医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

小児・AYA世代の腫瘍に対する陽子線治療診療ガイドライン 2019年版【電子版】

日本放射線腫瘍学会 日本小児血液・がん学会 (編)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-87111-2
電子版発売日
2019/04/29
ページ数
92ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-307-07111-6
印刷版発行年月
2019/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

2016年より、陽子線治療が小児がんに対して保険収載されました。陽子線治療は、小児とAYA世代(10代後半から30代)への有害事象を低減させることが期待されています。前半では総論として小児・AYA世代のがんと陽子線治療の一般的事項について記載し、線量分布、二次がん、費用対効果についてのシステマティックレビューを掲載。後半では、脳腫瘍を含む小児の代表的固形がんを取り上げました。

目次

『小児・AYA 世代の腫瘍に対する陽子線治療診療ガイドライン』発刊に寄せて

『小児・AYA 世代の腫瘍に対する陽子線治療診療ガイドライン』発刊にあたって

Clinical questions・推奨一覧

ガイドラインの基本的事項

総論I
小児・AYA(Adolescent and young adult)世代のがんと陽子線治療

総論II
陽子線治療を用いた小児がん治療におけるシステマティックレビュー(SR)
SR-1:陽子線治療の線量分布に対する医学物理学的研究のシステマティックレビュー
SR-1.1:全脳全脊髄照射(craniospinal irradiation:CSI)
SR-1.2:頭蓋内局所照射
SR-1.3:頭頸部、体幹部照射
SR-2:陽子線治療による二次がん発症に関するシステマティックレビュー
SR-3:陽子線治療の費用対効果に関するシステマティックレビュー

各論
CQ1 髄芽腫に対する術後放射線治療として陽子線治療は推奨されるか?
CQ2 上衣腫に対する術後放射線治療として陽子線治療は推奨されるか?
CQ3 切除不能および術後に遺残した頭蓋咽頭腫に対して陽子線治療は推奨されるか?
CQ4 頭蓋内胚細胞腫瘍に対する全脳室照射、全脳全脊髄照射において陽子線治療は推奨されるか?
CQ5 横紋筋肉腫に対して陽子線治療は推奨されるか?
CQ6 神経芽腫の原発巣に対する放射線治療として陽子線治療は推奨されるか?
CQ7 切除不能または不完全切除された小児骨肉腫に対して陽子線治療は推奨されるか?
CQ8 ユーイング肉腫ファミリー腫瘍(Ewing sarcoma family of tumors:ESFT)に対して陽子線治療は推奨されるか?
CQ9 切除不能または不完全切除された脊索腫、軟骨肉腫に対して陽子線治療は推奨されるか?

略語集