医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

早期リハビリテーションの実践【電子版】

予後改善のためのアプローチ

西田 修 (監修)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/06/11
ページ数
312ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,832 (本体¥5,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1901-0
印刷版発行年月
2018/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
100 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

早期リハビリテーションは集中治療室や手術後すぐに開始されるリハビリテーションとして知られている。ただし,実際には重症度の高い患者に対する手技として,難易度が高いイメージがある。
本書は,早期リハビリテーションについて実践で必要となる知識,技術をわかりやすい図表を盛り込んで解説した実践書である。集中治療室における鎮痛・鎮静やADL,人工呼吸器モニタリングから,昨今課題となっている集中治療後症候群(PICS)の病態と対応まで,実践で必要となる情報を詳述。また,初学者にも臨床の現場がイメージしやすいように,症例をできるだけ多く紹介し,どのようなリハビリテーションを行ったか流れを理解できるような構成となっている。
早期リハビリテーションにこれから携わる方,臨床のバリエーションをもっと充実させたい方に必読の1冊。

目次

Ⅰ 早期リハビリテーション概論  高橋哲也
 Ⅰ 早期リハビリテーションの歴史的発展
 Ⅱ 早期リハビリテーションのエキスパートコンセンサスの臨床応用について
 Ⅲ おわりに

Ⅱ 早期リハビリテーションの進め方  飯田有輝
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 早期リハビリテーションの禁忌,開始基準・中止基準について
 Ⅲ 早期リハビリテーションの実際
 Ⅳ おわりに

Ⅲ 早期リハビリテーションのアウトカム  森沢知之 松木良介
 Ⅰ 早期リハビリテーションの評価指標
 Ⅱ 意識レベル・鎮静深度・せん妄・認知機能
 Ⅲ 身体機能:筋力・関節可動域
 Ⅳ ADL・QOL
 Ⅴ ICU 経過・予後
 Ⅵ おわりに

Ⅳ PICS の概念と対策
 1 PICS とは  福家良太
  Ⅰ 集中治療後症候群(PICS)の概要
  Ⅱ PICS の疫学
  Ⅲ PICS の原因とリスク因子
  Ⅳ おわりに
 2 ICU-acquired weakness  飯田有輝
  Ⅰ ICU-AW の概念
  Ⅱ ICU-AW の疫学と臨床的特徴
  Ⅲ ICU-AW のリスク因子
  Ⅳ ICU-AW に対するアプローチ
  Ⅴ ICU-AW に対する早期リハビリテーション介入の実際
 3 ICU 入室患者における重症疾患後の認知機能障害  児島範明 松木良介 端野琢哉
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 重症疾患後の認知機能障害(CIACI)
  Ⅲ CIACI に対する予防・改善策
  Ⅳ 症例提示
  Ⅴ おわりに
 4 メンタルヘルス  普天間 誠
  Ⅰ PICS におけるメンタルヘルス障害
  Ⅱ メンタルヘルス障害について
  Ⅲ メンタルヘルス障害の疫学
  Ⅳ メンタルヘルス障害の原因
  Ⅴ 対策と実践
  Ⅵ 症例の紹介と解説
  Ⅶ おわりに

Ⅴ 鎮痛・鎮静・せん妄管理  布宮 伸
 Ⅰ 「鎮痛・鎮静・せん妄管理」の概念
 Ⅱ 重症患者管理におけるせん妄対策の重要性
 Ⅲ 鎮痛・鎮静管理の役割
 Ⅳ せん妄対策と実践
 Ⅴ おわりに

Ⅵ 呼吸理学療法  神津 玲 福島卓矢
 Ⅰ 呼吸理学療法の意義と役割
 Ⅱ 適応となる呼吸障害
 Ⅲ 適用のための評価とその考え方
 Ⅳ 呼吸理学療法の手段
 Ⅴ 呼吸理学療法の実際:症例提示

Ⅶ 早期リハビリテーションと栄養管理  東別府直紀 常峰かな
 Ⅰ ICU における栄養障害のポイント
 Ⅱ 摂食嚥下障害

Ⅷ 集中治療室における日常生活動作の構築  濱本実也
 Ⅰ ADL とADL 障害
 Ⅱ ADL 構築に向けての介入
 Ⅲ おわりに

Ⅸ 神経筋電気刺激療法  濱崎伸明 神谷健太郎
 Ⅰ 神経筋電気刺激療法
 Ⅱ 神経筋障害の原因と病態
 Ⅲ ICU におけるNMES の役割
 Ⅳ ICU におけるNMES の注意点と開始基準および中止基準
 Ⅴ 対策と実践,効果(症例を通して)

Ⅹ 早期モビライゼーションにおける人工呼吸管理  小山昌利
 Ⅰ 概念
 Ⅱ 人工呼吸器の原理・グラフィックモニタの見方
 Ⅲ 人工呼吸器の注意点,モニタ・設定上の注意点
 Ⅳ 症例提示

Ⅺ Awake ECMO  河合佑亮 中村智之 西田 修
 Ⅰ Awake ECMO の概念
 Ⅱ ECMO の原理と管理方法
 Ⅲ ECMO 装着下の注意点
 Ⅳ Awake ECMO の実践

Ⅻ 各論
 1 ARDS に対する早期リハビリテーション  笹沼直樹
  Ⅰ ARDS とは
  Ⅱ ARDS に対するリハビリテーション
  Ⅲ 特殊な人工呼吸モード下におけるリハビリテーション
 2 人工呼吸器離脱困難に対する早期リハビリテーション  松嶋真哉 横山仁志
  Ⅰ 概念
  Ⅱ 原因と病態
  Ⅲ 実践のポイント
  Ⅳ 症例提示
 3 重症心不全に対する早期リハビリテーション  安達裕一 齊藤正和
  Ⅰ 概念
  Ⅱ 原因と病態
  Ⅲ 実践のポイント
  Ⅳ 症例提示
  Ⅴ おわりに
 4 多発外傷に対する早期リハビリテーション  山下康次
  Ⅰ 概念
  Ⅱ 原因と病態
  Ⅲ 実践のポイント
  Ⅳ 症例提示
 5 重症脳損傷に対する早期リハビリテーション  渡辺伸一
  Ⅰ 概念
  Ⅱ 原因と病態
  Ⅲ 実践のポイント
  Ⅳ 症例提示
  Ⅴ おわりに
 6 重症熱傷に対する早期リハビリテーション  木村雅彦
  Ⅰ 概念
  Ⅱ 病態
  Ⅲ 実践のポイント
  Ⅳ 症例提示