医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

介護予防のためのベストケアリング【電子版】

高齢者が元気にくらしていくために

松田 ひとみ (編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7322-7
電子版発売日
2017/07/03
ページ数
208ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,700 (本体¥2,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-0493-1
印刷版発行年月
2016/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

高齢者自身の持っている力を活用することを目指し,介護予防と健康生活実現のための「セルフケア」に役立てるための健康生活実践書。健康長寿を目指す日本の高齢者において,セルフケアの観点から,「生活リズムの変調に伴う問題と改善するためのアプローチ」「これに関連する自殺率の高さと孤独に注目した人間関係や社会的問題」を取り上げ,これらを支援する方法を「わかりやすく」「取り組みやすく」解説している。

目次

第1部 高齢者の睡眠と生活リズムを整える意味
 1.高齢者の睡眠
 2.免疫力低下からくる呼吸器感染症(肺炎、風邪)
 3.高齢者の生活習慣病と非感染性疾患
 4.高齢者の不整脈
 5.変形性膝関節症と腰椎圧迫骨折
 6.年齢によるもの忘れと認知症

第2部 高齢者の人間関係や交流を阻害する要因と社会的問題
 1.高齢者の心の問題 —孤立、閉じこもり、うつ、自殺
 2.難聴と精神、社会的交流
 3.家族と高齢者とのコミュニケーション、精神的健康
 4.老親等への介護のために離職する家族

第3部 高齢者と介護家族のための最新健康増進法と支援システム
 1.高齢者のこころ・精神機能のアセスメント
 2.会話ケアの効果
 3.遠隔看護技術の活用
 4.バランスのとれた考え方に変え健康を増進する方法
 5.転倒の危険な状態と予防方法
 6.高齢者の健幸華齢(successful aging)に向けた体力づくり
 7.高齢者と家族が活用する社会の支援制度