医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

実践&入門 診療情報管理パーフェクトガイド 改訂新版【電子版】

資格取得からICDコーディング,統計,DPCデータ活用まで

須貝 和則 (著)

国立国際医療研究センター医事管理課課長/診療情報管理士指導者

出版社
医学通信社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/03/25
ページ数
184ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-87058-709-0
印刷版発行年月
2019/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
100 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

★DPC/PDPS,がん登録,ICTの進歩,ビッグデータ活用など,最新の法制度やシステムに応じて全面的に見直した2019年新版!! 2018年6月に公表されたICD-11についても,最新の知見に基づいて明快に解説しています。

★最新の診療情報管理の基礎知識から,その資格取得の方法と対策,症例別ICDコーディング,統計・がん登録・DPCデータ分析,クリニカルパス作成のノウハウまでを事例解説!!

★診療情報管理士を目指す初級者から,実際に病院で働く中・上級者まで,その必須知識をすべてカバー。診療情報管理に必要な全知識・全スキルを1冊に凝縮した実践&入門書の決定版!!

目次

序文

第1章 診療情報管理とは何か
1.診療情報管理の基本要件
2.診療情報のとらえ方
3.診療情報の価値
4.診療情報管理の意義
5.診療情報管理の歴史
6.最近の診療情報の活用の方向性

第2章 診療情報管理士の資格のためには
1.診療情報管理士の資格認定と学校教育
2.診療情報管理士の資格取得に向けた学習
3.新カリキュラムの変更と対応
4.診療情報管理士の認定試験
5.診療情報管理士の認定者数
6.認定資格取得後の心構え

第3章 診療情報管理と関連法規
1.記載に関する法的要件
2.保存に関する法的要件

第4章 診療報酬制度と診療情報管理
1.診療報酬制度とは
2.保険診療の基本となる診療記録
3.指導・監査の実際と必要な診療記録

第5章 診療情報管理体制
1.診療情報管理組織と保管体制
2.診療情報管理関連機器
3.診療情報管理と規定
4.診療情報管理と病院機能評価
5.診療情報管理業務と運営

第6章 診療記録の様式と記載
1.診療記録の様式
2.診療記録の記載方法
3.医療専門職の諸記録
4.入退院に伴う記録

第7章 電子カルテと診療録
1.日本の電子カルテの歩み
2.電子カルテの定義
3.診療録の電子化に関する3原則
4.電子カルテに伴う医療機関の責任
5.電子カルテと病院情報システム

第8章 ICDコーディング
1.ICDコーディングの概念
2.コーディングルール

第9章 がん登録の基本と診療情報管理
1.がん登録とその種類
2.がん登録の法制化
3.がん登録推進法における届出基本事項
4.全国がん登録の仕組み
5.院内がん登録

第10章 統計とデータの活用
1.医療統計の基本
2.記述統計学
3.推測統計学
4.統計的仮説検定
5.病院統計と診療情報管理
6.病院統計の基本的見方
7.医事統計の活用;医療機能情報提供制度
8.主要統計指標

第11章 DPCと診療情報管理
1.DPCとは何か
2.診断群分類の構造と決定方法
3.DPCの対象病院と患者
4.DPC/PDPSの算定・請求
5.DPCの管理

第12章 クリニカルパスと診療記録
1.クリニカルパスとは何か
2.クリニカルパスの形式と時間軸
3.クリニカルパスは診療記録といえるか
4.クリニカルパスの作り方
5.クリニカルパスの運用管理
6.クリニカルパスと診療情報管理士

参考資料
1.保険の監査
2.医師の監査
索引