細胞リンパ腫
 31.成人T細胞白血病・リンパ腫
 32.Hodgkinリンパ腫
 33.免疫不全に続発するリンパ増殖性疾患
 34.小児リンパ腫

Ⅲ章 白血病・リンパ腫の補助療法
1.G-CSF
2.感染症の予防
3.感染症の治療(発熱性好中球減少症,真菌感染など)
4.赤血球・血小板輸血
5.止血異常(DIC,L-ASP投与時など)
6.制吐薬

付録
白血病・リンパ腫治療に使用する抗がん薬一覧

索引