医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

経尿道的尿管砕石術【電子版】

安全・確実なTULの手術手技

松崎 純一 (著者)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7808-6
電子版発売日
2016/12/12
ページ数
180ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥10,800 (本体¥10,000+税8%)

特記事項
このコンテンツには動画が収録されています。
【ダウンロード型配信】動画は専用ビューア内で再生可能です。コンテンツ容量が大きいためダウンロードに時間がかかりますのでご注意ください。
【アクセス型配信】動画はメジカルビュー社ウェブサイトのストリーミング配信で閲覧してください。
印刷版ISBN
978-4-7583-1262-2
印刷版発行年月
2015/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
1500 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

尿路結石は泌尿器科医が最も多く遭遇する疾患の1つで,泌尿器科医はその治療に精通しなければならない。経尿道的尿管砕石術(TUL)は機器の進歩によりその適応を広げ,施行数は増加の一途を辿っている。今後TULが結石治療の中心となっていくのは確実であるが,麻酔や入院を必要とし,尿管穿孔,尿管断裂などの重大な合併症の可能性もあり,手術の施行には安全・確実な手技の習得が不可欠である。
本書では,TULのエキスパートである著者の多くの経験を通して得られた,安全で確実に結石を除去するためのノウハウとコツを動画(96動画を収載)を交えて解説している。

目次

Ⅰ.TULの適応と治療方針
 尿管結石の治療方針
  上部尿管結石/中部尿管結石/下部尿管結石
 腎結石の治療方針
  10mm未満の腎結石/10mm以上20mm未満の腎結石/20mm以上の腎結石
 サンゴ状結石の治療方針
  患者側の因子/非患者側の因子
  
Ⅱ.TULの機器と使用方法
・使用機器と基本的使用法
 処置用膀胱鏡
 ガイドワイヤー
  ガイドワイヤーの特徴と種類/ガイドワイヤー操作時の注意点
 尿管カテーテル
 尿管アクセスシース(UAS)
  尿管アクセスシースの長所と短所/尿管アクセススシースの種類と選択/尿管アクセスシースのサイズの決定/尿管アクセスシースの挿入法
 破砕機器
  破砕機器の種類/ホルミウムヤグレーザー(Ho-YAG)/リトクラスト
 バスケットカテーテル
  バスケットの特徴/バスケットカテーテルの使用方法/バスケットカテーテルの把持方法
 バスケットカテーテルpushup防止用器具
  バスケットカテーテルpushup防止用機器の使用法
 尿管ステント
  尿管ステントの種類/ステント留置の実際
 周辺機器
  TVビデオシステム/X線透視装置(C-アーム)/ポートシール/灌流用生理食塩水(1〜2L)/灌流用ルート/Yアダプター
・硬性尿管鏡の基本的使用法
 硬性尿管鏡の種類と特徴
  硬性尿管鏡のメリット/硬性尿管鏡のデメリット
 硬性尿管鏡のセッティング
 硬性尿管鏡の操作法
  初心時の操作/尿管口への挿入法/尿管内での操作法/屈曲や狭窄がある場合の操作法/尿管鏡操作の注意点
 硬性尿管鏡による結石の破砕と摘出
  結石の破砕/結石の摘出
 硬性尿管鏡と尿管アクセスシースの併用
  併用の利点/併用の欠点
・軟性尿管鏡の基本的使用法
 軟性尿管鏡の特徴
 軟性尿管鏡の種類
 軟性尿管鏡のセッティング
 軟性尿管鏡の操作法
  姿勢/内視鏡の保持,機器のセッティング/軟性尿管鏡の操作を行う手の動き/軟性尿管鏡の挿入法/尿管内での尿管鏡の操作/腎盂内での尿管鏡の操作
 軟性尿管鏡による結石の破砕と摘出
  軟性尿管鏡下での破砕/レーザーによる破砕/バスケットカテーテルによる摘出/結石摘出後の腎盂の観察
  
Ⅲ.使用機器の配置とスタッフの配置
 使用機器の配置
  透視モニターとビデオモニター/器械台/レーザー本体
 必要な人員
 助手の役割
  灌流液のコントロール/レーザーファイバーやバスケットカテーテルの挿入の補助/内視鏡変更の際のケーブル着脱の補助/尿管ステント挿入の補助
 助手のいないTUL(one person TUL)
 メディカルスタッフの役割
  
Ⅳ.術前評価と術前準備
 結石の評価
  術前評価の方法/結石の大きさの評価/結石の位置の評価/尿路の形態の評価
 結石のリスクファクターの評価
 全身状態の評価
 術前準備
  
Ⅴ.手術の実際
・体位と麻酔
 体位
  体位と合併症の予防/砕石位の位置決め/レビテーターの使用法
 麻酔
・手術手技
下部尿管結石の手術手技
 硬性尿管鏡を用いたTUL
  ポイント/手技
 結石の破砕
  リトクラストⓇによる破砕/レーザーによる破砕
 結石の摘出
  バスケットカーテルによる膀胱内への結石摘出/尿管結石摘出後の観察/膀胱内の結石摘出
 結石摘出後の処置
中部尿管結石の手術手技
 硬性尿管鏡を用いたTUL
  ポイント/手技
 結石の破砕
  リトクラストⓇによる破砕/レーザーによる破砕
 結石の摘出
  バスケットカーテルによる膀胱内への結石摘出/尿管結石摘出後の確認/膀胱内の結石摘出(膀胱内に摘出した場合のみ)
 結石摘出後の処置
上部尿管結石の手術手技
 軟性尿管鏡を用いたf-TUL
  ポイント/手技
 上部尿管結石のpushupについて
  pushupを防止する方法/意図的にpushupする
 レーザーによる結石の破砕
 結石の摘出と摘出後の処置
腎結石の手術手技
 軟性尿管鏡を用いたf-TUL
  ポイント/手技
 結石の摘出と摘出後の処置
  結石の摘出/結石と尿管アクセスシースの距離/残石の確認と結石摘出後の処置
下腎杯結石の手術手技
 軟性尿管鏡を用いたf-TUL
  ポイント/器機の準備/手技
 下腎杯結石処置時のトラブルシューティング
  バスケットが抜けなくなった場合の対処/予防法
複数結石の手術手技
 治療方針
  ポイント/結石の部位,個数と治療方針
 手技
 ストーンストリートの場合の手術手技
  ポイント/ストーンストリートの距離が短い場合(〜2cmまで)/ストーンストリートの距離が長い場合(3cm以上)
ante-URSの手術手技
 軟性尿管鏡を用いたf-TUL(順行性)
  ポイント/適応症例
 手技
・トラブルシューティング
 結石までのアクセスの不良(屈曲,狭窄,嵌頓結石)
  尿管の屈曲のため,結石に尿管鏡が届かない/尿管の狭窄のため,結石に尿管鏡が届かない/嵌頓結石の尾側が浮腫状になって結石に届かない
 内視鏡の視野がよくない
  灌流の注入は良好であるか?/ドレナージが良好か?
 破砕の効率がよくない
  レーザーの設定と結石破砕効率/破砕時にレーザーファイバーがうまく結石に当たらない/呼吸性移動があってうまく破砕できない
 摘出の効率がよくない
  摘出結石のサイズ,尿路アクセスの内径/把持する方向/バスケットカテーテルの選択/内視鏡の出し入れの効率化/どこまで摘出するか?
 合併症
  尿管で結石を把持したらバスケットカテーテルが抜けなくなった/腎盂尿管粘膜を傷つけてしまった(エクストラができた)/尿管ステントが抜けない/尿管ステントが尿管内に挙上してしまった/術後に腎盂腎炎,敗血症となった場合の対処法/術後に腎機能が低下した場合の対処法
  
Ⅵ.術後評価
 結石の評価
  術後評価の方法/結石の大きさと位置の評価/尿路の形態の評価
 結石分析の評価
 再発予防
  
Ⅶ.合併症とその対策
 合併症の種類
 合併症を減少させるために
  
Ⅷ.インフォームドコンセント
 術前のインフォームドコンセント
  診断/治療/TULの手術手技,合併症についての説明/TULの日程の説明/術後の生活について/結石分析の重要性の説明
 術直後のインフォームドコンセント(家族に対して)
 術後(退院前)のインフォームドコンセント(患者に対して)
  
Ⅸ.軟性尿管鏡の応用
 腎性血尿に対する尿管鏡手術
  必要器機/手技
 上部尿路腫瘍
  ポイント/必要器機/手技/注意点