医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

デジタルマンモグラフィ品質管理マニュアル 第2版【電子版】

NPO法人 日本乳がん検診精度管理中央機構 (編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-63209-6
電子版発売日
2017/12/04
ページ数
152ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,240 (本体¥3,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-03209-4
印刷版発行年月
2017/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

マンモグラフィを管理するすべての放射線技師の方へマンモグラフィを行う施設では、高品質な検査を受診できることを保証しなければならず、そのために機器の日常的・定期的な管理を計画的に実行することが重要になってくる。本書では、受入試験・定期的な管理・日常的な管理の3つが大きな柱となっている。また今回の改訂では、「デジタルマンモグラフィの基礎知識」の項目が新設された。これにより、参考書的な要素が加わった。管理に携わる放射線技師全般に有用。

目次

はじめに

1.デジタルマンモグラフィの基礎知識
 1.1 線量測定
  1.1.1 線量計の校正とトレーサビリティ
  1.1.2 線量測定に関する不確かさ
 1.2 デジタル画像
  1.2.1 データ量
  1.2.2 システムの構成
  1.2.3 デジタルマンモグラフィの入出力特性
 1.3 医療画像の標準化
  1.3.1 DICOM規格
  1.3.2 マンモグラフィ画像に関するDICOM情報
  1.3.3 IHEと医療画像運用のガイドライン
  1.3.4 品質管理におけるDICOMデータの取扱
 1.4 画像解析
  1.4.1 Image J
  1.4.2 計測例
 1.5 モニタ
  1.5.1 構造
  1.5.2 解像度
  1.5.3 輝度・コントラスト比
  1.5.4 諧調特性(GSDF),コントラスト応答
  1.5.5 白色点
  1.5.6 環境照度・輝度比

2.受入試験
 2.1 乳房X線撮影装置
  2.1.1 X線装置の機能確認
  2.1.2 乳房圧迫器
  2.1.3 公称焦点寸法
  2.1.4 X線照射野と受像器面との整合性(胸壁端付近の画像欠損確認を含む)
  2.1.5 管電圧の表示精度
  2.1.6 X線出力
  2.1.7 半価層(HVL)
  2.1.8 AEC作動時の再現性,受像器の一様性
  2.1.9 AEC作動時の平均乳腺線量(AGD)
  2.1.10 AEC作動時のCNR
  2.1.11 アーチファクトの確認
  2.1.12 画像歪み
  2.1.13 加算的ラグ効果
  2.1.14 乗算的ラグ効果
  2.1.15 ダイナミックレンジ
  2.1.16 CRシステムのシステム感度
  2.1.17 空間分解能
 2.2 画像表示システム
  2.2.1 全体評価試験
  2.2.2 グレースケール試験
  2.2.3 アーチファクト試験
  2.2.4 輝度均一性試験(測定評価)
  2.2.5 コントラスト応答試験
  2.2.6 最大輝度および輝度比試験
 2.3 イメージャ
  2.3.1 自動濃度補正の確認
  2.3.2 外部濃度計による階調の確認
  2.3.3 画像出力性能

3.定期的な管理
 3.1 X線装置
 3.2 画像表示システム
  3.2.1 輝度均一性試験(目視評価)
  3.2.2 最大輝度および輝度比試験
  3.2.3 照度試験(参考)
 3.3 イメージャ
  3.3.1 自動濃度補正の確認
  3.3.2 外部濃度計による階調の確認
  3.3.3 画像出力性能

4.日常的な管理
 4.1 X線装置の機能確認と清掃
 4.2 画像表示システムの確認と清掃
  4.2.1 画面の清掃
  4.2.2 周囲光
 4.3 イメージャの確認と清掃
  4.3.1 自動濃度補正の確認
  4.3.2 清掃
 4.4 システムの作動確認

付録
 1.用語の解説
 2.主な測定器の仕様などについて
 3.線形性
 4.低コントラスト分解能の試験方法
 5.ファントムの評価方法
 6.コントラスト応答
 7.品質管理の基準値および管理幅の設定など
 8.DMQCファントムを使った試験手順
 9.施設画像評価に関して
 10.ポジショニングの重要性
 11.品質管理と記録簿
 12.受入試験記録用紙
 13.日常管理記録用紙

参考文献
索引